仮想通貨

仮想通貨を購入した時の保管方法と注意点

Pocket

仮想通貨は日本円のような紙幣や

硬貨ではなく「データ」となります。

 

「データ」ということは、

ハッキングにあったり、不正出金も

されてしまう可能性があり、先日も

コインチェックが大きな被害にあって

しまいした。

 

↓↓

 元WEBライターが大企業に勝つ資産型パワーブ...
年収1000万円超えのGoogle社員がトラックで寝泊まりする真実そしてその働き方とは
https://village-alternatif.org/2018/01/27/%e3%80%90%e9%80%9f%e5%a0%b1%e3%80%91%e3%82%b3%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%81%e3%82%a7%e3%83%83%e3%82%af%e4%bc%9a%e8%a6%8b%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bd%9e%ef%bc%95%ef%bc%98%ef%bc%90%e5%84%84%e5%86%86/
どんな人でもお金稼げる方法、考え方、やり方を紹介しています。

 

こういったことにならないように、

「鍵」をいかに安全に守っていくのかが

仮想通貨資産の安全保管につながるのです。

 

この鍵を

 

1.自分で管理する

 

2.運営(第三者)が管理する

 

この2つに分かれるのです。

 

 

仮想通貨のホットウォレットとコールドウォレットの違い

 

ニュースでもホットウォレットと

コールドウォレットという言葉がちらちらと

聞こえていましたが、仮想通貨のウォレットとは

一体何でしょうか?

 

まずホットウォレットと

コールドウォレットの違いを説明していきます。

 

 

ホットウォレットとは?

 

 

まずホットウォレットとは、

「ネットワークからアクセス可能な状態にある

ウォレット」のことです。

 

これはオンラインとつながっているので、

先日のようにハッカーに狙われたり、

不正出金してしまう可能性があるのです。

 

ではホットウォレットのメリットとは

一体何でしょうか?

 

それはすぐに入出金できて、

短期的なトレードだったり、

支払いにも使うことができます。

 

ですがデメリットとして、

オンラインなので外部からも

アクセスすることができて、

自分の仮想通貨を盗まれてしまう

可能性が十分にあるのです。

 

なので昔から仮想通貨をやっている人は、

 

「ホットウォレットにには多額の

仮想通貨をおかない」というのが

仮想通貨で資産を増やすための常識となっています。

 

 

コールドウォレットとは?

 

 

ではコールドウォレットとはなんなのでしょうか?

 

コールドウォレットとは、

「必要な時にだけオンラインにして、

通常は完全にネットから遮断されて管理するウォレット」です。

 

必要な時にネットにアクセスするだけなので、

ネットからの攻撃を受けなくて済みます。

 

ですがしっかりとバックアップを取っていないと

ウイルスに感染してしまったり、パソコンが

壊れてしまって痛い目を見てしまう可能性もあります。

 

 

仮想通貨のウォレットの種類

 

ウォレットの種類は、

 

「ブラウザ経由で提供されるウェブウォレット」、

 

「PCにソフトで保管するPCウォレット」、

 

「スマートフォンのアプリで保管するスマホウォレット」、

 

「危機に保存するハードウォレット」などがあります。

 

 

ウェブウォレットとは?

 

ウェブウォレットとは、

インターネットで自分のウォレットを

開設できるサービスであり、取引所や

販売所で仮想通貨を保管するところです。

 

ブラウザやアプリで確認できるので、

簡単に管理が出来ていると思います。

 

またお金が増えていく楽しみも

見て味わうことができるので

多くの人がウェブウォレットで

保管している人が多いです。

 

ウェブウォレットのデメリット

 

ですがデメリットとして、

インターネット上のウォレットなので、

運営元のセキュリティによって

盗まれる可能性や取引所が

潰れてしまう可能性もあります。

 

なのである程度の資産を長期保管する場合は、

必ずウォレットに預けることをお勧めします。

 

PCウォレットとは?

