仮想通貨取引所

【初心者おすすめ】Binance(バイナンス)の登録方法、通貨の購入方法、ツールの使い方など徹底解説

Pocket

2017年は仮想通貨元年と呼ばれ、

本当に多くの人が仮想通貨市場に

参入したのではないのでしょうか。

 

その中でも仮想通貨に興味があるけれど

中々不安で出来ていない方、仮想通貨市場に

参入したけれどまだ国内取引所しか持っていない方、

など沢山いると思います。

 

その中で絶対に登録をした方が良いのが

Binance(バイナンス)です。

 

Binance(バイナンス)は2017年の9月に

出来たばかりのにも関わらず2018年の1月には

1日20万人以上のペースで新規の登録者が殺到しており、

現在は取引量も世界一など名実ともに世界一の

海外取引所になります。

 

Binance(バイナンス)は取引所の独自トークンも持っており、

BNBを使えば通常0.1%の手数料が

半額の0.05%になるのも特徴です。

 

海外で人気のBittrexが0.25%の

手数料なのでBNBを使えばその5分の1の

手数料で取引をする事ができます。

 

【注意】現在1日の登録人数が制限されていますので

登録はお早めにお願いします。

 

登録できない場合は、また翌日に試してみてください。

 

そんなBinance(バイナンス)の登録方法、

通貨の購入方法、取引方法、ツールの使い方、

スマホアプリの使い方など初心者の方でも

分かりやすく丁寧に教えていきます。

 

目次

Binance(バイナンス)とは

 

 

そしてBinance(バイナンス)の取引手数料が

50%オフになるBinance(BNBトークン)や

次の新規上場銘柄を投票で決める制度など

本当に多くの独自システムがあります。

 

(BNBトークンとはバイナンスの独自トークンであり、

Zaif取引所のZaifトークンのようなものです。)

 

なぜこんなにもBinance(バイナンス)の新規登録者数が

毎日20万人以上もいて取引量も多くて

Binance(バイナンス)に人気があるのか色々と

調べてみました。

 

Binance(バイナンス)の会社概要

 

 

社名 Binance
設立 2017年1月16日
所在地 Suite 603, Towee2, Lippo Centre, 89 Queensway, Addmiralty, Hong Kong
代表者 Chanpeng Zhao
OKcoin(中国の人気取引所)のCTO(技術責任者)を勤めていた
メールアドレス market@binance.com
QQ Group 344615861

 

ですが現在、中国の金融当局は、

仮想通貨取引所の全面規制を行っています。

 

例えば、「OKコイン」、「BTCチャイナ」、「Huobi」などは

中国の最大手の仮想通貨取引所であったのにも関わらず、

閉鎖に追い込まれました。

 

なぜBinance(バイナンス)は規制を

受けずに済んでいるのでしょうか。

 

Binance(バイナンス)はなぜ中国の仮想通貨規制を受けないのか?

 

 

そもそも中国が仮想通貨を規制した理由としては、、

仮想通貨市場は資金が漏れやすい構造であり、

中国からの資金が流出するのを防ぐためです。

 

仮想通貨は国に縛られることなく

国で制御する事ができません。

 

なのでもしかしたら深刻な

金融状況になる可能性だって考えられます。

 

また、マネーロンダリングなどの資金洗浄や

違法取引等も出来てしまい、それを懸念して

規制がかけられました。

 

ですがBinance(バイナンス)が

規制をかけられなかった理由は本社が香港にあるからです。

 

Binance(バイナンス)は中国の取引所として

有名だと思いますが、香港の仮想通貨取引所であり、

 

「香港は中国の特別行政区に指定されており、

規制の対象外となっています。」

 

なので現段階ではBinance(バイナンス)は

中国金融局の規制対象外区域になっているのです。

 

特別行政区とは何なのかと言うと、

同じ国内でも別の法律がある都市があるということです。

 

なので今現在でもBinance(バイナンス)では

仮想通貨取引をする事ができるんですね。

 

Binance(バイナンス)を勧めている理由

 

Binance(バイナンス)をお勧めしている理由は、

 

・サイトのインターフェースが分かりやすい

・フォークコインの対応が充実

・豊富な銘柄が充実している

・各種キャンペーンなどサービスが充実している

・上場銘柄を推薦出来る投票機能が付いている

 

などがあります。

 

サイトのインターフェースが分かりやすい

 

