仮想通貨ニュース

コインチェック2月13日から日本円の出金を再開

Pocket

ミツ丸(@Lights0602)です。

 

2月9日はビットコインキャッシュとリスクが

好調ですね。

 

今日はコインチェックが日本円の出金が

13日に再開を決定しました。

 

一時期は仮想通貨市場ほとんどの通貨が

大暴落してどうなることかと思いましたが、

一旦は底値から回復し始めています。

 

そして2月13日にコインチェックから

とうとう日本円の出金が確定しました。

私も1000万円ほどコインチェックに

入れておいたので本当にどうなることかと

思いましたが無事に出金できるそうで

本当に良かったです。

 

まずなんでコインチェックが出金できずになったかというと、

580億円のネムがコインチェックからハッキングを受けて

盗まれてしまったからです。

 

コインチェックの580億円分のXEM(ネム)が盗まれる。

コインチェックは1月26日に大規模な

ハッキングにあって580億円ものXEM(ネム)が

海外のハッカーによって盗まれてしまいました。

 

 

そしてネム財団が追跡プログラムを開発し、

盗まれたXEM(ネム)を取り返すために、

貢献してくれました。

 

 

XEM(ネム)580億円はどこに?

 

犯人は匿名性の高い通貨である「DASH」と交換しようと、

「ダークウェブ」と呼ばれる匿名ネットワーク上で、

仮想通貨交換で資金洗浄をしようとしていました。

 

この犯人の動きを関連するアドレスの取引記録を

監視して2月2日のある取引に気になるメッセージが

添付されていました。

内容は匿名ネットワークで取引所を経由している最中に、

メッセージを暗号化してしまい、着金に遅れが発生しています。

 

ただ洗浄のルートは確立できましたので、

次回はスムーズに遅れると思います。

 

というメッセージが記載されていました。

 

NEM(ネム)にはメッセージを添付して

送金するという特徴的な仕組みがあり、

このメッセージは何者かが犯人のアドレス宛に

送付したもので、メッセージ内にあるDASHの

アドレスの取引記録をブロックチェーン上で確認すると、

0.001DASHがこのアドレスに送られていたことが

分かりました。

 

日本円は出金できても仮想通貨からの出金は不可能

日本円出金は2月13日に出来るようになりますが、

まだ仮想通貨での出金はいつに再開することが出来るのか、

目処がたっていないとのことです。

 

そして現在では仮想通貨XEM(ネム)のハッキングがあったことから、

金融庁監視下で管理体制の見直しなどをしている最中だそうです。

 

今現在はコインチェック取引所のイーサリアム(ETH)や

リップル(XRP)のようなアルトコインは完全にロックされており、

出金はもちろん、売買もできないのが今の現状です。

 

多くの人がきっとアルトコインを売って、

違う取引所に仮想通貨を移動させようと考えているでしょう。

 

そうした場合、市場が混乱するのと、

コインチェックが破綻してしまう可能性だって

十分に考えられます。

 

そういった現状も考えて、

慎重にアルトコインも絞って引き出せるように

これからなっていくでしょう。

 

 まとめ

ようやく仮想通貨市場の長くて暗いトンネルを乗り越えて、

明るい未来が到来しようとしています。

 

ただ仮想通貨を運用するのであれば、

自己責任で余剰資金である程度お金が無くなっても

良いという覚悟と分散投資を意識して運用してくださいね。

関連記事

  1. JPモルガン「ビットコインは進化が必要!ただブロックチェーンは革新的」…

  2. 【LISK高騰】ビットフライヤーにLISKが上場

  3. 韓国が仮想通貨取引所を規制しても仮想通貨市場は崩壊しない

  4. 仮想通貨韓国規制でビットコイン、リップルイーサリアムなど暴落

  5. 仮想通貨流出の真相!ダークウェブで資金洗浄や不正出金先に不穏な動きが明…

  6. 仮想通貨取引所「Zaif」の不正出金被害その原因とは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。