仮想通貨取引所

【初心者におすすめ】bitFlyerの登録方法、通貨の購入の方法、出金方法を徹底解説

Pocket

こんにちはミツ丸(@LIGHTS0602)です。

 

今日は日本で最も人気のあるbitflyer(ビットフライヤー)の

登録方法やお勧めしている理由、入金方法を

紹介していきます。

 

 

bitflyer(ビットフライヤー)とは

bitflyer(ビットフライヤー)は仮想通貨で

ビットコイン(bitcoin)、イーサリアム(Ethereum)、

ライトコイン(litecoin)など世界的に有名で

安定性のある仮想通貨を取り扱っています。

 

bitflyer(ビットフライヤー)は手数料も安く、

初心者から上級者にお勧めの仮想通貨取引所です。

 

bitflyer(ビットフライヤー)は2014年に設立した

新しい会社ですが名だたる大企業から出資を受けており、

急成長中の仮想通貨取引所です。

大手の企業から出資を受けているという事は、

取引所としてそれほど信頼されているという事です。

 

成長が見込める会社だからこそ、

多くの企業は出資を行います。

 

bitflyer(ビットフライヤー)をお勧めしている理由

 

なぜ私がbitflyer(ビットフライヤー)を

お勧めしているのかというと

 

・資本力の高さ

・手数料の安さ

・信頼性が高い

 

この3点があるからです。

 

資本力の高さ

 

まずbitflyer(ビットフライヤー)は日本初の

ビットコイン取引所であり、取引量も日本一を

誇ります!

 

さらに数多くの大手企業から出資を受けており、

資本体制もかなり固いのが現状であり、

大手企業からも厚い信頼を獲得しています。

 

手数料の安さ

 

そしてbitflyer(ビットフライヤー)は各取引に

必要な手数料が安くて、現在CMの影響で

沢山の方が利用している大手の仮想通貨取引所です。

 

例えばクイック入金手数料がコインチェックの場合だと、

50万円以上の場合、入金額が×0.108%+486円かかるのに対して、

ビットフライヤーは一律で324円となっています。

 

コインチェックは入金額が上がるほど、

手数料が高くなっていくので高額取引を

すればするほどビットフライヤーの方がお得になります。

 

信頼性が高い

 

なぜbitflyer(ビットフライヤー)がここまでの人気を

持っているのかというと沢山の企業から

信頼されているからです。

 

例えばSMBCベンチャーキャピタル、

みずほファイナンシャルグループ、三菱UFJキャピタルなど

日本3大メガバングを筆頭に、SBIインベストメント、

GMOベンチャーパートナーズ、電通デジタルホールディングスなど、

大企業が出資を行っています。

 

出資金は41億円を超えており、

企業としての信頼性や無制限の

損害補償があることから初心者から上級者まで

安心して利用できる国内取引所がbitflyer(ビットフライヤー)なのです。

 

bitflyer(ビットフライヤー)に

登録するにはこちら

 

bitflyer(ビットフライヤー)の登録手順

 

bitflyer(ビットフライヤー)は無料で登録する事ができます。

 

bitflyer(ビットフライヤー)に登録してから、

仮想通貨を購入するには

 

・メールアドレス

・本人確認資料(運転免許証など)

・銀行口座

が必要になってきます。

 

メールアドレスさえ入力して登録を済ませてしまえば、

bitflyer(ビットフライヤー)のアカウントを作成することは可能です。

 

ですがアルトコインやビットコインなどの

 

通貨を購入するにはアカウントクラスを「トレードクラス」にする

必要があります。

 

まずアカウントクラスをトレードクラスにするためには、

 

・本人情報の登録

・本人確認資料の提出

・銀行口座情報の登録

・転送不要書類郵便の受け取り

 

が必須となります。

 

それではビットフライヤ―の登録手順を

見ていきましょう。

 

メールアドレスを登録

 

まずはbitflyer(ビットフライヤー)のホームページにログインし、

メールアドレスを登録しましょう。

メールアドレスで登録した場合は、

アカウント登録確認メールを開いてください。

上の画像のメールが届くので、

メールに記載されているURLにアクセスするか、

「キーワード」を下図の赤枠に入力して

アカウントを作成してください。

 

因みにGoogleアカウントで登録した方は、

仮パスワードのみ記載された「アカウント登録完了メール」が

届きます。

 

赤枠の項目全てにチェックをいれて、

「bitFlyerをはじめる」をクリックすれば

登録が完了します。

 

 

bitflyer(ビットフライヤー)に

登録するにはこちら

 

bitflyer(ビットフライヤー)の入金方法

 

bitflyer(ビットフライヤー)で取引を行う際には、

仮想通貨を持っていない場合、日本円を入金しなければいけません。

 

日本円を入金する方法は、

 

1.銀行振り込みで日本円を入金する

2.クレジットカード決済で日本円を入金する

 

この2つがあります。

 

ではどのようにして、

bitflyer(ビットフライヤー)に入金してから、

ビットコインを購入するのでしょうか?

 

今回は銀行振込での

入金方法について解説していきます!

