仮想通貨

初心者でもわかる仮想通貨入門

Pocket

2017年の1月の仮想通貨市場は、

8万円程でした。

 

 

ですが現在2017年の12月は

一時期200万円を突破しました。

 

 

そもそも仮想通貨って何なのでしょうか?

 

私は仮想通貨はこれからの世界を変えていくものだと

思っています。

 

 

ここ最近、仮想通貨市場が急激に伸びてきていて、

ビットコインや仮想通貨って言葉を

よく耳にするようになりました。

 

何でここまで話題になっているかというと、

仮想通貨市場がバブルと言っても

過言じゃないからです。

 

 

そんな話題の仮想通貨について

出来るだけ分かりやすく説明していきます。

 

 

仮想通貨とは?

仮想通貨は正式には暗号通貨と言います。

 

 

仮想通貨を分かりやすく言うと

インターネット上にしか存在しないお金です。

 

例えば日本の1万円札や千円札のような

紙幣などのお金は実際にはこの世界に

実態ありますよね!?

 

 

れに対して

仮想通貨はインターネット上にしかありませんん。

 

 

周りのモノを考えて見ると、

電車を乗る時にチャージして改札を通る

Suicaもそうですよね。

 

実際に存在しないお金だけれども

電車に乗る事が出来ます。

 

他にもワオンやNANNACOカードも

電子マネーを使ってコンビニで商品が買えたり、

電車に乗る事が出来ますよね。

 

 

仮想通貨とはそういった

実際には存在しないけれども

インターネット上に存在するお金なんですね。

 

しかも円やドルが円安や円高になるように、

その価値は日々変動して動いていくんですね。

 

 

円やドルやユーロなど様々なお金があるように、

仮想通貨も沢山の種類(数百種類)の

仮想通貨があります。

 

 

その中で一番のシェア率があり、

人気があるのが「ビットコイン」です。

 

 

仮想通貨が人気の理由

 

皆が仮想通貨にお金をつぎ込むのは、

大きく分けて2つあります。

 

世界共通で使えるお金としてとても便利だから

 

1つ目の理由は

世界共通で使えるお金で

メチャメチャ便利だからです。

 

仮想通貨がこれからもっと普及していくと、

世界中で色々な所で仮想通貨で

支払いが出来るようになります。

 

実際に今、世界中多くの所で

仮想通貨を使えるお店が増えているという

現状です。

 

仮想通貨が色々な所で

当たり前のように使えるようになると、

わざわざ高い手数料を払って両替する必要が

一切なくなります。

 

そして仮想通貨決済はクレジットカード決済に比べて、

お店側が支払わなければいけない手数料よりもはるかに

安いです。

 

 

普通であればクレジットカードで商品を買えば、

その売り上げの3~4%を手数料としてお店側は

クレジット会社に支払わなければいけません。

 

仮想通貨決済の場合は、

お店側にかかる手数料は1%未満です。

 

 

このようにお店側としても

仮想通貨決済を導入するというのは

メリットがとても大きいのです。

 

 

海外送金手数料がはるかに安い

今から外国にお金を送ろうとしたときに、

銀行で高い手数料を払って外国送金をしなければ

いけません。

 

 

さらにお金が実際に相手の口座に着金するまでに、

何日も時間がかかります。

 

それが仮想通貨で相手に送金する場合は、

自宅のパソコンから相手の仮想通貨専用の口座に

送るだけで完結します。

 

非常に送金手数料が安く、

また長くかかっても数時間で相手のアドレスに

着金します。

 

 

このように仮想通貨は、

この社会のお金世界の不便さを解消し、

世界のお金のあり方自体を大きく変えてしまうような

可能性を大きく秘めているのです。

 

 

仮想通貨にお金を入れておくだけで稼げるから

 

そして多くの人が現在仮想通貨を買っているのは、

投機として購入しています。

 

投機とは短期的な売買によって

利益を狙おうとすることです。

 

金や紙幣などは発行するのに

限度があります。

 

 

これは仮想通貨も同じです。

 

例を挙げると、

現在美鵜っとコインは

2100枚しか発行する事が出来ません。

 

仮想通貨で稼ぐことは簡単です。

「高い時に売って安い時に購入する。」

 

たったこれだけです。

 

これが出来るのも、

ビットコインの発行枚数が限られているため、

皆がビットコインを欲しいと思えば思うほど、

ビットコインの価値は上がっていくのです。

 

 

2017年1月から仮想通貨の歴史

 

2017年は本当に「仮想通貨元年」という言葉に

相応しい1年になったと思います。

 

 

ここからは、

ビットコインなどの仮想通貨の

ブロックチェーン業界の歴史を振り返っていきます。

 

 

そして振り返って実際に今からでも

仮想通貨をした方が良いのか検証していきます。

 

 