今は日本語ではなくて

英語対応になってしまいましたが、

Binance(バイナンス)はとても見やすくて

分かりやすいインターフェースを使っているので、

慣れてしまえば簡単に操作をする事ができます。

 

とてもシンプルで直感的で、色々な機能も

持ち合わせているので世界中から人気のある取引所ですね。

 

取引手数料が他の取引所に比べて安い

 

海外取引所の中で一番に

Binance(バイナンス)を押している理由は、

手数料が世界一安いからです。

 

例えば日本の有名な取引所である

コインチェックはアルトコインを購入すると手数料は、

3%以上になってしまいます。

 

100万円の取引をしただけで3万円が

手数料として持っていかれます。

 

これを何回も取引するのは

結構厳しいですよね。

 

それに対してBinance(バイナンス)の手数料は、

0.1%です。

 

同じコインを買うにしても、

1000円しか手数料がかかりません。

 

「じゃあどちらを選ぶの?」って言われれば、

確実にBinance(バイナンス)を選んでしまうでしょう。

 

さらにBinance(バイナンス)では独自に発行している

BNB(Binanceのトークン)を保有していると

手数料がさらに0.05%にする事ができます。

 

もうほとんど手数料がかかっていないに等しいですよね。

 

フォークコインの対応が充実

 

Binance(バイナンス)がなぜ有名になったかと言うと、

ビットコインの分裂にいち早く対応したのがBinance(バイナンス)

なんです。

 

ビットコインの分裂とは、

ビットコインが新たな種類のビットコイン(ビットコインゴールド)、

(ビットコインキャッシュ)などになることです。

 

当初は分かれて消滅してしまうのか話題にもなりました。

 

分裂に対応しているBinance(バイナンス)に預けておけば、

ビットコインはそのままで新たな種類のビットコインは

無料でもらうことが出来ます。

 

例えばビットコインキャッシュは2017年の8月1日に初めて

ビットコインが分裂して出来ました。

 

この時に20万円の価値がついて、

分裂したためビットコインを保有していた人は、

1ビットコインにつき+20万円のお小遣いが

もらえた計算となるのです。

 

ですが分裂して新しく生まれた

ビットコインをすぐに取り扱う取引所はありません。

 

新たなビットコインを取り扱うかどうかは、

それぞれの取引所の判断次第になってしまうのです。

 

ですがBinance(バイナンス)は公式Twitterアカウントで

「全てのハードウォークに対応する!」とツイートされた

瞬間に大きな話題を呼びました。

 

分裂する前にBinance(バイナンス)に預ければ、

無料でビットコインがもらえるのと同じになるのです。

 

豊富な銘柄が充実している

 

Binance(バイナンス)では日本の取引所と比べて

多くのアルトコインを扱っています。

 

今、現在も着実に増えており、

イーサリアムやリップルなどの人気の

仮想通貨に比べて時価総額が20位以内の

NEOやStellar、Qtumなどのアルトコインも

多数取り扱われています。

 

アルトコインはBTC建てで1日に平気で200%、

価値が上がる時もあれば50%価値が下がる時もあります。

 

ですが基本的に通貨の価値は上がり続けているので、

なので積極的にトレードしたい人はBinance(バイナンス)の

通貨をいくつか分散して持っておくのがベストでしょう。

 

各種キャンペーンなどサービスが充実している

 

 

Binance(バイナンス)では定期的に

10000WAVESが配布されるイベントや

車がもらえるイベントなどキャンペーンが充実しています。

 

こういったイベントがいくつもあるので、

ユーザーも盛り上がるんですよね。

 

そして国内取引所にもあるお友達紹介制度は、

自分が紹介した人が支払った手数料が永久的に50%入ってくる

仕組みを実施しています。

 

手数料が安いのでそこまでは期待できませんが、

ブログを運営している人は勝手にお金が入ってくるので、

やった方が良いですよね。

 

では逆にBinance(バイナンス)のデメリットは

何なのでしょうか?

