お金のコラム

仮想通貨今後の将来性を考えた208年注目の副業のおすすめは

Pocket

政府が「働き方改革」で副業を推進し、

副業や兼業を良しとする風潮が日本にも流れています。

 

またそれを促進するかのように、

仮想通貨がどんどん拡大していき、

仮想通貨決済が日常となり各々がビジネスや副業を

こなしながら副収入を得て生活する将来を先読みして、

2018年以降のおすすめの副業を紹介していきます。

 

ニッチなものから有名なものまで、

様々な副業がありますがインターネットテクノロジーの

進化や仮想通貨の拡大に合わせたおすすめの副業と

なるので個人差があるかもしれませんが、

参考にしてみてください。

 

2018年おすすめの副業

 

これから私が今後の将来を考えながらお勧めする

副業をそれぞれ紹介していきます。

 

転売ビジネス

 

 

転売ビジネスはシンプルな仕組みなので、

成果が出るのも早いです。

 

なぜなら、「安く仕入れて、高く売る」というのを

意識するだけなので難しいことを考える必要がありません。

 

収益の発生の仕組みが

シンプルなので誰もが取り組める副業の1つです。

 

またビックカメラなどの量販店やリサイクルショップまで

色々と仕入れに行くので私もやっていましたが、宝探しの

気分になってやっていてワクワクします。

 

 

転売のステップ

 

・リサイクルショップ、家電量販店に行く

・商品の相場をリサーチする

・高く売れそうな商品を購入する

・アマゾンやメルカリ、ヤフオクなどに出品する

・商品を発送する

・出品商品が売れる

・差額分が利益となる

 

というステップになってきます。

 

会社員をしながら転売で副収入を得ている人もいれば、

脱サラをして本職として人を雇いながら転売を

される方も中には存在します。

 

転売のメリットとデメリット

 

メリット

  • 仕組みがシンプルでとっつきやすい
  • 外注を雇えば自動化できる

    デメリット
     
  • 在庫を抱えて赤字になる可能性もある
  • 労働収入なのでサボると利益にならない

 

 

クラウドソーシング

 

 

クラウドソーシング系の職業はイラスト、ロゴ、

ヘッダー、名刺、記事執筆など個々のスキルを

思う存分発揮し収入を得ることが出来ます。

 

有名なのは「ランサーズ」、

「クラウドワークス」などです。

 

ここでフリーランサーとして独立し、

高単価の依頼を受けながらビジネスをされている方も

中にはいらっしゃいます。

 

FX

 

 

一時的なブームと思われたFXですが、

現在もFX会社の取引高や口座数は伸び続けており、

20~30代男性の中で投資を始めたい主婦や時間に余裕がある

退職者も新規参入しているのが今の現状です。

 

インターネット回線の発展によって、

スマホアプリでもトレードを行うことが出来るので、

通勤中、昼休憩のサラリーマンでも集中して

売買することが可能となります。

 

アフィリエイト

 

 

アフィリエイトは昔、副業の1つという扱いでしたが、

インターネットの発展によって誰でもきれいなサイトを

作ることが出来るようになりました。

 

なので個人や企業でメディアを運営し、

収入を得るための手段として現在も年間

105%~110%のペースで市場が拡大しているのが

現状です。

 

月1万円レベルであれば、

特別に難しいことはなくて

誰でも稼ぐことが出来ます。

 

昔はブラックハットと呼ばれる人為的に

アクセスを獲得するテクニックが流行りましたが、

現在はGoogleも進化しており、裏技などは

一切通用しなくなりました。

 

なので初心者でも月収1万円、5万円、10万円、

100万円と稼ぐチャンスは十分にあります。

 

 

ポイントサイト

 

 

ポイントサイトは誰でも簡単に副収入を

手にすることが出来る方法です。

 

今すぐにとりかかっても、

数千円は手にすることが可能です。

 

例えば30分の作業時間で、

1万3000円の副収入を手にする人や、

トータルで6万円の収入を手にすることが出来る、

ポイントサイトも存在します。

 

ポイントサイトで副収入を手に入れる手順

 

・ポイントサイトに登録する

・案件を探す

・案件を実行する

・収入が発生

 

という流れになります。

 

