お金のコラム

仕事に行きたくない新入社員の理由5選と5つの対策

Pocket

今、自分の仕事は楽しいですか?

 

生きがいを感じますか?

 

新卒社員は正社員として初めて働くために、

そもそも働くということ事態がわからないまま

就職先を決めてしまった人もたくさんいます。

 

具体的に将来の夢や目標、自分の生きている間に

どんなことがしたいのか、というのが一切ないまま、

今後のキャリアなどと結びつけることができずに

 

・上場企業だから

・残業が少ないって聞いたから

・社員が仲良さそうで楽しそうだから

・給料が良かったから

 

という表面上を見て企業を選んでしまった人も

多いのではないのでしょうか。

 

なので新入社員の人が

実際に入社して「イメージと違った」と

悩む人がたくさんいます。

 

何十年も社会人として働いていく人生ですから、

その中の1日や2日で「会社に行きたくない」と思う日は、

必ずあります。

 

その時に「なぜ自分は会社に行きたくないのだろう。」という

理由を見つけることができれば、そのための対策を

することができます。

 

なので今回は仕事に行きたくない新入社員の理由と、

そのための対策について紹介していきます

 

新入社員が仕事に行きたくない理由7選

 

 

マイナビのアンケート調査によると、

仕事に行きたくない理由は、人間関係であったり、

やる気が出ないことが原因だということがわかりました。

 

仕事に行きたくない理由7選

 

・仕事が楽しくない

・人間関係に疲れた

・自分がやりたかった仕事のギャップ

・ミスが怖い

・仕事が覚えられない

 

という理由がありました。

 

さっそく1つずつ分かりやすく紹介していきます。

 

仕事が楽しくない

 

 

新入社員の方が仕事に行きたくない理由で

最も多かったのが「仕事が楽しくない」という理由です。

 

新入社員の方は最初は、

雑用や単純作業の繰り返しだったり、

研修が主な仕事内容となってきます。

 

理由は会社にとって大きな仕事を新入社員に任せるのは、

リスクが大きいからであり、新入社員の方にとっても、

ストレスになってしまうからです。

 

そういった理由で雑務が増えるのですが、

そういった誰にでもできる仕事を「楽しくない」と

感じる方が多いようです。

 

誰もが一度は「仕事が楽しくない」というのを

感じたことがあると思います。

 

「楽しくない雑務」、

「誰でもできる単純作業を機械のように

淡々とこなさなければいけない日々」というが増えれば、

「仕事に行きたくない」という気持ちになり、

モチベーションも低下してしまいます。

 

 

人間関係に疲れた

 

 

その次に多かったのが、

会社の「人間関係に疲れた」という理由です。

 

どうしても新入社員の人にとって、

多くの先輩社員やクライアントに

最初は気遣いや接待を飲みの場では

しなければいけません。

 

「他の同期は上手く溶け込んでいるのに、

自分だけ浮いている。」、

 

「相手の機嫌を損ねて怒られたら

どうしよう。」と

不安になったり焦ったりするかもしれません。

 

こういったのが続くたびにストレスとなって、

「仕事に行くのが怖い。」、「仕事に行きたくない。」と

モチベーションが低下してしまうのです。

 

自分がやりたかった仕事のギャップ

 

 

新入社員の人が仕事に行きたくない3つ目の理由は、

「自分がやりたかった仕事のギャップ」です。

 

「自分がこうなりたい。」、「自分の夢を実現するために

今の会社に入社して成長したい。」という方も中にはいるでしょう。

 

特に会社説明会で事業内容を聞いたり、

面接での先輩社員の話を聞くと胸が膨らみ、

わくわくした気持ちで入社する方も

沢山いるでしょう。

 

入社してから漠然と「人の役に立つ仕事がしたい。」、

「人に何か影響を与えるような仕事がしたい」と思っており、

この会社ではそれが叶うと確信して入社するはずです。

 

ですがこの期待は入社した直後に

裏切られます。

 

会社側も優秀な人材を手に入れるために、

会社の良い面ばかりを見せて胸を膨らませるのです。

 

こういった理想と現実のギャップができてしまい、

仕事に行きたくなって仕事を辞めてしまう方が

出てくるのです。

 

仕事がなかなか覚えられない

 

 

新入社員の場合入社したての頃、

会社のルールや規律、マナーなど様々なことを

覚えなければいけません。

 

本当に1日中研修をやっていたり、

ミーティングや座学で終わってしまう日も

沢山あります。

 

たとえ先輩たちから、

「焦らなくてもいいから。」、

「分からないことは何でも聞いて。」と言われても、

基本的なことや誰でもわかること、何度も聞いたことを

聞くのは怒られてしまうと思い、

中々聞くことができません。

 

簡単な電話の出方やコピー機の使い方、

挨拶の仕方など1つ1つ細かいルールでも積み貸さなれば

結構な情報量となってきて頭が混乱してしまうのです。

 

 

忙しすぎる

 

 

ベンチャー企業であれば、

新人だからといって現場で覚えるために、

容赦なく膨大なタスクが降ってくることがあります。

 

その日に分からなかったり、消化しきることができなければ、

タスクはたまっていき膨大な量のタスクになってしまい、

上司に怒られてしまいます。

 

どんなに残業をしても残業が減らない、

仕事が多すぎてどこがゴールか全くわからない。

 