 

PCウォレットとは、

パソコンにウォレットのソフトを

インストールしてネット接続をしない

状態で保管できるので比較的に安全だと

言われています。

 

ですがソフトのインストールや、

ブロックチェーンとの同期までに

結構な時間がかかったり手間があります。

 

 

PCウォレットのメリット

 

PCウォレットのメリットは、

ウェブウォレットよりも安全度が高くて、

設定も難しくありません。

 

そしてオフラインで長期保存するので

安全ですが手間だったり、ブロックチェーンサイズ(65GB)を

最初に保存しないといけないので、かなりの時間が

かかります。

 

 

PCウォレットのデメリット

 

PCウォレットのデメリットは、

パソコン自体がウイルスにかかってしまったり、

壊れた時のためにバックアップが必要となります。

 

そして先ほど話しましたが、

最初のデータの同期に時間がとてもかかります。

 

 

ハードウォレットとは?

 

 

ハードウォレットとは、

ビットコインやほかの仮想通貨を

保存しておくことができる端末です。

 

専用の端末で保存するので、

ハッカーなどから狙われることも

ありませんし、ハッカーなどの侵入者から

盗まれるリスクもありません。

 

ただしまだまだ使い方が簡単ではないので、

初心者の方や機械が苦手な方は

難しい可能性があります。

 

ハードウォレットのメリット

 

ハードウォレットのメリットは、

PCウォレットと違って小型で持ち運びに

便利なところです。

 

仮想通貨の長期保管に向いており、

セキュリティが一番高いのが

特徴です。

 

 

ハードウォレットのデメリット

 

ですが、ハードウォレット自体が、

壊れる可能性もあるので、

必ずバックアップは

取っておくようにしましょう。

 

またハードウォレットは海外の商品なので、

購入後のサポートは海外とのやり取りになります。

 

なのである程度、有名な

所で購入しないと壊れているか可能性や、

ハッキングされやすい可能性もあるので、

しっかりとしたネットショップで

購入するようにしましょう。

 

 

NEMウォレットは?

 

 

NEM(ネム)には公式のPCに

インストールするためのウォレットと

スマホアプリ版ウォレットを

使うことができます。

 

PC版のウォレットはインストールするのに、

それほど難しくはなく、数ステップで導入が

可能です。

 

そしてバックアップも取ることができるので、

パソコンが壊れたり、紛失してしまう際に

復帰することもできます。

 

 

NEMウォレットのメリット

 

NEM(ネム)ウォレットのメリットは、

取引所に保管するよりも安全で設定も難しくなく、

オフラインでNEM(ネム)を長期保存するのに

おすすめです。

 

またNEM(NEM)をウォレットに入れているだけで、

ハーベスト(マイニング)にも参加することができます。

 

 

NEMウォレットのデメリット

 

NEM(ネム)ウォレットのデメリットとしては、

パソコン自体が壊れてしまった場合、

バックアップを取っていないとせっかく

預けていたお金が全てなくなってしまうことです。

 

 

イーサリアムウォレットとは?

 

 

イーサリアムには公式のイーサリアムウォレットである

「Mist」というものがついています。

 

これはビットコインの公式ウォレットと一緒で、

最初のブロック同期に非常に時間がかかってしまい、

パソコンに負荷がかかってしまいます。

 

そこで今イーサリアムを保管するときに

PCウォレットで使われているのが、

MyEtherウォレットです。

 

これは最初にウェブウォレットを作成した

ゲートハブからPC版をダウンロードして、

PCウォレットとして利用する方法になります。

 

MyEtherウォレットは日本語化もされているので

英語が苦手な方や機械が苦手な方でも

手が付きやすいのが特徴です。

 

 

イーサリアムウォレットのメリット

 

MyEtherウォレットのメリットは、

取り引き所に保管するよりも安全性が高くて、

設定もそんなに難しくありません。

 

そしてオフラインで長期保有するのに

向いているPCウォレットです。

 

 

イーサリアムウォレットのデメリット

 

ですが、

PC版をインストールする必要があるのと、

ウイルス対策やバックアップは必ず

取っておくようにしましょう。

 

 

購入した仮想通貨の保存基準の決め方とは?

