お金のコラム

サラリーマンの趣味にかける金額と自由な時間を増やす方法

Pocket

「社会人は時間がない」なんて言葉をよく耳にします。

 

学生時代であればあるほど余っていた時間も、

会社で働き始めると、忙しくて好きなことに

時間がかけられないという人も多いようです。

 

「仕事のせいで趣味にかける時間やお金がない。」と

嘆いている人は多いですが本当にそうなのでしょうか?

 

大事な趣味の時間が無くなってしまうと、

ストレスがたまる一方になります。

 

今回は社会人が趣味に使っているお金や

趣味の使いみち、そして趣味に使うお金や時間を

増やす方法について紹介していきますのでぜひ

参考にしてみてください。

 

社会人は仕事の1/3以上は”仕事に時間を費やしている

 

 

 

基本的な社会人の方のスケジュールとしては、

9時~17時まで仕事をしてその後に残業やなんだかんだあり、

20時に会社を出るという形なのではないのでしょうか。

 

平日の忙しい時に使える時間は、

自由に使える時間はとても少なくて深夜の11時~3時くらいまで

だと思います。

 

翌日の仕事の事を考えるとしっかりと睡眠をとり、

生産性を上げなければいけないので2~3時間ほどしか

趣味に使える時間はないと言えます。

 

とにかく本当に社会人は使える時間が限られており、

週5日で毎日8時間以上の仕事を繰り返しています。

 

さらに朝の準備時間、通勤時間、帰宅後、翌日の仕事確認などを

合わせると最低でも10時間は仕事に時間を

取られていることになります。

 

では実際に自分の趣味に使っているお金は

いくらくらいなのでしょうか?

 

月々の自分の趣味に使っているお金はいくら

 

 

 

実際にサラリーマンの方が趣味に使っている

金額を調べてみました。

 

すると驚きの結果が・・・

 

趣味に使っている1ヶ月の金額

 

・10000円未満(27.6%)

・10000円以上20000円未満(24.3%)

・20000円以上30000円未満(11.4%)

・30000円以上50000円未満(10.3%)

・50000円以上100000円未満(2.8%)

・100000円以上(4.6%)

・その他(19%)

 

という結果になりました。

 

僅差ではありますが、

10000円未満が最も多い結果となったのです。

 

中には月に100000円以上も

費やしている方もいます。

 

10000円未満の人が多かった理由

 

・趣味がなくて暇すぎる

・趣味がないというよりも趣味に費やす時間がない

・趣味がないので暇つぶしにゲームアプリをしている

・趣味にかけるお金がもったいない

 

など基本的には会社が忙しくて、

中々趣味にかけるお金や時間がないのが

理由という方がたくさんいました。

 

ではサラリーマンの方が

実際に費やしている趣味とは何なのでしょうか?

 

 

月々の趣味のお金の使い道とは

 

 

実際にネットの情報をかき集めて、

サラリーマンの方が趣味やお金の使い道を

調べてみました。

 

すると

 

サラリーマンの趣味

 

・ギャンブル

・映画

・車・バイク

・旅行

・投資

・読書

・その他

 

などがありました。

 

1つずつ分かりやすく説明していきます。

 

ギャンブル

 

 

サラリーマンの多くの方は仕事のストレスを

発散するためにパチンコや競馬などのギャンブルに

お金をかけているようです。

 

ネット上でも、

 

・「3万円をパチスロにかけます」

・「3万円を競馬に1万円をパチスロにかけています」

 

など目立った回答がみられました。

 

やはり何となく行ってしまうのは、

スロットやパチンコなどは刺激できる娯楽だからなのでしょう。

 

ですがあまりにも使いすぎて、

負けが続き、お金が無くなってしまうのはご用心です。

 

映画

 

 

次に多かったのが1人やカップル、友人と

映画館で映画を見るのが趣味という方です。

 

映画鑑賞というのは趣味の中でもとても

人気のある趣味ですし、そこまでお金をかけることがありません。

 

疲れた身体や気分転換にも

自宅や映画館で映画を鑑賞するのはおすすめです。

 

しかも映画館に行って映画を鑑賞したとしても、

 

    • 映画館代:1800円
    • DVDレンタル:200円×5本
    • Huluなど:(月々1000円)

 

と月々5000円以内で収まります。

 

映画鑑賞というのは比較的お金のかからない

趣味だと言えるのでおすすめですね。

 

