仮想通貨

効率的市場仮説のウソ

Pocket

現代経済額の基本の考えの1つに、

「効率的市場仮説」というものがあるのですが、

ご存知でしょうか?

 

 

これは市場は「常に」、「全ての」情報を、

「瞬時に」織り込み、すぐに適性の価値に、

落ち着くという考え方です。

 

 

なので相場は常に均衡しており、

そこに売買によって利益を上げる機会はないと、

言われています。

 

つまりお偉い経済学者の先生たちからすると、

我々トレーダーが勝つも負けるも、

全て「運」によるものであり、

勝ち続けているトレーダーは、

単に他人よりも運がいいだけという事になります。

 

 

ですが毎日トレードをしていれば分かる事ですが、

我々トレーダーは「瞬時」に「あらゆる情報」を

「合理的」に判断することは出来ません。

 

 

中にはレートをが動き始めてから、

慌てて追跡するトレーダーもいます。

 

 

感覚でそろそろ上げてくるだろうと

判断して逆張りを仕掛けてくる者もいます。

 

 

高値掴みするものもいます。

 

テクニカルとは全く関係なく、

その通貨そのものに価値を見出して、

バリュー投資をしてくる投資家もいます。

 

 

大きく下げてくればパニックに陥り、

追随売りをしてさらに下落を加速させます。

 

 

サポートラインを割ってくれば、

集中していた損切り注文を巻き込み、

同一方向へさらに加速して下げてきます。

 

 

結果として相場は「いびつ」になり、

そのいびつな値動きにつられてトレーダーは、

ポジションを持ち、ポジションを持つことによって、

さらにそこに大きなゆがみが生じるのです。

 

 

そしてその「ゆがみ」にこそ、

我々トレーダーは活路を見出します。

 

 

株などは情報がすべて株価に反映されていないからこそ、

投資家はそういった銘柄を探してそこにバリュー投資

(現在の株価が格安なのか割高なのかを見極めて割安なら

買うという方法)の可能性があるわけです。

 

投資家は合理的な判断ができません。

適切な情報処理ができないのが投資家なのです。

 

その非効率性を活かしてリターンを求めるのが

トレードなのです。

 

では

 

なぜレートは上下するのでしょう

 

テクニカル分析とは相場の中に反復される何らかの法則性(優位性)を

見出して次に同じ現象が起こったことをサインと捉え、

トレードしようとすることです。

 

注目するライン、好きなインディケーター、使用する時間軸など

これらによって誰が見ても同じはずのチャートが、

主観が入り全く違ったものに見えてきます。

 

 

ですがここで1つの矛盾が生じます。

 

相場というのは活発に取引されなければ、

大きく動くことはありませんし、

ましてやトレンドなど築くはずもありません。

 

各トレーダーが勝手に主観によって、

チャートを分析し始めたら何も基準に大きく動いたり、

注文が集中したりするのでしょうか?

 

各自の主観で見ているはずなのに、

なぜかチャートはある一定のパターンを築くことが

多いのです。

 

ここから見えてくるのは、

各トレーダーが主観で勝手にチャートを見て、

感情に振り回されることによってレートが上下しますが、

結局群集の総意には逆らえなかった部分がトレンドとなる

ということです。

 

だからこそ、

誰もが見ているであろう誰もが追随してくるであろうポイントを

見極めることが重要でそれを見つけ出す作業こそが

テクニカル分析なのです。

 

 

チャートを分析するということ

 

というのは世間一般で出回っているテクニカル分析という名の

手法であって「あのインディケーターとこのインディケーターを表示させて、

これとあれがクロスしたらエントリーポイントで勝率が何%で・・・。」

 

というものがほとんどですが、

これはテクニカル分析では決してありませんし、

そんなことを知ったところで永遠にトレードで勝てることは

ありません。

 

では本当のテクニカル分析とは、

「何を見せるために」あるのでしょうか?

 

 

それにはまずはチャートというのを

考えなければいけません。

 

 

チャートとはもちろんその時々の

レートを時系列に記していったものなのですが、

その結果現れる形には投資家たちの行動と心理状態が

色濃く表れるのです。

 

まず意識しておかなければいけないのは、

チャートの向こう側にいるのは

現在買いポジションを持っているトレーダー、

売りポジションを持っているトレーダー、

何もしていないトレーダーの3種類の人間がいます。

 

 

買っているトレーダーは自分が買ったレートよりも、

より高いレートで売り抜こうと思っています。

 

売っているトレーダーは自分が売ったレートよりも、

より安いレートで買い戻そうと考えています。

 

何もしていないトレーダーは、

血眼で売買されているチャートを見て、

エントリーポイントを探しています。

 

 

これらをまず理解する事が

本当のチャート分析であり、

決して難しく考える必要はありません。

 

 

考え方の基本は、

「今相場がブル(強気相場)なのか、ベア(弱気相場)なのか、

それともホッグ(地を這うブタ:低迷相場)なのか」を見極める

必要があるのです。

 

ブルならば素直に買い、ベアならば売る。

 

ホッグならば様子を見て、

トレードはこれだけなのです。

 

 

あとはどこでエントリーするのか、

それは「注文が集中しやすいポイント」や、

「トレンドが上を向いた(下を向いた)と判断できるポイント」

です。

 

 

そのポイント(タイミング)の見極めを、

「手法」と呼びます。

 

 

ブルとベア、この両者の勢力が拮抗している時は、

ポジションを持たないようにしてください。

 

 

相場で勝つためにはたったこれだけなのです。

 

トレンドとは「儲ける」ためにするものです。

 

 

ありとあらゆるインディケーターを

使いこなすことが目的では決してありません。

 

 

そうやってテクニカル分析を

非常に難しく捉える人達がいますが、

おさえるべきことは

 

「群集が今どちらを向いているのか」

「どのタイミングで相場に参加してくるのか」

 

これを知るだけなのです。

関連記事

  1. インディケーターのクロスがテクニカル分析ではない

  2. トレーダー心理と相場

  3. 勝ち続けるトレーダーになるためには

  4. 仮想通貨で投資をするのにメンタルは必要ない

  5. トレード3つの性質とは?

  6. トレンドに乗るのではなく、トレンドで利益を得る

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。