 

 

ある程度、どのアルトコインが

伸びあがるのか予想がつき、

資産がある人は短期トレードを

お勧めします。

 

なのでそうした場合は、

色々な取引所に仮想通貨を入れておいて、

どんな時でもすぐに仮想通貨を

動かせるようにしておくと思います。

 

ですが

多くの人は短期トレードで勝ち越せるほど

技術や情報が入ってきません。

 

なのでテクニカルの分析になると思いますが、

それもファンダで一瞬にして変わってしまうことも

あります。

 

なので精神衛生上の問題や、

まだまだ市場が伸びあがっている時期なので、

ガチホにしている方が多いと思います。

 

なのでそうした場合は、

必ずウォレットに入れておきましょう。

 

 

短期に売買する通貨は取引所へ

 

短期取引の売買をする場合は、

1日に何回もすることもあれば数日に

何回も取り引きすることがあります。

 

その都度、ウォレットから

仮想通貨を移動するとその度に

送信手数料がかかります。

 

例えばXEMの送信手数料は、

15NEMで約450円の取引料がかかります。

 

これだと安心はできますが、

何度も繰り返していると

中々高いコストになってきます。

 

それにトランザクションのタイミングによっては、

「今買いたい」、「今売らなければやばい。」という

タイミングにすぐに移動できないリスクも出てきます。

 

なので短期取引する場合は、

危険ですがいつでも動かせるように、

取引所に置いておきましょう。

 

1.中長期に売買する通貨はウォレット保管

 

逆に長期取引になる場合、

1年、2年と仮想通貨を保存しておく場合は、

今回のことのように何が起こるかわかりません。

 

なので必ずウォレットに保存しておいて、

秘密鍵をかけておきましょう。

 

 

絶対に安全というのはないのでリスク分散保管がおすすめ

 

仮想通貨はまだまだセキュリティが完全に安全とは

言い切れません。

 

なので様々なウォレットや取引所にしっかりと

リスク分散をしておくことをお勧めします。

 

 

仮想通貨のさらに安全に保管するためには

 

仮想通貨は今後も確実に伸びていく市場です。

 

ですがまだまだ日本円などのように、

全てが整備されたものではなく、

まだまだ発展途上の市場となっています。

 

だからこそ自己管理をしっかりとして、

安全に管理・保存しなければいけないのです。

 

例えばスマホが壊れた、

パソコンが壊れたとなってしまった場合も

大いにあります。

 

間違えて誰かに送金してしまった。

 

ということもあるわけです。

 

そんなことがないように

あなたには仮想通貨を安全に

管理していくために覚えて欲しいことがあります。

 

 

取引所のパスワードを統一しない

 

仮想通貨取引を行っているのであれば、

何個もの取引所を口座開設している人は

中にはたくさんいるかもしれません。

 

ですがログインIDと

パスワードを同じにすると、

もしハッカーにパスワードを盗み見られた場合、

全ての取引所の口座にアクセスできてしまいます。

 

なので必ずパスワードを

使いまわさないようにしましょう。

 

もちろん、ウォレットの

パスワードも必ず分けておくようにしましょう。

 

 

二段階認証は必ず設定する

 

そして取引所のIDとパスワードを

分けただけではセキュリティを強化したとは

言えません。

 

必ず取引所に二段階認証を設定して、

セキュリティを高めておくようにしましょう。

 

バックアップは必ず定期的にとる

 

 

そしてもし、ウォレットで保管する場合は、

必ずパソコンが紛失してしまったり、

壊れてしまった場合に備えて必ずバックアップを

とるようにしておいてください。

 

バックアップさえ取っておけば、

復元することで保存している仮想通貨を

復帰することができます。

 

秘密鍵は絶対にインターネット上にメモしなくて保管する

 

そしてもしウォレットに保管をするなら、

絶対に秘密鍵を人に教えないように島用。

 

もちろんパソコンやインターネットの

メモ帳に保存をしていても絶対にダメです。

 

誰もが知らないように

必ず厳重保管するように

しておいてくださいね。

 

仮想通貨を楽しむためには

まずは少額から買ってみて実際に取引して、

送金して保管することです。

 

そうすることで仮想通貨の難しさも、

楽しさも、わかるのでぜひ自分で

いろいろと調べてチャレンジしてみてくださいね。

 

関連記事

  1. デスクトップウォレットで仮想通貨を保管する方法

  2. モバイルウォレットでスマホを使って仮想通貨を保管する方法

  3. ウェブウォレットって何?ウェブウォレットの仮想通貨運用方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。