 

日本円を入金するには、

2つの方法があります。

 

それは、

 

1.通常入金

2.クイック入金

 

です。

 

クイック入金は24時間365日行える即時入金サービスで、

1回につき324円、上限30万円の制限がかかります。

 

なので今回は「通常入金」の方法を紹介します。

 

項目 通常入金 クイック入金
手数料 振込手数料実費負担 324円
最低金額 最低金額 制限なし
上限金額 上限金額 9,999,675円※
口座反映 口座反映 即時

 

※コンビニ入金利用時は30万円が上限

 

bitflyer(ビットフライヤー)で通常入金後に

取引をする場合は必要になるのが「アカウント作成」、

「アカウントクラスをトレードクラスにする」、

「銀行口座を開設しておく」というステップが必要になります。

 

「トレードクラス」とは何かというと、

bitflyer(ビットフライヤー)のアカウントを作成した後に、

本人確認をしてから返送書類を受け取ると

アップグレードされます。

 

トレードクラスになっていなくても、

入金自体は可能ですが売買をすることが出来ないので、

注意が必要です。

 

それでは入金方法を見ていきましょう。

 

まずbitflyer(ビットフライヤー)にログインして、

左の「入出金」という場所をクリックします。

 

 

すると下の画像に飛ぶので、

「日本円ご入金」をクリックします。

bitflyer(ビットフライヤー)では

 

・三井住友銀行

・住信SBIネット銀行

 

のどちらかを選択することが出来ます。

 

ここでお勧めなのが、

住信SBIネット銀行です。

 

「住信SBIネット銀行」はほとんどの仮想通貨取引所に

対応しており、手数料なく振り込むことが出来るので、

なるべく住信SBIネット銀行の口座を開設しておきましょう。

もし入金したいと思っている銀行口座情報が

表示されていなければ「銀行口座い情報を追加する」を

選択し、自身の口座情報を登録しておくようにしましょう。

 

あとは銀行やネットバンキングから

自身の口座からbitflyer(ビットフライヤー)の口座に

入金するだけで完了です。

 

ただし注意点があります。

 

それは日本円を振り込む際に、

必ず行わなければいけないことがあります。

 

それは振込名義人の前に、

5桁の番号を付けなければいけません。

 

なので振込名義人は、

 

「5桁の番号 振込名義人」となります。

 

これを忘れてしまうと、

反映されない可能性もあるので、

必ず5桁の番号を名義人の前に足してから

入金するようにしてください。

 

bitflyer(ビットフライヤー)に

登録するにはこちら

bitflyer(ビットフライヤー)の送金方法

 

bitflyer(ビットフライヤー)の送金画面から、

送れる通貨は、

 

・ビットコイン(BTC)

・イーサリアム(ETH)

・イーサリアムクラシック(ETC)

・ライトコイン(LTC)

・ビットコインキャッシュ(BCH)

・モナコイン(MONA)

・リスク(LSK)

 

の7種類の通貨を購入することが出来ます。

 

bitflyer(ビットフライヤー)の送金手数料は?

 

bitflyer(ビットフライヤー)の送金手数料は、

 

・ビットコイン:0.0008BTC

・イーサリアム:0.0001ETH

・ライトコイン:0.016LTC

・ビットコインキャッシュ:0.0001BCH

・モナコイン:0.016MONA

 

となっています。

 

他の取引所と比べても、

bitflyer(ビットフライヤー)は安く仮想通貨を射

送金することが出来ます。

 

それでは、

送金方法を見ていきましょう。

 

まずはビットフライヤーで

送金画面まで行ってください。

 

手順はビットフライヤーにログインし、

左側のメニューから「入出金」を選んでください。

出てきた画面から、

「BTCご送付」を選びます。

他のアルトコインを送金したいときは、

それぞれのコインで「送付」となっているものを選んでください。

 

下に送金操作の画面が出てくるので、

送り先のビットコインアドレスを入力し、

「追加する」というボタンを押します。

 

「ラベル」というものがあるのですが、

これは自分で何がどの送金か管理するためのもので、

何も記入しなくても大丈夫です。

 

次に送金するBTCの量を入力し、

送金したい額を決定します。

 

「優先度」と書いてあるところで、

支払いたい手数料の額を選択します。

 

幅は0~0.001BTCまでです。

 

この支払う手数料が多ければ多いほど、

送金スピードは上がります。

 

最後に、

「ビットコインを外部アドレスに送付する(取消不可)」というのが

出てくるのでそのボタンを押します。

 

これで送金手続きは完了です。

 

ここで注意してほしいのが、

コインの送金先のアドレスを間違えてしまったり、

イーサリアムを受け取るアドレスにビットコインを

送金してまうと送金したコインが消滅してしまいます。

 

自分の財産が消えてしまう致命的なことなので、

送金するには細心の注意を払って送金するようにしましょう。

 

bitflyer(ビットフライヤー)に

登録するにはこちら

bitflyer(ビットフライヤー)でビットコインを少額でも良いので持ってみること

 

ビットコインやイーサリアムの主要アルトコインは日に日に

世界中で普及していっており、様々なサービスも開発されています。

 

これらの時価総額もどんどん増しており、

価格は上昇しています。

 

とにかくは今は少額でも良いので、

ビットコインに現金を交換し、仮想通貨の可能性を

感じてみてください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。