仮想通貨Triggers(TRIG)

仮想通貨TRIG(トリガー)の将来性や特徴、どこで購入できる?

Pocket

ココ最近BINANCEのチャートを見ていますが、

草コインが高騰しているのをよく見かけます。

特にその中でも期待されている

Triggers(TRIG)という仮想通貨。

なんでも銃器を扱うアメリカをはじめ、

様々な国がブロックチェーンを利用して、

銃が許可された人間しか保有できない仕組みを

実現しようとしているのがTriggers(TRIG)だそうです。

 

 

またマスターノードと言われるものもあり、

色々と期待されているのでTriggers(TRIG)について

紹介していきます。

 

 

仮想通貨Triggers(TRIG)の特長とは?

 

Triggers(TRIG)は2016年の10月頃に公開された

仮想通貨でありスマートガンの安全性を支え、

 

証技術を搭載しあらかじめ設定された人や特定の人でしか

動作しない技術を用いた制度を実現させようとしている

仮想通貨です。

Blockfaceというブロックチェーンの技術で、

インターネット上で管理され、スマートガンの

セキュリティを高めるのが目的です。

 

 

仮想通貨Triggers(TRIG)のマスターノードがヤバすぎる

日本にとっては銃社会ではないので、

Triggers(TRIG)の制度は全く関係ないかもしれません。

 

なのになぜTriggers(TRIG)はこんなにも人気が

あるのでしょうか?

 

 

それは、

Triggers(TRIG)にはマスターノードと言われる

ものを持つことが出来ます。

 

 

ただしマスターノードの権利は、

1500枚以上のTriggers(TRIG)を

所持していることが条件でこれを持っていれば、

月利25%増えていくと言われています。

 

マスターノードはあなたが保持してている

Trigの25%(AMMO)を与えます。

現在のマスターノード経済では、

1500Trigをマスターノードにする必要があります。

あなたはあなたが持っているものを25%を稼いでいます。

1500×0.25=375AMMO

最新の変更を反映するために、

経済マスターテーブルのホワイトペーパーを

更新しています。

これにはマスターノードを持つ

インセンティブがあります。

以前はAMMOの価格は、

TRIGGERSの価格に結び付いていました。

AMMOはトリガーの価格の25%に

縛られていました。

私たちの変更は、

AMMOはトリガーの価格の25%に

縛られないという事です。

これは、市場の要求に応じて

GASに価格を与える事ができるNEO/GASの

モデルに似ています。

引用元:AMA on redditより

 

つまり1500TRGをTRIGのウォレットに入れておけば、

毎月375AMMOがもらえるというのです。

AMMOというのは、

TRIGを送金する時に使われる新しい通貨であり、

NEOという仮想通貨にもGASというサブ通貨がついていて、

これが現状ではNEOの40%ほどの価格になっているのです。

 

つまり単純計算でも、

375AMMO=375×40%=150TRIG相当

をもらえるので毎月10%のTRIGが

配布されます。

例えばTRIGの価格が、

100円になれば1500TRIGを持っていたら、

毎月150×1000=1万5千円入ってくるのです。

 

仮想通貨Triggers(TRIG)のマスターノードの配当が高い

 

実際にこういった配当はいくつもあるのですが、

それに比べて画像を見てもらうと分かると思うのですが、

TRIGの配当はとても高いのです。

 

だから多くの人がTRIGを購入しようと

しているのですね。

 

 

仮想通貨Triggers(TRIG)のメリット

 

さらにTriggers(TRIG)が普及することによって、

・子供の誤動作の防止

・犯罪者と格闘中の警察官が銃を

犯罪者に取られても作動しない

・未成年の自殺の防止

・銃のメンテナンスや銃の移動中の

誤作動の防止

・乱射事件、テロなどの防止

などがあります。

そしてNASA、管理者代表、

米国防総などの政府機関が注目しています。

 

 

 

仮想通貨Triggers(TRIG)の将来性

 

Triggers(TRIG)の好材料として1月に

2つの取引所に上場が決定するようです。

そして株式会社の設立、AMMOのホワイトペーパー発表、

アメリカ政府機関と試験実施中など様々な好材料があります。

 

そして3月末にウォレットがリリースされるそうで、

それ以降にマスターノードを立てられるようになります。

 

 

なのでそれまでにTRIGを買い集められる可能性は高く、

今後も徐々に伸びていくと考えられます。

 

 

3月の時点でTRIGが高騰していたら

とんでもない配当金をもらうことが出来ますよね。

ではどこでTRIGを買うことが出来るのでしょうか?

 

 

仮想通貨Triggers(TRIG)が購入できる取引所は?

 

Triggers(TRIG)を購入する事ができるのは、

Binanceで購入する事ができます。

 

 

TRIGは本当に好材料があるので、

楽しみな通貨ですね。

今後も高騰しているのを期待しています。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

友だち追加
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。