仮想通貨

仮想通貨FXにおいて利確も損切りも同じこと

Pocket

「利確より損切りの方が難しい」、

「損切りよりも利確の方が難しい」、

人によっていう事は色々と違ってきます。

 

ですが私の考えでは、

利確と損切りは同じもの

です。

 

これはポジションを持ち続ける理由を、

考えると分かります。

 

例えば、

ロングポジションを持ったとします。

 

そうするとそのポジションは基本設定には、

上昇方向に延びる理由が継続する限り、

持ち続けることになります。

 

そのポジションはいつ決済して利確するかというと、

当然伸びる理由がなくなったと考えられる時です。

 

ということはその時点で(伸びる理由がなくなった時点で)

利益が出ていれば利確であり損失になっていれば損切りです。

 

ただそれだけの話なのです。

 

エントリー後、思惑と違った方向にレートが

進み始めたときに、どこでポジションを

持つ理由がなくなったかを考える点はこれだけです。

 

話をすごく単純にするとある期間設定の移動平均線の

方向にポジションを持ち、その移動平均線の上にレートが

存在する限りはポジションを持ち続けるというルールがあったならば、

移動平均線をレートが割り込んできた瞬間に手仕舞いです。

 

この時に前半のように利益が出ていれば、

「利確」と言われ、結果的にトレードが損失に終われば、

「損切り」と言うだけの事です。

 

仮想通貨のレバレッジ取引をやっている時に、

何%下回った時に損切りをする人がいます。

 

別にこれ自体は悪いことではありません。

 

ですが利益を伸ばすのは相場に任せて伸ばせるところまで、

というトレードをしようとしているのであればその固定損切りは

間違っています。

 

損切りを固定で利益を伸ばすというトレードを

せざるを得ないということは損切りすべき、

トレンドの思惑方向と反対への転換が

分かっていないという事だからです。

 

なので利益の伸ばし方が理論的に分かっていれば、

それが崩れた時に利益が出ていれば利確、損失になっていれば

損切りとなるはずです。

 

もし固定の損切りにするのならば、

利確も固定の方が望ましいですね。

 

もしくは過去の勝率に照らし合わせて資金に田七衛

何%で損切り、何%で利確の方が効率的です。

 

トレードというのはその時点で利益が出ていれば、

利確。

 

損失となっていれば損切りという事が

お分かりになりましたでしょうか?

 

そこにどちらが難しいかという問題は

存在しません。

 

あるのは「損失を確定したくない」という

トータルで勝つことの意味が分かっていない

感情だけなのです。

 

損失は確定した方が勝てるのがトレードです。

 

だからこそ

 

利の伸ばし方はシンプルに

 

しなければいけません。

 

利の伸ばし方というのは、

どのトレーダーにとってもかなりの課題のようで、

書籍などを見ても明確に説明しているものはありません。

 

もっぱらメンタルに頼ったようなものが多いのが

実情です。

 

これは利確が厳密にルール化できていないから

利が伸ばせないのです。

 

もう少し詳しく説明するならば、

利確を1つの時間軸内でのへんてこな

インディケーターに頼っているから

利が伸ばせないのです。

 

利を伸ばすには実は時間軸を比較するだけです。

 

なにも難しいことはありません。

 

ある時間軸でトレードルールが成立していた場合、

そのルールが途中で上位足にも適用され始めたら、

そのまま利を伸ばしたらいいのです。

 

1時間足まっでの成立が15分足レベルで

ポジション保有中になければその15分足の方向と、

心理の一致が崩れた時点で利確しておけばいいのです。

 

もう少し分かりやすく言うと上昇局面において、

5分足の20SMAよりも上の「楽観エリア」にレートがあるときに

ポジションを持ち続けるとします。

 

ただこの20SMAより上という状態で、

当然上位足から方向が揃っていなければ

信頼性は低くなります。

 

ならば15分足と1時間足の20SMA、

5分足における60SMAと240SMAにおいても、

「楽観エリア」にある状態でかつ5分足の20SMAよりも

上野状態の時にポジションを保有していたとします。

 

途中でその状態が崩れて5分足の20SMAをレートが

割り込んできました。

 

この時15分足の20SMAの上にレートがあり、

さらに1時間足と4時間足の20SMA上で「楽観エリア」に

レートがあればそのまま15分足の20SMAの上の「楽観エリア」に

レートが存在し続ける限り利を伸ばします。

 

15分足の20SMAをレートが割り込んできたら、

今度は4時間足と日足の20SMAのということになって、

どんどん利を伸ばしていく事ができます。

 

ただしより上位足に移れば移るほど、

その移る時の戻しは時間軸に比例して大きくなりますので、

注意が必要です。

 

5分足から15分足に利を伸ばすことが出来れば、

再度1時間に利が伸びた時点で5分足でタイミングを

探る方が得策かもしれませんからね。

 

ここらへんはぜひ一度チャートに

移動平均線を表示させてご自分で考えて見てください。

 

関連記事

  1. 仮想通貨暴落から学んだ稼げる投資家と稼げない投資家の特徴とは

  2. トレーダー心理と相場

  3. 相場における大衆の真理を知る

  4. 効率的市場仮説のウソ

  5. 仮想通貨が大暴落な時こそ仮想通貨の勉強をしなければいけない

  6. 移動平均線の発展形「MACD」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。