お金のコラム

新卒社員が会社を3か月以内に辞めてしまう理由と続けるための心構え

Pocket

新入社員の人が会社を退職したいと考えて

悩むのが退職理由です。

 

会社を辞める時には必ず必要となってきて、

新卒で入って務めた期間が短いし、本音を言うわけにも

いかないし、多くの方が退職理由に悩まされているでしょう。

 

昔の人なら「会社には少なくとも3年はとどまった方が良い」

という事が一般的に言われています。

 

その理由としては、

 

・社会人としてのマナーを身に着けることが出来る

・基本的な仕事を覚えることが出来る

・ビジネス上のトレーニングや経験を積むことが出来る

 

と言われているからです。

 

そんなことを言っても自分に合っていなかったり、

人間関係が辛いは沢山あると思います。

 

会社を辞めたいと思っているけれども、

退職理由や本音を打ち明けられずにズルズルと

続けていくのは精神衛生上でもよくないですし、

転職の機会を逃す可能性もあります。

 

そんな方のために今回は新卒社員の方向けの

退職理由、そして仕事を辞めない方が良い理由を紹介していきます。

 

「会社を辞めたいけれどもやめることが出来ない方」、

「会社を辞めた方が良いのか続けた方が良いのか迷われている方」は

参考にしてみてください。

 

会社を辞める理由は2種類のパターンがあります。

 

本音で会社を辞める理由と、

建前上の理由で会社を辞める理由です。

 

まずは建前で会社を辞めていく理由を

紹介します。

 

建前で会社を辞めていく理由とは

 

 

大人の本音と建て前というのがありますが、

会社を辞める理由としてお勧めなのが建前で会社を辞めていく

方法です。

 

円満に会社を退職することが出来ますし、

上司や会社と揉めることなく円滑に退職を勧めることが出来ます。

 

また同僚や部下に仕事を引継ぎをするときも、

悪い関係になることなく円滑にスムーズに仕事の引継ぎを

することが出来ます。

 

また会社を辞めてしまっても仲の良かった人とは、

連絡を取り合うことが出来て人脈ネットワークを壊すことなく、

今後の人生の宝物になります。

 

それでは早速見ていきましょう。

 

キャリアアップのための退職

 

一番多い退職理由としては、

キャリアアップするためという退職理由です。

 

さらに自分の成長を求めて転職を希望し、

理想のライフスタイル、野望や夢を実現したい。

 

という理由が前向きでポジティブです。

 

また自分の夢や目標を熱く語ることが出来れば、

逆にその夢や目標を応援してくれる可能性だってあります。

 

「キャリアアップ」という理由は、

上司も引きとめにくく、次のステップのために、

会社を辞めるという前向きの選択というアピールもすることが

できるからです。

 

結婚や家族

 

 

2つ目の建前上で会社を辞める理由は、

結婚や家族の面倒を見なければいけないからという理由です。

 

これも家族や大切な人、今後の自分の人生に関係している事なので、

中々上司も断りにくい退職理由となります。

 

例えば本音の理由が、

「拘束時間が長すぎる」というのであっても、

建前上では「家族との時間をもっと大切にしたい」と

捉えることもできます。

 

勤務地、勤務時間

 

 

例えば自分の働く場所が家から遠かったり、

通勤に時間がかかってしまい生産性が悪くなる人も

沢山います。

 

なので今の場所では生産性も悪くなってしまい、

体調も良くないので通勤時間がもっと短い場所で仕事したい。

と上司に伝えれば上司も止めにくいですよね。

 

この

 

・キャリアアップ

・家族

・勤務地、勤務時間

 

の3つが建前上で会社を辞める理由と

なってきます。

 

では実際に会社をやめたい本音は

何なのでしょうか?