1月~ビットコイン元年の幕開け

 

2016年末から大手取引所のビットフライヤ―が

テレビCMやYouTube広告を流し始めて、

ビットコインへの世間の注目度アップに

貢献しました。

 

 

1月4日に銀行振込みが着金するタイミングで

ビットコインの値段が15万円まで高騰し、

翌日1月5日から下落を続けて8万円台まで戻るという

大暴落がありました。

 

 

この原因は中国当局による

取引所立ち入り検査と規制発表が原因であったため、

今年は仮想通貨に取り組んでみようと考えた初心者の

厳しい洗礼を受けました。

 

 

2月~ビットコインシェア率日本が1位に

 

中国の大手取引所がマネーロンダリングの

指南をした原因でビットコインの

曳きだしを停止しました。

 

 

その原因で一時期下落が続きます。

 

ですが中国では対面でビットコインを売買する

LocalBitcoins.comの利用者が増えて、

取引所以外に交換の場が映っただけで

ビットコインを完全に禁止するのは

困難である事を見せつけました。

 

そして中国に代わって日本のビットコイン

取引高(FXを含む)のシェアが世界一となり、

そこから日本のビットコインシェア率が伸びていきます。

 

 

3月~ビットコインが金を超える

 

ビットコインの通貨単位であるBTC当たりの価格が、

金の1トロイオンス当たりの価格を上回りました。

 

 

デジタルゴールドとも呼ばれるビットコインが

ゴールドを上回って大ニュースになりました。

 

 

ですが1週間もしないついに、

期待されていたETF(金融商品)化が

SEC(アメリカ証券取引委員会)に

却下されたために3割近くも

暴落しました。

 

 

4月~ビックカメラなどでビットコインの取り扱いを開始

 

4月1日に改正資金決済法が施行されて、

日本で仮想通貨はより

お金に近い立場になりました。

 

 

5月~ビットコイン分裂問題で世間に認知が拡大する

 

ビットコインの「分裂問題」がクローズドアップされて

危機感が募りました。

 

 

そしてそれが原因で「仮想通貨」の存在と、

動向を世間も意識するようになり、

急な暴落でブログなどのネットで

盛り上がりました。

5月25日には最高値の34万円台を越えましたが、

27日には20万円台まで暴落しました。

 

 

6月~VALUプロモーション

 

6月は国内で初めてビットコインが決済以外で

使えるサービスである「VALU」が5月末日に

プロモーションされました。

これは個人のファンクラブ会員権または、

トレーディングカードのようなものを

ビットコインで売買できるSNSです。

 

 

このVALUのシステムを使って、

ビットコインを大量に調達するユーザーが現れて、

6月初旬に賛否両論が出ました。

 

VALUを始めたいために

ビットコインに触れた人もおり、

トレード目的以外の層を取り込んだ

初めての事例でした。

 

 

7月~金融庁「仮想通貨は非課税」

 

7月1日に「消費税施行令の一部を改正する政令」により、

仮想通貨は非課税となりました。

 

 

それまでは金地金のように消費者税込みだったのですが、

より貨幣に近い立場になりました。

 

「分裂問題」はビットコインコア側が提起した形で、

マイナー側であるビットコインコアからの勢力が

ビットコインキャッシュとしてスピンアウトすることになり、

ギリギリで回避されました。

 

 

8月~新通貨であるビットコインキャッシュの誕生

 

ビットコインキャッシュが8月は

誕生する月でした。

 

 

長年くすぶっていた分裂騒動が新しい

展開をみせて本家ビットコインから

れん分けするような形で

新しい通貨が誕生しました。

うまく分岐したために、

不安感で下落していたビットコインの

価格は上昇しました。

 

 

ビットコインキャッシュは、

分岐直後には中々ブロック生成されずに、

送金に使えない不安定な状態でした。

 

 

ですが持ちこたえて、

現在はスムーズに送金する事が

出来るようになっています。

 

 

9月~中国のICO禁止などで日本がさらに躍進

 

中国のICO(仮想通貨による資金調達)禁止と

主要取引所の閉鎖という二重のチャイナショックで

仮想通貨全体の時価総額が落ち込む事態がありましたが、

既に日本人が最もビットコインを買っているために、

その影響は一部しかありませんでした。

 

JPモルガンCEOダイモン氏の

「ビットコインは詐欺」という発言は注目されました。

 

そして金融界の著名人の発言は、

肯定派と否定派に分かれました。

 

 

10月~金融庁の仮想通貨交換業者登録が完了

 

金融庁の仮想通貨交換業者に

11社が登録されると9月29日に発表がありました。

 

 

初営業日の10月2日にビットフライヤ―社が

モナコインを取り扱い開始するサプライズがあり、

MONAが高騰しました。

 

 

日本は他の国に比べて

安心して仮想通貨取引所が使えるように、

世界に先駆けて法の整備が進んでいるようです。

 