車・バイク

 

 

次に多かったのが車やバイクに

お金をかけている人たちです。

 

車やバイクを愛している人の特徴は、

趣味としての幅がとても広いという事ですね。

 

例えば改造やカスタマイズをする人もいれば、

ドライブに行くなどの比較的に金額のかからない

方法を趣味にしている人もいます。

 

既に車やバイクを所有していて、

免許を持っている人にとってはハードルが低く、

趣味にしても良いですが、免許を持っていない人が

趣味にするのは免許を取得することから始めるので、

一気にハードルが上がってしまいます。

 

またバイクや車を購入すると保険やメンテナンスなどで、

維持費も相当かかってきます。

 

車が趣味の人の1ヶ月にかかる金額

 

・税金(6000円)

・車検代(5000円)

・保険(7000円)

・ガソリン代(4000円)

・駐車場代(10000円)

 

と合計3万円以上のお金がかかってきます。

 

 

バイクが趣味の人の1ヶ月にかかる金額

 

・税金(200円)

・保険(3000円)

・ガソリン代(2000円)

 

と合計5000円以上がかかってきます。

 

私も車が好きで色々な所にドライブに行きますが、

車の趣味の人が感じる大きなメリットは、

「移動手段が増える」という点です。

 

電車だけが移動手段の人よりも、

行動範囲が一気に広がって気分転換されます。

 

 

旅行

 

 

次に多かったのが旅行です。

 

特に「大型連休の旅行」と、

「2連休での旅行」で大きく金額も変わってきます。

 

また海外に旅行に行くのか、国内に旅行に行くのかでも、

金額が変わってきますよね。

 

また旅行と言っても交通費や宿泊費はもちろん、

レジャー代やお土産代などにもお金がかかってくるので、

お金をかけないような工夫が必要になってきます。

 

 

投資

 

 

次に多かったのが投資です。

 

投資と言っても色々な投資方法があります。

 

「株式」、「債権」、「FX」、「不動産」、「仮想通貨」などですね。

 

投資にかける金額も人それぞれによって、

だいぶ違ってくるようです。

 

例えば、

 

    • 株式投資に15万円
    • 仮想通貨に月10万円
    • 毎月3万円を投資信託で回している

 

など様々です。

 

 

読書

 

 

次に多いのが読書ですね。

 

読書でも色々なジャンルがあり、

漫画にお金をかける人、ビジネス書、小説、

実用書など様々です。

 

毎月10冊の本を購入しても、

月1万円、5冊でも月5000円など

比較的安価な趣味といえます。

 

その他

 

 

その他の趣味としては、

 

「アイドルのコンサートに毎月5万円」、

「ゲームをするために毎月3万円の課金」、

「語学学習にお金をかけるのに毎月5万円」

 

というように様々な趣味を持っています。

 

ハマると女性以上にハマってしまうのが、

男性の趣味であり、年とともに趣味に費やすお金と

時間のバランスがうまく取れると良いのですが、

最近は昔と違って年功序列も薄く、中々時間が

取れない人も沢山いると思います。

 

ではそういった人たちは

どうすれば趣味の時間をとれるようになるのでしょうか?

 


趣味の時間を増やすには

 

 

趣味の時間を増やすには2つの方法があります。

 

趣味の時間を増やす方法

 

1.「無駄な時間を有効活用する」

2.「作業の時間短縮を図る」

 

これらを意識して作業の時間を効率的に増やしていくしか、

趣味の時間を確保することが出来ません。

 

1番簡単に時間を増やすには、

「すきま時間の有効活用」がおすすめです。

 

 

すきま時間の有効活用

 

すきま時間を有効的に使うことが出来れば、

自由な時間を増やすことが出来ます。

 

たとえば電車の中であったり、

通勤中、ご飯の時、休憩時間など

少しのすきま時間を有効活用するために

意識していきましょう。

 

すきま時間の有効活用具体例

 

・通勤中の30分間で仕事のメールチェック

・昼食終わりの10分間で調べ物をする

・トイレ休憩の時の5分でスケジュールを組み立てる

 

など5分、10分、15分のすきま時間を有効活用し、

1日に30分~40分を確保しましょう。

 

特におすすめのすきま時間は、

「食事時間」と「移動時間」を活用することです。

 