 

Binance(バイナンス)のデメリット

 

Binance(バイナンス)のデメリットは、

日本語対応していないことです。

 

少し前までは日本語対応していましたが、

2017年の12月から日本語の対応がなくなり、

英語対応でしか私達は使うことが出来ません。

 

一回慣れてしまえば特に難しいことがないのですが、

最初の人は不安になってしまうかもしれません。

 

あとは海外の取引所だという事です。

 

海外の取引所の場合、

もし取引所がなくなってしまったら

そのお金は返ってきません。

 

なのであくまでも自己責任で仮想通貨は

運用するようにしましょう。

 

Binance(バイナンス)の安全性と評価について

 

たとえどんなに魅力的な

取引所でもコインチェックの騒動のように

安全性が伴っていないとやっぱりどうしても

お金を預けようとは思わないですよね。

 

私も初めてBinance(バイナンス)を

使おうと思った時に

 

「本当にハッキングされないのかな?」、

「Binance(バイナンス)にちゃんと送金できるのかな?」

 

など沢山の不安がありました。

 

ですがBinance(バイナンス)は日本の

国内取引所と比べて同じレベルで安全なんです。

 

その理由は、

 

・取引量世界一にも関わらず落ちないサーバー

・中国最大大手仮想通貨取引所である

「OKCoin」での運用実績経験があるChangePeng Zhao氏が

設立

・世界中に広がる仮想通貨取引所

 

などの理由があります。

 

取引量世界一にも関わらず絶対に落ちない強固なサーバー

Binance(バイナンス)の創業者である

ChangePeng Zhao氏はOKCoinから一人で

独立したわけではなくて、最優秀のエンジニアや、

チームを引き連れてBinance(バイナンス)を

創業しました。

 

そのためにBinance(バイナンス)は

取引高世界一にも関わらず、サーバーが一切落ちません。

 

私も利用してから数か月経ちますが、

一回も落ちることなくそして遅延する事もなく、

Binance(バイナンス)は稼働し続けています。

 

これに関して

 

Binance(バイナンス)は世界最大の

取引プラットフォームになることが目標で、

今日の取引量を千倍に増やしています。

 

したがって元々一度に多量の取引が出来るように

システムの設計がされています。

 

例えば現在、我々のシステムは毎秒5GBのデータを

放出しています。

 

DDoSのサイバー攻撃は、

通常、5~10、大きければ100~600GBの規模ですが、

我々のシステムは毎秒5GBのデータを放出しているため、

全く問題なく利用できるでしょう。

 

※CoinPost「海外大手仮想通貨取引所のBinanceに独占インタビュー」より引用

 

と回答しています。

 

例えば日本の取引所である

ZaifやbitFlyerはDDos攻撃(ひたすらアクセスをされる攻撃)を受けて

サーバーが落ちてしまいました。

 

それに比べてBinanceは、

こういったサイバー攻撃にも

十分耐えれる設計がされているのです。

 

日本のZaifという取引所では、

注文が通らなかったり、遅延してしまう可能性もありますが、

Binanceではアクセスが集中してしまった時でも、

100%スムーズに通るように設計されています。

 

中国最大大手仮想通貨取引所である

 

「OKCoin」での運用実績経験があるChangePeng Zhao氏が

設立。

 

Binance(バイナンス)の創業者は、

Change Peng Zhao氏で彼は、中国の最大手の

仮想通貨取引所である「OKCoin」の共同設立者です。

 

多くの方が利用しているOKCoinでの

運用経験も多くあるために、使いやすさの

追求はもちろん、特にセキュリティには

最も多くの力を注いでいます。

 

過去のインタビューでは、

 

セキュリティに関しては

1日中話すことが出来ます。

 

まず物理的セキュリティ、ネットワークセキュリティ、

そしてビジネスセキュリティなどの形成があります。

 

私たちはセキュリティを保証するために、

非常に深い部分まで調査しています。

 

その理由は安全面が最優先だからです。

 

この世界で働き始めて、

20年が経ちますが、従来の金融界の経験も

豊富なので、この面に関しては自信があります。

 

更に言えば、

安全面を確実に保証するために、

ビジネスが遅延するほど時間をかけているほどです。

※CoinPost「海外大手仮想通貨取引所のBinanceに独占インタビュー」より引用

 

実際にBinance(バイナンス)を見てみると分かりますが、

個人情報の提出基準だったり、二段階認証やパズル認証を

取り入れたログインまで本当に日本国内の取引所以上に

不正利用されないようなしっかりとした仕組みが

取り入れられています。

 

世界中に広がる仮想通貨取引所

 

 

Binance(バイナンス)は中国発祥の取引所で、

「規制の厳しい中国だから凍結されてしまう可能性もあるのでは!?」

 