そういった状態が続けば仕事に行きたくなる

気持ちも出てきてしまいます。

 

といった理由で新入社員の人は、

会社に行きたくなくなってしまうのです。

 

ではそんなときにどうすれば良いのでしょうか。

 

 

モチベーションを上げる5つの対策

 

 

では先ほどとは反対に仕事に行きたくないときに、

どのようにしてモチベーションを上げるのでしょうか。

 

モチベーションを上げる5つの対策

 

・仕事が行きたくない理由を探して行動に移す

・過去の成功体験を思い出す

・自分が成功している未来をイメージする

・身体を動かし悩みや不安を解消する

・自分が必要されていると想像する

 

ではさっそく1つずつ見ていきましょう。

 

仕事が行きたくない理由を探して行動に移す

 

 

まずは先ほど話したように仕事に行きたくない

理由は自分はどれなのか探してみましょう。

 

一番良い方法は紙に書きだすことです。

 

紙に書きだすことによって様々な理由が

見えてきます。

 

自分が仕事に行きたくない理由が見えてきたら、

次はその問題を解決する方法を探しましょう。

 

仕事に対する不満、人間関係、プライベート、

クライアント、上司、同僚、楽しくない。

 

いろいろな理由からその解決策を

1つずつ考えていくのです。

 

行きたくないと現実逃避をしても、

何の解決策にもなりません。

 

なのでなぜ行きたくないのか、

そしてどうしたら会社に行きたくなるのか、

解決策を当てはめていきます。

 

過去の成功体験を思い出す

 

 

毎日同じルーチンワーク、単純作業の繰り返しだと、

「自分は本当は何がしたいのだろう。」、

「どういった仕事をしたいのだろう。」と

心が折れそうな時があります。

 

周りからは何もないようなことでも、

急に自分の中では大きな変化が起きているときが

時にはあるのです。

 

そういった時や仕事がうまくいっていないときは、

過去の成功体験を思い出して自分の目標や夢を

リマインドする必要があるのです。

 

自分が成功している未来をイメージする

 

 

たまに自分がやりたいことが何なのか、

将来の不安や自分の人生に対して

悩むときがあります。

 

そういったときは自分が成功している

未来の自分を具体的にイメージしてみてください。

 

頭の中で未来で成功している自分をイメージして、

少しでもその未来にたどり着くために、

今まで以上に仕事に取り組むことができるのです。

 

いきなり大きな目標を立てると

心が折れる可能性があるのでまずは

小さな目標を立てて1つずつ

ステップアップしていくことをお勧めします。

 

身体を動かし悩みや不安を解消する

 

 

長期間仕事に没頭してしまうと、

デスクワークの人は身体を動かす機会がどうしても

減ってしまいます。

 

そうした場合精神的に疲れてしまったり、

中々疲れが取れないときが続いてきます。

 

精神的に疲れてしまったときは、

適度に身体を動かすことをお勧めします。

 

軽くランニングをするのも良いですし、

体力的にきつい人はストレッチやウォーキングでも

かまいません。

 

とにかく適度に運動すると心も身体も

リフレッシュします。

 

そうすることでやる気が全身に血流がいきわたり、

身体と心の両方がほぐれて気持ちも

リフレッシュすることができます。

 

自分が必要されていると想像する

 

 

仕事が順調にいっているときは仕事をするのが

楽しくなります。

 

自分では順調に成長していて、

「前よりも短い時間でタスクを終えることができた。」、

「始めたころよりも知識や経験が増えて臨機応変な対応が

できるようになった。」ということもあるでしょう。

 

ですが全くほめてもらえず出来て当たり前の環境ができると、

「自分は何のために仕事をしているのか?」、

「自分は成長しているのか?」と疑問に思ってしまうときも

中にはあります。

 

周囲との能力を評価し、

自分には何が足りないのかわからずに

不安になることもあると思います。

 

ですがそういったときは自分を必要としている人が

いるということなので自分よりも優れている優秀な人と

仕事ができているこの環境に感謝しましょう。

 

このように仕事に行きたくない時でも

考え方1つ変えれば全く違う選択、行動となり、

大きく人生が変わってきます。

 

たとえ仕事に行きたくなくても

ポジティブに考えてどのようにすれば

モチベーションが上がるのか考えるのがベストです。

 

仕事以外でも自分を成長させ、将来につなげる

 

 

また仕事以外でも自分を成長するためにも、

副業をスタートするのをお勧めします。

 

副業で収益が上がってくると、

たとえ会社で嫌なことがあったり、

辞めたいと思ってもお金に余裕が生まれ、

精神的に余裕が生まれます。

 

なので短期的に利益を考えるのではなくて、

長期的に今の収入プラス10万円、月20万円を

稼いでいる時をイメージして今のうちから

副業に取り組んでおきましょう。

 

それが今後の人生であなたの将来に大きな

影響を与えて人間的にも大きく成長させていきます。

 

なのでまずは精神的な余裕を作るためにも、

会社で働く+自分でビジネスをするという

考えで過ごしていきましょう。

関連記事

  1. 新卒社員が会社を3か月以内に辞めてしまう理由と続けるための心構え

  2. 仮想通貨今後の将来性を考えた208年注目の副業のおすすめは

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。