 

11月~ハードフォークの乱発

 

8月にビットコインキャッシュが

ハードフォークに成功したために、

同じ方式でのフォークコインが乱発しました。

 

 

ビットコインゴールドは対応した取引所も

多かったですがビットコインプラチナに至っては、

韓国人高校生のいたずらであったというのが発覚しました。

 

 

12月ビットコイン先物がシカゴ・オプション取引所に上場

 

12月10日に米シカゴ・オプション取引所で

ビットコイン先物が上場し、

18日に米シカゴ・マーカンタイル取引所でも

上場しました。

 

 

機関投資家の参入によって、

ビットコインは新しいステージに上がったのです。

 

 

そして世間ではボーナスの時期である

12月中旬にはコインチェックが出川哲郎を起用し、

GMOコインも電車の中吊りに広告を打つなど、

日本での取引所各社が宣伝に力を入れるようになりました。

 

 

また初心者への入門書も数多く出版され、

仮想通貨はこの1年で爆発的な認知をしています。

 

 

ぶっちゃけこれから仮想通貨に参入しても儲かるのか?

 

私個人的には仮想通貨市場はまだまだ儲かる、

というか正直まだバブルは始まってすらいないと

感じています。

 

 

何故かというと、

仮想通貨は今のお金の不便さを解消し、

これからの世界のお金のあり方を大きく変える可能性を

持っているからです。

 

 

ですが残念ながらまだ仮想通貨を保有する事が、

世界中の人たちにとって当たり前の感覚ではありません。

 

 

2016年の10月~11月頃に、

仮想通貨の時価総額は1兆円を突破したというニュースを

耳にしました。

 

 

それから1年経って今では

全世界でまだ10倍の10兆円を超えているだけなのです。

 

 

10兆円の市場と聞くと確かに「すごい!」と

感じる人もいるかもしれませんが

仮想通貨がどんどん広まって、

世界共通のお金として世界中で使われることになれば、

現在の10兆円では到底収まらない金額になります。

 

 

なぜなら日本の国家予算でさえ、

約100兆円あるからです。

世界で出回っている株式や不動産などを合わせた

お金の総量が17京円くらいなのでまだまっだ0.06%程度しか

広がっていません。

 

 

仮に世界のお金の総量の1%程度まで伸びたとすれば、

その時価総額は1700兆円になります。

 

 

今の170倍の金額です。

 

そう考えるとまだまだ2018年以降も、

仮想通貨が伸びる事は間違いありません。

 

 

今はまだ仮想通貨を知らない人が多いので、

この程度の規模ですが世界中で今後仮想通貨の取引所も

増えていきます。

 

ビットコインを始めとした仮想通貨決済、

仮想通貨ATMの設置が増えていくにつれて、

仮想通貨を持つ事の利便性は高まっていきます。

 

その価値は長期的に見れば、

ますます伸びていくでしょう。

 

さらに法律も仮想通貨の事を考えられ、

様々な施行がされており、仮想通貨が使用できる

お店はますます増えていきます。

 

 

仮想通貨の今後はまだまだ明るい

仮想通貨の代表的なビットコインの最初の価格は、

0.1円でした。

 

それが2017年12月では1ビットコインが

170万円の価値がついております。

 

 

単純に計算しても

1200万倍にも価値が膨れ上がっており、

それだけ最初に比べてビットコインがお金として

信用されてきているという事なんです。

 

 

今では1ビットコインの方が、

金1グラムよりも全然価値が高いというのが

証拠です。

 

 

またビットコインだけではなくて、

他にもたくさんの仮想通貨があり、

多くの仮想通貨がたった1年以内で

何十倍と価値を上げています。

 

 

まだまだ仮想通貨は上昇トレンド

 

 

まだまだビットコインだけではなくて

他にも様々なコインが伸びしろがあります。

 

 

1日で10%以上価値が上昇している仮想通貨が

いくつかあり、たった1日で20%や30%、

100%以上価格が上がっている通貨さえあります。

 

投資をしている方ならわかると思いますが、

時価総額ランキングトップ15位内の銘柄で、

1日でこれだけ多くの通貨が10%や20%、

100%以上の価値を上げているっていうのは

めちゃめちゃすごいことです。

 

 

これって10万円分の通貨が

1日で20万円以上、100万円以上の

通貨を新しく入手した人は1日で資産が

20万円以上増えるってことです。

 

 

2016年までは仮想通貨を怪しがって

信用しない人が多かったです。

 

 

なので仮想通貨の価値は低かったのですが、

徐々に認められて沢山の人が欲しいと

思うようになってきたので色々なコインの

価値が伸びてきています。

 

 

たった3ヶ月でここまで上昇するという事は、

それだけ仮想通貨を欲しいと思って参入してくる人が

沢山増えて来ているという事です。

 

 

仮想通貨はこれから認知度がオリンピックに向けて

どんどん広がっていくので認知度が

どんどん上がっていきます。

 

 

このように話しているといい事づくしですが、

仮想通貨のリスクやデメリットを

しっかりと理解しておかなければ

自分の資産が減ってしまいます。

 

 

仮想通貨のリスクとは・・・

 

 

仮想通貨に投資をして大きな利益を上げている人は

本当に沢山います。

 

 

仮想通貨には沢山のメリットがありますが、

同じだけリスクとデメリットがあるので

注意しましょう。

 

 

それでは仮想通貨のデメリットや

リスクとは何なのでしょうか?

