仮想通貨の種類

仮想通貨OmiseGO(OMG)の特長と将来性は?どこの取引所で購入できる?

Pocket

最近徐々に人気が出てきている

仮想通貨のOmiseGO(OMG)という

通貨があります。

 

 

オミセゴーは日本人が指揮をして開発している

仮想通貨で本拠地はバンコクに拠点を置いている

イーサリアムベースの金融決済プラットフォームです。

 

そんなオミセゴー(OMG)の特長や

将来性、どこで購入できるのか取引所情報などを

色々と調べてみました。

 

OmiseGO(OMG)の特長とは!?

 

OmiseGO(OMG)のベースはイーサリアムで作られており、

仮想通貨を生み出す事ができるプラットフォームです。

 

 

これまでにイーサリアムはEOSやTRON、

Populousなどの草コインが生まれています。

注意して欲しいのがOmiseGO(OMG)は、

コインではなくてトークンであるという事です。

 

トークンというのいは、

運営者が発行量を調整する事ができる

株式のようなものであり、市場は運営者によって

管理されます。

なので市場が乗っ取られる事が無くて

安定して使うことが出来ます。

 

 

他にもOmiseGO(OMG)はタイのマクドナルドで

決済システムと導入されるようになったりなど着実に

普及していっています。

 

そしてOmiseGO(OMG)は電子マネープロバイダーの

TueMoneyと連携して公共料金の支払いをする仕組みを

整えていっています。

これはいつでもどこでも

24時間の送金・決済をする事ができるというものです。

 

今後、OmiseGO(OMG)の決済サービスがッ導入されて

既存の決済システムが整備されていきスピーディーで

シンプルに決済が出来るようになるでしょう。

 

 

OmiseGO(OMG)の将来性

 

OmiseGO(OMG)の好材料は沢山あります。

それは

1.Omiseは色々な企業や国から信頼を得ている

⒉.インフラネットワークが開発され整備されている

3.利用者に歓迎される土壌がある

です。

 

1つずつ順番に説明していきます。

 

 

Omiseは色々な企業や国から信頼を得てい

 

 

仮想通貨オミセゴーを展開する企業である、

Omise既にアジアを中心に様々な事業を展開していて、

各国や各企業からしっかりとした信頼を勝ち取っています。

 

 

例えばタイのマクドナルドや

タイの中央銀行との話し合いにも参加したりと

活発的に活動をしているので今後の成長が楽しみですね。

 

 

OmiseGO(OMG)のインフラネットワークが開発され整備されている

 

OmiseGO(OMG)を運用していくためのインフラネットワークも

開発や整備が行われて、Omiseが開発しているインフラネットワークを

導入するだけで仮想通貨決済システムを自社に取り入れる事ができるのです。

 

例えばビットコインを決済に導入したい場合は、

自社でそのシステムを開発し試験して導入していかなければ

いけません。

 

 

これは相当な時間と手間とコストがかかってしまいます。

 

ですがOmiseGO(OMG)は

Omiseのインフラネットワークを導入するだけで

スピーディーにスムーズに決済システムをサービスを

使うことが出来るのです。

 

 

OmiseGO(OMG)は利用者に歓迎される土壌がある

 

東南アジアの人々はまだ現金の生活のみが大半であり、

銀行口座やクレジットカードを持っていない人が沢山います。

 

買い物も家賃を支払うのも、給与の受け渡しも

すべて現金でやり取りしているのです。

 

ですがOmiseGO(OMG)が普及することによって、

現金生活で生活している人々がスマホ1台で決済や

振込みを完結できるようになるのです。

 

 

OmiseGO(OMG)はどこの取引所で購入できる?

 

OmiseGO(OMG)は現在日本で購入する事が出来ません。

なので海外取引所である

・Binance

・Kucoin

のどちらかで購入するようにしましょう。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。