と考えられるかもしれません。

 

ですが実際には中国の取引所に

一斉に規制が入った時に規制を受けなかった

唯一の取引所がBinance(バイナンス)です。

 

その理由として、

Binance(バイナンス)は香港に拠点を置いています。

 

香港では中国の規制緩和の対象になる地域であり、

中国本土に仮想通貨の規制が入ったとしても影響は

一切受けません。

 

そしてさらに規制をされないように、

Binance(バイナンス)の本社もカリブ海の

タックスヘイブンであるケイマン諸島に移転する

予定だと発表されています。

 

そしてBinance(バイナンス)は日本語だけで半か打て、

世界7か国の語に対応しています。

 

少し前に日本支部が設立するニュースで

話題になりました。

 

世界中の色々な国にBinance(バイナンス)の支部を

設立することによって、特定の国で仮想通貨の規制が

されたとしても運営が止まるリスクがなくなり、

そういった意味でも資金を預ける私たちからすると

安心しますよね。

 

それでは早速Binance(バイナナンス)を登録してみましょう。

 

Binanceの登録はこちら

 

Binance(バイナンス)の登録方法

 

 

1.右上の「Register」をクリックします。

2.メールアドレスとパスワードを入力して

登録します

 

・メールアドレス

・パスワード

・再度パスワード

 

を入力します。

 

※パスワードは8文字以上の英数字で

1文字以上大文字と数字の組み合わせが必要です。

 

そしてチェックボックスをチェックして

「Register」をクリックします。

 

3.赤丸の所を右にドラッグしてパズルのパーツを

合わせます。

 

 

4.英語で確認のメールが

【Binance】Confirm your registrationという

タイトルのメールが届くのでそれを開いてください。

メールを開いて「Verify Email」をクリックします。

 

 

たまに迷惑メールに入っている可能性もあるので、

届いていなかったら迷惑メールをチェックしてください。

 

また時間帯によっては、

メールが届くのに時間がかかるので、

注意しましょう。

 

5.クリックすると

「お客様のアカウントが有効になりました。

ログインして取引を始めましょう。ログイン」

 

という画面に飛ぶので、

ログインをクリックします。

 

するとログイン画面に移ります。

Binance(バイナンス)にログインする

 

登録が完了したらBinance(バイナンス)にログインします。

 

1.メールアドレス、パスワードを入力して、

「Login」を押します。

 

するとまたパズルの画面になるので、

赤丸で囲っている所をドラッグしながら

右に動かしてパズルを合わせます。

Binance(バイナンス)の2段階認証の設定をする

 

Binance(バイナンス)にログインしたら、

まず初めにやることは2段階認証の設定をしましょう。

ログインすると最初にポップアップが表示されます。

 

これはBinance(バイナンス)の2段階認証を

求められている表示になります。

 

これは不正出金やハッキングに合わないようにするための

ものなので必ず設定するようにしましょう。

 

この設定はスマホでは設定できないので、

必ずパソコンから設定してください。

 

携帯検証は中国のみかのうなので、

「Google 検証」をクリックします。

 

Google検証とは、「Google Authenticator」の事です。

まずは左の四角印からアプリをダウンロードします。

 

そして「Google Authenticator」からQRコードを認証アプリで

読み込んでください。

 

そして「I’ve backed up, Continnue」をクリックします。

 

そして「16ケタのデジタルコード」「ログインパスワード」

「認証アプリに表示されているコードを入力」の3つの項目を

入力してください。

 

16ケタのコードはバーコードの下に表示されているので、

それをコピペしてください。

 

これで2段階認証も完了です。

 

1日に2BTC以上の取引をする場合は出金制限が必要

 

Binance(バイナンス)は本人確認をクリアしていないと、

1日に引き出す限度額が2BTCに制限されています。

 

ですが身分証を提出することで、

出金を50BTCに増やす事ができます。

 

身分証は

 

・運転免許証

・健康保険証

・住民票の写し

・特別永住者証明書

・マイナンバーか―ド

・パスポート

 

などが有効です。

 

本人確認の方法は、

ログインした後に右上の「Account(アカウントボタン)」

クリックするとこのような画面に飛びます。

 

この「Submit Verification Documents」と言うボタンを押すと、

下記のページに飛びます。

日本の場合、身分証は基本的にパスポートが有効です。

 

