未分類

年収1000万円超えのGoogle社員がトラックで寝泊まりする真実そしてその働き方とは

Pocket

Googleの社員のある人はトラック生活を送っているという事で、

一時期話題になりました。

 

Googleは世界でもトップクラスの世界に有名な、

企業であり、年収もかなりの額をもらっているはずです。

 

実際にエンジニアなら年収1000万円超えは当たり前ですし、

セールス系でも800万円以上をもらっている方も存在します。

 

ではなぜ沢山のお金をもらっているのにも関わらず、

トラック生活を送っているのでしょうか?

 

 

高すぎる家賃と環境の整った社内施設

 

 

そのGoogleエンジニアの男性は、

以前まで毎月24万円かかる家に住んでいたそうです。

 

しかもそのアパートは3人のルームメイトがいて、

月24万円のルームシェアになります。

 

ですがその男性は「なんて法外な金額なんだ!」と気づき、

「夜遅くまで働いて寝るためにしか帰ってこない家に

月24万円も払えない。」と考えたそうです。

 

そして約120万円のトラックを購入して、

そのに住む生活を送ったそうです。

 

ですがデメリットもあるらしく、

虫が湧いたり、穴が開いたりと色々と苦労したそうです。

 

しかし生活に必須であるシャワーや電気などは、

すべて社内設備で賄えて決して無理な生活ではないですが、

凄まじいチャレンジ精神ですよね。

 

 

Google社員がわざと払わない理由

 

 

実際に彼は年収1000万円を超える給料をもらっており、

実際に家賃42万円の場所にも住めたのですが、

彼は「寝るためだけに帰る家に42万円の価値はない。」と

判断したそうです。

 

今後こういった合理的判断が基準になっていくのでは

ないのでしょうか?

 

それによって仕事の事だけに集中が出来て、

パフォーマンスも向上します。

 

ではGoogle社員の当たり前と考えている

働き方は一体何なのでしょうか?

 

 

Googleの働き方当たり前の時代とは

 

 

グーグルの社員は実力がある人たちが、

ほとんどだと言われています。

 

例えば35歳でGoogleに転職して、

Googleマップに写真を組み込むプロジェクトを担当した、

健太郎さんは、

 

Googleに入社した時は、本当に衝撃を受けました。

出来る人がとんでもなく多いですし、仕事の基準がものすごく

高いからです。僕自身いかに低い基準で仕事をしてきたか、

古い基準でやっていたかに気づかされることになりました。

 

今でも、学校を優秀な成績で出てきた新卒学生や、

著名な会社で重役を務めて転職してきた人でも、

入社して打ちのめされるような瞬間、

危機感を持つ瞬間があると思います。

 

 

と話しています。

 

なぜGoogleの社員は実力がある人たち

ばかりなのでしょうか?

 

会社として、個人としての目標を大きく持つ

 

 

Googleの採用試験の基準として、

チャレンジ精神が旺盛な人や頭が良い人というのがあります。

 

Googleの会社の基準値がここまで高いのは、

会社として、個人として大きな目標を持っているからなのです。

 

GoogleのCEOであるラリー・ペイジ氏は、

社員たちに「とにかく大きいことをやろう」、

「大きな価値あることをやろう」と繰り返し伝えています。

 

それを語るだけではなく、

常に実行にうつして本気でそれを実現しようとするのが、

Googleのすごいところであり、グーグルマップや、Googleグラス、

自動運転など新しいテクノロジーが沢山登場しています。

 

毎日売り上げを1~2%上げようと考えながら過ごしていると、

やはり1~2%しか残念ながら上がりません。

 

ですが今の10倍の価値を出そうと本気で取り組めば、

っと基準値を上げないといけないですし、

必死に仕事に打ち込めなければ達成することが出来ません。

 

大きな目標に挑戦し続けるからこそ、

Googleの基準値も自然と上がっていくのです。

 

生き残るために存在価値を残す

 

Google社員として働くためには、

自分自身存在価値を残す必要があります。

 

例えば自営業やフリーランスとして、

働いている人にとっては当たり前なのですが、

自分の存在価値がないと売上を作り上げることは

出来ません。

 

Googleの評価の際に、

 

このプロジェクトは彼や彼女がいないと

ローンチできなかったものなのか、という非常にシビアな

質問がマネージャーの間で飛び交います。

 

貢献度を厳しく見て、本当にインパクトを与えたのか、

本当に難しい問題を先陣を切って、解いていったのか、

何台を切り抜けて物を出せたのか、という所が評価される。

 

どの企業も価値を残せなければ潰れるしかあらず、

常にGoogleは社内でそういったシステムを導入し、

自分自身の基準値を上げて常に個人の市場価値を高めるために、

挑戦し続けようとしているからこそ圧倒的な実力が

ついているのですね。

 

好きだからこそ細部まで知りたいというエネルギー

 

 

Google社員の人はなぜ厳しい環境の中でも、

成果を上げ続けることが出来るのか知っていますか?

 

結局サービスを作っていくのが好きで、

モノを作る人は本当にその細部まで分からないといけないのが、

Google社員だそうです。

 

仕事をするうえで大切なのは好奇心とパッション、

面白がって細部まで知りたいと思うエネルギーです。

 

なぜなら面白いことをやっていると、

色々な事が分かってきます。

 

そしてますます面白くなる。

 

もっと面白いものを作ろうと、

妥協しなくなります。

 

こうした熱意、パッションが他の人にも

伝染してますます面白いものが

作れるようになっていくのではないのでしょうか?

 

 

価値観が変わる

 

 

Google社員の感覚としては、

お金を沢山稼ぎたいとは思いませんん。

 

余分に稼ぐことを考えるよりも、

必要な分だけ稼いで、必要なものだけに

お金を使うという考え方を持っていることが必要です。

 

つまりこれからの時代は、

「お金の価値観が変化しつつある。」という事です。

 

今までは、

「お金は沢山持っていた方が良い。」、

「高いお金を払って買ったものには付加価値が付く」

といった考え方がありましたが今はそうではありません。

 

より実用的なものが好まれて、

安くて質の高い製品が売れるようになる時代になっていきます。

 

逆にブランドに掴価値がついている製品は、

今後伸び悩んでしまうのではないのでしょうか。

 

この価値観の変化が市場に大きな影響になっていき、

お金の有無よりも自分がいかに満足できるか、

いかにお金と時間のバランスをとることが出来るのか。
これからはそういう時代となっていくでしょう。

関連記事

  1. 学歴も才能もなく年収1000万円を稼ぐ職業と高収入を手に入れる近道は?…

  2. トレーダー心理と相場

  3. サラリーマンにお勧めの副業の稼ぎ方

  4. 仮想通貨のテクニカル分析で利益を上げるためにはひたすら考える

  5. 投資家心理を表すオシレーターとは?

  6. 【お得】仮想通貨XPをお得に購入する方法と買い方、おススメの取引所は!…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。