中には睡眠時間を削ってでも、

趣味に没頭する人がいますが、効率が悪いですし、

結果的に生産性が落ちてしまうのであまりお勧めできません。

 

飲みや休日の接待などの関係を断つ

 

 

会社の帰りに上司や先輩から飲みに誘われたときに、

上司や同僚との関係を保つために2つ返事で誘いを受け入れてしまう人も

多いでしょう。

 

お酒が好きな人や上司、同僚などから聞く話が

勉強になるのであれば飲みに行った方が良いのですが、

全く勉強にならなにのであれば絶対に行かないことをお勧めします。

 

飲み会に参加してしまった場合、

必然的に帰宅するのは23時、24時と遅くなってしまい、

趣味よりも睡眠にかける時間を優先しなければいけません。

 

これでは一生、趣味に費やす時間をとることが出来ません。

 

もし人間関係を気にしているのであれば、

「嫌々過ごす2時間」と「好きで過ごす2時間」を比べてみてください。

 

仕事での人間関係を全て断ち切れと言っているわけではありませんが、

毎回大切な時間を奪っていく関係性は素直に喜べるものではありません。

 

何に時間をかけることが自分にとっての、

有意義なのかをしっかりと考えて、自然と無駄な関係や

行動をしないようにすれば圧倒的自由な時間が生まれます。

 


趣味に費やすお金を増やすには

 

 

趣味に使うお金を増やすためには、

節約する、稼ぐのどちらかになってきます。

 

あなたは節約派?稼ぐ派?

 

 

節約派

 

 

節約派は現在の生活の中でできるだけ

お金の無駄をなくして趣味に使う費用に

当てることを言います。

 

主に食費だったり、日用雑貨日などの

変動費であれば意識を変えるだけで月に数万円は

節約をすることが出来ます。

 

稼ぐ派

 

 

趣味にかけるお金を稼ぐためにも、

副業をする人も中にはいます。

 

例えばライティングの仕事やアンケート調査で

月に2~3万円を稼いでいる人も存在します。

 

ですが忙しい合間に副業に時間を費やすのも難しく、

1日に1、2時間を確保することが出来なければ、

中々副業でも稼ぐことが難しいのが現状で鵜s。

 

ですが副業を上手く軌道に乗せることが出来れば、

月に10万円を稼ぐことも可能となります。

 

これほど稼ぐことが出来れば、

趣味にかけるお金もだいぶ変わってきます。

 

 

副業はアフィリエイトがお勧めな理由

 

 

私は副業をするのであれば、

アフィリエイトをすることをお勧めしています。

 

副業にアフィリエイトがお勧めな理由

 

1.パソコン1台あれば稼げるから

2.初期費用がかからないから

3.家を職場に出来てフリーランスとして働けるから

 

という理由です。

 

パソコン1台あればOK

 

アフィリエイトをするためにはパソコン1台あれば、

誰でも月1万円、月10万円、月100万円と資産を増やすことが

可能です。

 

しかもパソコン1台だけあればよいので、

旅行に行ったり、ドライブしているとき、

外出しているときでも作業をすることが出来ます。

 

 

初期費用がほとんどかからない

 

2つ目の理由としては初期費用がほとんどかからないからでうs。

 

必要なのはサーバー代、ドメイン代だけなので、

数千円だけで毎月5万円、10万円を稼ぐことが可能となります。

 

中には月に1億円以上稼いでいる会社もあり、

利益率が圧倒的に高いのが特徴となります。

 

 

自宅が職場になる

 

普通であれば会社に行って仕事をしなければいけないのですが、

アフィリエイトの場合は自宅が職場になります。

 

通勤することもありませんし、

時間のロスもありません。

 

ただ自宅でパソコンをカタカタと

キーボードを打って作業をすれば

報酬が発生しているのでこんなに良いことはありません。

 

なので副業を始めるのであれば、

アフィリエイトをお勧めしています。

 

まとめ

 

趣味に使う時間やお金を増やすためには、

自分自身の行動を1から考え直して、余分な時間を

削ったり、節約したり、稼がなければいけません。

 

そもそも仕事が原因で趣味に時間をかけれないのであれば、

趣味を仕事にしてしまうのも1つの手段です。

 

私自身、好きなことに時間をかけたくて趣味を

仕事にした一人ですし、誰でもそれが可能です。

 

なのでまずは行動に移していきましょう。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。