日本の免許証では本人確認をする事ができないので、

注意してください。

 

まず

 

・Lastname:苗字

・Fastname:名前

・Valid Identity Card:有効な身分証明書

 

を入力します。

 

 

その後に身分証明書の顔写真があるところと、

住所が証明できる場所を写します。

最後にパスポートと本人の顔と、

白い紙に「Binance」と書いて「その日の日付」を

書いた写真をアップロードすれば登録は完了です。

 

早速Binance(バイナンス)を使っていきましょう。

 

Binanceの登録はこちら

 

Binance(バイナンス)の入金方法

 

ですがBinance(バイナンス)は海外の取引所なので、

こちらからBTC(ビットコイン)やETH(イーサリアム)で

入金してあげる必要があります。

 

なのでまずは国内の取引所から

日本円を入金してビットコインやイーサリアムを

購入し、Binance(バイナンス)に送金しましょう。

 

私が使っているのは、

Zaif(ザイフ)なので今回はZaif(ザイフ)での

入金方法を説明します。

 

流れとしては、

 

1.Zaifに日本円を入金

2.Zaifでイーサリアムを購入

3.イーサリアムをZaif⇒Binance(バイナンス)に送金

 

と言う流れになります。

 

銀行から日本円をZaifに入金する

 

Zaifはコンビニ入金かペイジー入金を

24時間対応という事もあり、推しています。

 

ですが銀行振り込みもできるので、

こちらの画面から日本円を入金します。

 

 

右下に「銀行振込による入金を開始する」というのがあるので、

クリックすると入金額を設定するフォームに移ります。

入金額を入力して、

「入金開始」をクリックします。

 

すると振込先口座と、振込時の指定名義書式が

表示されるので、そこに銀行口座から入金します。

 

注意点として、

必ず識別コードを付けるようにしましょう。

識別コードを付けないと入金を反映されない可能性もあります。

 

Zaifでイーサリアム(ETH)を購入する

 

次にZaifでイーサリアムを入金します。

 

前まではビットコインでも大丈夫だったのですが、

ビットコインの遅延もあるのでイーサリアムの方が

おススメです。

 

なので日本円でイーサリアムを購入します。

決して簡単売買では購入しないでください。

 

なぜなら手数料が高くなってしまうからです。

 

購入方法は、

「成行」を押してから、

「使用残高」の中から100%を選択します。

 

100%というのは、

今現在、Zaifにある

日本円の何%をイーサリアムで購入しますか?

という事です。

 

なので全てイーサリアムで購入したいので、

今回は100%の購入で合わせます。

 

これで日本円でイーサリアムの購入は

完了です。

 

Zaifでイーサリアムを購入したら、

次にバイナンスにイーサリアムを送金します。

 

Binanceの入金アドレスをコピーしてZaifに貼り付け

 

1.Binanceにログインしたら右上の「Funds」「Balances」

クリックします。

 

 

2.検索窓でETHを検索し、「Deposit」をクリックします。

 

3.すると「ETH Deposit Address」というのが

表示されます。

 

これは「ETHの預金アドレス」で、

これを「Copy/Address」というのをクリックすると、

コピーできるのできるので、

コピーしてZaifにペーストします。

先ほどバイナンスでコピーした送金アドレスを、

Zaifのイーサリアム出金画面に移動して、

「出金先アドレスの管理へ」という所から、

先ほどバイナンスのアドレスを追加します。

 

 

「ETH(イーサリアム)の入出金」⇒「出金」を選択

ここでアドレスを間違えたら

先ほどのイーサリアムはなくなってしまうので、

絶対に間違えないようにしましょう。

 

ラベルは「Binance」が良いでしょう。

これで送金先アドレスはBinance(バイナンス)に設定が

完了です。

 

ZaifからBinanceの入金アドレスへ送金する

 

Zaifにアドレスを設定出来たら、

Binanceに送金しましょう。

 

・出金アドレス:先ほど追加したBinance(バイナンス)のアドレス

・出金金額:BTC残高金額-0.001BTC(手数料分)

・出金手数料:空白

・2段階認証トークン:Google Authenticatorの数字を入力

 

「出金」をクリックします。

 

あとは着金を待つのみです。

 

Binance(バイナンス)に着金するとメールが届きます。

 

これでBinanceの先ほどアドレスを確認したページで

残高表示されているのを確認してください。

 

ETHの残高が増えていたら完了です!