案件はいくつか種類があり、

「特定の商品を買ったらポイント発生」というものもあれば、

「無料相談のお申し込み」、「資料請求」、「無料登録」という

簡単なものがあります。

 

 

代行業

 

 

代行業には「運転代行、大掃除代行、買い物代行、

家事代行サービス、ベビーシッター、ホームヘルパー、

クレーム処理代行」など様々な代行サービスがあります。

 

様々なマッチングサイトやアプリも存在して、

苦労せずに代行業も行うことが可能となりました。

 

代行業は、代行してもらう人は「人が面倒と思うことを代わりにしてもらう仕事」で、

代行する人はその対価としてお金をもらうのでWINWINな関係で

仕事をすることが出来るのがメリットです。

 

他にも草むしりや合コン出席代行など、

ニッチな代行サービスも存在しますので

試してみてはいかがでしょうか。

 

シェアビジネス

 

 

もし空き家や空いている駐車場があるのであれば、

それを貸し出すのがシェアビジネスです。

 

ワンルーム、駐車場などの不動産は

最初は有名になりましたがその後に自動車、

自転車、服、バックなどのブランド品も

シェアすることが出来ます。

 

そのほかにも観桜ガイドやセミナー、

英会話といったサービスなども個人で

ビジネスをすることが出来るようになりました。

 

シェアビジネスのメリットとデメリット

 

メリット

・短時間でできて収入を手にすることが出来る。

 

デメリット

・シェアするものがなければビジネスを始めることが出来ない。

 

などがあります。

 

2018年最新副業

 

 

仮想通貨以外にも今まで紹介したように

様々な副業が存在します。

 

中にはゲームアプリのアカウントを転売したり、

ブログやyoutubeでゲームの攻略法を開設するなど

様々な副業が今でも存在します。

 

例えば少し前にドローンが話題になり、

「ドローンを輸入する人」、「ドローンの情報提供をする人」、

「ドローンの操作方法を教える人」などが誕生しました。

 

ただし需要が過ぎてしまえば、

稼げなくなってしまうのが副業の宿命です。

 

なので長期的な目線に立って副業に取り掛かっていくのが、

とても大事になってきます。

 

 

長期的な目線で安定的な副収入を得ることを意識する

 

 

一時期の話題になって副収入を得たり、

あまりにも簡単で誰でもできる副業はライバルも多く、

レッドオーシャンになりやすいのが特徴です。

 

なので長期的な目線にたって副収入を得るために、

私がお勧めしているものは「アフィリエイト」です。

 

アフィリエイトと言っても様々なアフィリエイトがありますが、

メディアという自分の資産をまずは持つことが

副収入を得るためにとても必要なこととなってきます。

 

なぜなら今後仮想通貨が決済サービスとして、

導入されて個人で手数料少なく決済することが可能になり、

フリーランサーとしての働き方が確実に日常的になるからです。

 

仮想通貨が浸透し、
フリーランサーとしての働き方が日常化

 

 

アメリカでは半数近くの方が会社に属することなく、

フリーランサーとして生活をしています。

 

インターネットや仮想通貨の普及によって、

会社に雇われた働き方ではなくて個人が収入を手に入れる

働き方が今後は主流となり個人でビジネスをするのが一般的な

時代に確実になっていきます。

 

日本でもフリーライターやデザイナー、

漫画家など様々なフリーランサーが登場しています。

 

その中で負けないためにメディアを運営し、

まずはビジネスの基本である集客の媒体を作っておくのです。

 

メディアを運用して集客をお金に変える

 

 

メディアを運用しておけば、

ASPのアフィリエイト、Googleのアドセンスなどや

個人商品やサービスの販売など様々な収入を手にすることが出来ます。

 

またそこで収入を確保し、

利益を出すことが出来ればヤフーやGoogleなどの

インターネット広告やフェイスブック広告など

様々な広告媒体を使って利益を拡大し、更にLINE@や

メルマガでコミュニティ化して利益を爆発することも可能です。

 

などでまずは副収入を手に入れるためにも長期的な視点をもって

自分のサイト、メディアを構築していきましょう。

関連記事

  1. 仕事に行きたくない新入社員の理由5選と5つの対策

  2. 新卒社員が会社を3か月以内に辞めてしまう理由と続けるための心構え

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。