 

 

仮想通貨のデメリットは、

・大暴落のリスク

・取引所に仮想通貨を預けるリスク

・送金ミスのリスク

・ウォレットのパスワード紛失によるリスク

・国や政府の規制のリスク

・事件に巻き込まれるリスク

・送金詰まりのリスク(ビットコイン)

・手数料が高くなっているリスク(ビットコイン)

などがあげられます。

 

 

1つずつ説明していきます。

 

 

大暴落のリスク

 

仮想通貨で利益が大きい方はキャピタルゲインです。

 

 

仮想通貨市場はまだまだ発展途上なので、

良いニュースなどが入ると前日比が100%以上になる

通貨も沢山あります。

逆に価格が半分になってしまうケースも

あるのです。

 

 

特に上昇トレンドが急激だとその反動で

一気に暴落してしまうケースは沢山あります。

 

 

10万円の仮想通貨が、

次の日には2倍の20万円に

なってしまっている時もあれば、

逆に5万円やそれ以下になってしまっている

ケースもある事を理解しておきましょう。

 

 

取引所に仮想通貨を預けるリスク

 

取引所に購入した仮想通貨をそのまま預けておくと、

取引所がハッキングにあった時に自分の通貨が盗まれる

可能性があります。

 

 

また取引所が破綻した場合にも、

自分の資産が全てなくなってしまいます。

 

取引所は仮想通貨の売買を行う場所です。

 

日本の銀行とは違うという認識はしっかりと

持っておきましょう。

 

 

送金ミスのリスク

 

ビットコインやその他の仮想通貨を送金する時に、

それぞれ独自に割り当てられた購入アドレスで

送金します。

 

 

購入アドレスは英数のランダムなので、

手打ちで打ち込むと間違えてしまう可能性もあります。

 

 

もしアドレスを1文字でも間違えてしまうと、

取り消しが出来ないので通貨が消えてしまうことになります。

 

完全に自己責任・自己管理になるので、

アドレスは手打ちではなくしっかりと

「コピーペースト」をして間違いがないか、

「何度も見直す」という癖を付けましょう。

 

 

ウォレットのパスワード紛失によるリスク

 

ビットコインを保有しているウォレットのパスワードを

紛失してしまうとウォレットから通貨を取り出すことが

出来なくなってしまいます。

 

 

全ての仮想通貨ウォレットは自己責任になるので、

パスワードを忘れてしまったり紛失してしまっても

誰も助けてくれません。

 

 

パスワードはしっかりとバックアップを取るようにして、

厳重に保管しておきましょう。

 

 

手数料が高くなっているリスク

 

ビットコイン使用量が増えると、

送金っ詰まりと一緒に送金(取引)手数料が

高騰してしまう問題があります。

 

 

ビットコインが普及したことによって金額を

送金しても日本円で数円や1円以下しか送金手数料が

かかっていませんでしたが、

現在は数千円の手数料が必要になってきます。

 

1000円分のビットコインを送金するのに、

3000円や5000円も手数料がかかってしまうというのは

ビットコインのデメリットになります。

 

 

仮想通貨を始めるなら今すぐ始めよう

 

仮想通貨のメリットは、

「これだけ資産が何倍、何十倍と伸びる事が

期待できる割に最悪でも投資した金額しか損しない。」

という事です。

 

 

別に投資した額の何倍、

何十倍と損するリスクがあるわけではありません。

 

 

まさに本当のローリスクハイリターンの

投資案件なのです。

 

 

どんなに良い投資でも投資には

必ずリスクはあります。

 

 

そのリスクとどれだけ上手に

付き合っていけるかが資産を増やすための

マインドセットなのです。

 

 

国内取引所に上場しているような

仮想通貨はほとんどが信用ある

仮想通貨がばかりです。

 

 

なのでそれらの価値は、

どんどん伸びていくと確信しています。

 

仮想通貨が本当に一般的なお金になる

未来はもう目の前です。

 

 

まだ仮想通貨を始めていないのなら、

今からでも遅くありません。

 

 

自分の資産を正しい情報をしっかりと

受け取って増やしていきましょう。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。