 

Binance(バイナンス)の取引方法

 

そして次に送金されたBinance(バイナンス)にある

ETH(イーサリアム)で通貨を購入していきます。

 

その前にまずは【BNB】(バイナンスコイン)を

購入します。

 

Binance(バイナンス)はBNBを購入して

他の通貨を購入すると手数料が【0.1%】から、

【0.05%】と半額になります。

 

なのでなるべく安く通貨を購入するために、

BNBで購入するようにしましょう。

1.ログイン画面から左上の「Exchange」をクリックし、

「Basic」を選択します。

 

右側のタブの【ETH】を選択して、

検索窓で【BNB】と選択します。

 

そして「Limit」ではなく、

「Market」(成行注文)で購入します。

 

Amountは100%を栗くすれば、

自動で入力されます。

 

そして「Buy BNB」をクリックして、

注文は完了です。

 

Binance(バイナンス)で通貨を購入

 

例えば0.01BTCずつ購入したい場合は、

 

のように「Limit」でいくらのBTC(ビットコイン)で

購入したいかを記入し、【Market】に切り替えてから、

数量を直接入力して購入しjます。

 

次にBinance(バイナンス)から

Zaifにイーサリアムを送金する方法を

紹介します。

 

Binance(バイナンス)からZaifに送金する方法

 

バイナンスからウォレットや日本の取引所に

送金する時の説明をしていきます。

 

1.まずは管理画面から「Funds」「withdrawal」を選択します。

2.次にこちらの画面から、

 

 

・「ETH」を選択

・「ETH Withdrawal Address」の

「New address」を選択

・「Label」と「Address」を入力

⇒送金先のアドレスとラベルを入力します。

 

ラベルは分かりやすいものを付けておきましょう。

 

・Ammount:送金する量を入力

・「Submit」をクリックします。

 

そうすると、

確認のメールが届きますので、

そのメールの本文のURLをクリックして、

ブラウザで表示してから送金を確定してください。

 

このメールにあるURLのページをブラウザで

表示しないと、送金が行われないので注意してください。

 

Zaifに送金する場合は、

 

・「入出金と履歴」を選択

・ETH(イーサリアム)の入金を選択

・ETH入金アドレスをコピーして送金します。

 

次にチャートや板をみながら

購入する方法を紹介します。

 

Binance(バイナンス)のアドバンスでトレード

 

先ほど紹介したのは、

「Basic」という画面で購入する方法です。

 

さらに色々な情報を見て、

購入するには「Advance」で購入するようにしましょう。

 

1.バイナンスのログイン画面から、

「Exchange」⇒「Advance」を選択します。

画面右上の【BNB/ETH】に通貨ペアを変更すると、

そのチャートがでます。

 

画面右側には、「売り板」と「買い板」の

情報と過去の役的履歴が表示されています。

 

売買注文は画面右下に表示されていて、

ベーシックと同じ購入方法です。

 

画面下には保有しているコインを表示出来て、

他にも「OpenOrders」、「Orders History」、

「Trade History」、をクリックすると、

「未約定の注文通貨」、「過去の(自分の)注文履歴」、

「過去の(自分の)取引履歴」を表示する事ができます。

「Advance」で購入するには、

1.画面上部の通貨ペア(ETH/BNB)をクリック

2.画面右下の売買注文領域の注文方法を選択

3.「価格」に購入価格を入力

4.「数量」に購入数量を入力

5.「購入」をクリック

 

で購入が完了します。

 

売り注文を出す場合は、「売却ETH」の方に、

購入価格と購入数量を入力して「売却」をクリックして

売却が完了です。

 

Binanceの登録はこちら

 

まとめ

 

Binance(バイナンス)は

 

・手数料が安い

・銘柄が90種類以上と抱負

・登録後にすぐに使える

・フォークコインが多い

・セキュリティも安心

 

というとても設備が充実している

海外取引所です。

 

なので今後仮想通貨をやるのであれば、

とりあえず登録しておくことを

おすすめします。

関連記事

  1. SBIバーチャル・カレンシーズ、XRPのテスト販売開始

  2. インドと提携していたXRP(リップル)がインドの取引所「zebpay」…

  3. 【初心者おすすめ】Zaif(ザイフ)の登録方法、通貨の購入方法、出金方…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。