仮想通貨マインドセット

法定通貨と仮想通貨の違い

Pocket

ミツ丸です。

 

仮想通貨の基礎知識を連日お伝えしていますが、

 

「仮想通貨の基礎知識をあまり学習していなかったので、
すごく勉強になります。」

 

「復習になって、知識の再確認が出来ました。」

このような声が思ったより多いので、
仮想通貨の基礎知識を教えていきます。

そもそも仮想通貨という存在は、
通貨や電子マネーと何が違うのか説明をできる人は
そんなにいないと私は思います。

通貨というのは、普段私たちが使っている円だったり、
海外でよく使用するドルなどがありますよね。

ではこの通貨の違いっていったい何なのでしょうか?

特徴的な違いは2つあって、

・発行主体
・発行上限

これらが大きく違ってきます。

例えば普段使っている1万円札には、

”日本銀行券”

と書いてあるので、発行主体は日本銀行となります。

 

このような通貨を法定通貨と呼び、
これに対して仮想通貨であるビットコインなどは、
発行主体というのが存在しません。

次に発行上限というのは、
法定通貨の場合はありません。

発行上限がないことで通貨供給量が
約130万倍に達して強烈なインフレを
起こした例がジンバブエです。

一方でビットコインを例に挙げると、
2100万BTCとルールが決められているので、
法定通貨との価格が乱高下するリスクはあるものの、
金融政策に影響されない特徴を持っています。

では電子マネーと仮想通貨の違いと聞かれたら、
どのように答えますか?

どちらも形が見えない通貨になるので、
同じように感じるかもしれません。

ですが、電子マネーも通貨同様に、
発行主体が存在しません。

電子真似というのは、
あくまでも円の代替となるものです。

電子マネーというのは、
店などでの支払いを想定しているものなので、
個人間でのお金のやり取りを行うことは
出来ないのです。

ですが仮想通貨は支払いも出来ますし、
個人間での送金も可能です。

金融機関を介さずとも、
自分のウォレットと呼ばれる財布で
相手のウォレットへ送金できます。

また送金に関して、銀行のように
休日は送れないというような状況はなくて、
24時間365日可能なのですが、魅力の1つです。

このように形の見えない通貨ではありますが、
中身が全く違うものだということが
理解できると思います。

仮想通貨の売買をするときに基礎知識というのは
必ず役に立ちます。

基礎知識を身に着けるということは、
仮想通貨に対して知識空間を広げて、
思考をさらに高めることにつながるので、
しっかりと基礎知識を押さえていきましょう。

関連記事

  1. 相場における大衆の真理を知る
  2. トレンドに乗るのではなく、トレンドで利益を得る
  3. 移動平均線の発展形「MACD」
  4. トレーダー心理と相場
  5. 効率的市場仮説のウソ
  6. 勝ち続けるトレーダーになるためには
  7. 仮想通貨で投資をするのにメンタルは必要ない
  8. 投資はお小遣い稼ぎじゃない!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

友だち追加
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。