 

会社を辞めたい本音の理由

 

 

ツイッターや様々な掲示板で

サラリーマンとして働いている色々な方が、

投稿をしているのを見ながら個人的に

集計をしてみました。

 

「拘束時間が長い」

 

 

1つ目の理由は拘束時間が長いことです。

 

ネットの書き込みの中でもダントツで

会社を辞めたい理由として「拘束時間」のことが

書かれていました。

 

例え給料が良くても拘束時間が長いことによって、

不満を抱えて辞めてしまう人も沢山います。

 

例えば最初は会社や仕事にやる気を出していても、

何年、何十年も会社と自宅の往復の毎日で家が

寝るだけの環境という習慣になっていくと

段々とストレスも絶って「会社辞めようかな。」という

考えが頭をよぎってしまいます。

 

拘束時間が長くて会社を辞める事例

 

・残業100時間超えが当たり前でサービス残業が毎日ある

・年間の休日が90日しかなくて有休もない

・会社と自宅の往復の繰り返しでストレスがたまる

 

 

人間関係

 

 

「人間関係」という理由で会社を辞める人も

たくさんおり、会社に入って最初はやる気があっても

人間関係が徐々に崩れてきて「上司と合わない」、

「同僚の口が悪い」、「顧客が理不尽の話ばかりをしてくる」など

沢山の人間関係の問題があります。

 

人間関係がうまくいかないと

24時間四六時中そっちの事を考えているので、

精神的にも辛くなってきます。

 

人間関係で会社を辞める事例

 

・体育会系過ぎて辛い

・毎日のように飲み会があり、プライベートが優先できない

・上司の考えが理解できない

 

 

なんとなく合わなくて辞めてしまう

 

 

新入社員で多いのが

「なんとなく会社が合わずに辞めてしまう」という

理由です。

 

「上司と合わない」、「仕事内容が合わない」、

「勤務時間が合わない」などはまだ理由がはっきりとしていますが、

「なんとなく自分がやりたかったことと違う」と漠然としていると、

問題解決をすることが出来ません。

 

何となくで会社を辞める事例

 

・新卒で入って1年だけど自分には合わない

・人間関係も仕事内容も不満ないけど何となく違う

・もっと自分があった仕事があるのではないか

 

という理由から会社を辞めてしまうのが

色々な書き込みを見てみても結構沢山いることが

わかりました。

 

様々な理由がありますが、

やっぱり若いうちから会社をすぐに辞めてしまうのは、

もっと自分の可能性にあった会社があるのではないか。

 

と思って3ヶ月、1年、3年以内に会社を辞めてしまう人が

多いのではないのでしょうか。

 

仕事を辞めたいけれどもまだ会社を辞めない方がいい理由

 

 

ですが

「仕事を辞めてもっと自分のスキルアップをしたい。」、

「自分にあった会社を探したい。」と思っていても、

会社を辞めずに続けた方がメリットも沢山あります。

 

今度は会社を辞めたいけれども

本当は会社を辞めない方が良い理由を紹介していきます。

 

最初は仕事が分からなくて当たり前

 

 

辞めたいけれども会社を続けた方が良い理由として、

「最初は仕事が分からなくて当たり前」だからです。

 

最初は仕事が分からなくて「向いていない。」、

「つまらない」と感じているかもしれません。

 

ですが最初は仕事が出来なくて当たり前です。

 

そして今の先輩方は、

「仕事が出来ない」自分の時期を乗り越えて

成長してきた人たちです。

 

新しく会社に入ったばかりの頃は、

「今目の前にある仕事の処理をする」という

ケースがほとんどだと思います。

 

「目の前にある仕事を処理する」という事は、

見方を変えれば「仕事の基盤を固める」という事です。

 

筋力トレーニングと一緒で、

毎日毎日トレーニングを積み重ねて

筋肉はついてきて3か月前の自分、半年前の自分、

1年前の自分と見違えた姿になれるのです。

 

仕事も一緒で3ヶ月、半年、1年とやる気を出して続けていくと、

確実に1年前の自分とは別人になることが出来ます。

 

上司から毎回注意されてしまうのであれば、

注意されることのないように仕事の仕方を工夫したり、

上司から指示された仕事を確実に処理していくことで、

上司や先輩から信頼されやすくなります。

 

1つ1つ信頼を積み重ねていくことによって、

上司や先輩から信頼されるようになります。

 

仕事が確実にできるようになったら、

上司の仕事ぶりを観察してさらに効率的に仕事をする方法、

どのようにして考えてどういった選択を取っているのかなど、

観察して自分のモノにしていきましょう。

 

 

叱られるほど仕事が身につく

 

 

仕事を進めていると、失敗することも沢山あります。

 

特に新入社員の時期は、

仕事の事がよくわからないために失敗が

多くなりがちになります。

 

失敗すると当然のことながら

上司に叱られ、叱られるのは精神的な

ストレスと感じてしまうかもしれません。

 

ですが見方を変えて、叱られるという事は、

自分が成長していると思うことです。

 

叱られたということは、

1つ失敗を覚えたという事です。

 

失敗した原因は直接上司があなたに

教えてくれる場合もありますし、自分自身で

失敗の原因を考えることもできるようになります。

 

同じ失敗を何回もしないようにするだけなのです。

 

確かに叱られるのはストレスがたまり、

嫌な気分になりますが反省して仕事の仕方を改善するように

努力すればあなたは2倍、3倍と成長することが出来るのです。

 

 

まだ「認められる喜び」、「仕事の充実感」を体験していない

 

 

新入社員の時は、中々仕事が進まずに

時には大きな失敗をしてしまうこともあるでしょう。

 

失敗したり、仕事がうまく進まなかった仕事が、

いつか順調に進むようになります。

 

そんな時に上司から「褒められる」、「認められる」と、

とても嬉しいですし、達成感もあります。

 

なのでまだ何も達成していない人は、

真剣に仕事に取り組んで「仕事で認められる喜び」を

味わってみましょう。

 

仕事をしているといつしか楽しさを超えて、

達成感を味わうことが出来るようになります。

 

朝、仕事を始めた時やいきなり上司から、

1日では終わらないような膨大な仕事を振られた時に、

困った気持ちになってしまいますがしっかりとした計画、

段取りを考えてそれを乗り越えた時には

達成感を得ることが出来ます。

 

この達成感や充実感は大きな仕事、

困難な仕事を任せられるほど大きなものとなってきます。

 

実際に辞めたい人は沢山いるけれど
辞めなくて良かったという意見が多い理由

 

最初は会社にやる気があったけれども、

いつしか人間関係、勤務時間、やりがいなどで

嫌な会社を早く辞めてしまいたいと考えています。

 

ですが実際にそれでも続けた人からは、

「辞めなくてよかった。」、「続けて良かった。」という声が、

意外と多いのも事実です。

 

辞めなくてよかったと思う理由としては、

周りで辞めた人が仕事を探すのに非常に苦労してきたのを

見てきたというのが理由です。

 

実際に今の時代は、

求人倍率は増えているのですが、

非正規雇用がメインで正社員の仕事はさほど

増えているわけではないのです。

 

辞めた後の職探しは大変なことで、

会社を勤めしていれば少なくとも毎月

安定した収入があります。

 

 

そのうえボーナスをもらうことが出来ます。

 

 

安定した収入があれば、安心感が得られ、

精神的にも余裕が出てきます。

 

辞めずに本業で稼ぎながら副収入を作る

 

 

一番良いのは今の職場でそのまま仕事をしながら、

副収入を得るために行動していきましょう。

 

毎月5万円の副収入を稼げるようになったとしたら、

1年間で60万円、毎月10万円の副収入を手に入れば、

1年間で120万円の副収入を手に入れることが出来ます。

 

会社で長い間働くことで、

仕事のスキルやマナーなどを得られ、

さらに副収入の所でも経験をつめて大きく

人間としても経済的にも成長し余裕が出てきます。

 

いずれにしてもこれからの社会人人生はまだまだ長く、

あなたが充実した毎日を送るためには自分のやりたい事をやるのが

一番良いのです。

関連記事

  1. 仮想通貨今後の将来性を考えた208年注目の副業のおすすめは

  2. 仕事に行きたくない新入社員の理由5選と5つの対策

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。