仮想通貨テクニカル分析

仮想通貨のテクニカル分析で利益を上げるためにはひたすら考える

Pocket

トレードに限らず物事の上達には、

「考える」という作業が不可欠です。

 

ただ反復作業を繰り返していて上達するものというのは、

その物事自体が反復作業でしかない場合だけです。

 

例えば流れ作業ですね。

 

それですら考える事によって、

考えないよりもはるかに早く上達する事ができます。

 

単純ではない物事において、

本気で上達しようと思うならば必ず

「考える」ことが必要です。

 

特にトレードのように「心理状態」が大きく左右するものは、

この「考える」という作業を経る事によって「腑に落ちる」という

状態になる事ができます。

 

「腑に落ちる」ことによって、

初めてトレーダーはその方法を自信をもって、

使用する事ができるのです。

 

そしてその状態のトレーダーのことを

「メンタルが強い」トレーダーと呼ばれるのです。

 

そして大事なのは、

テクニカル分析は万能ではない

 

ということです。

 

 

テクニカル分析を使用するにあたって

頭に入れておいてほしいことがあります。

 

テクニカル分析を使う上で大切なことは

テクニカル分析は万能ではないことを知ること

です。

 

どうしてもテクニカル分析を万能と考えてしまうと、

どのような相場でもテクニカルで何とか答えを出そうとしています。

 

ですがテクニカル分析の能力を高めていったからといって、

相場の全てに答えを出せるというわけではありません。

 

 

そうではなくてこれらのことで判断がつかない時は、

トレードをしない。

 

というのが大事になってきます。

 

判断がつかないところかというのは、

他のトレーダーも迷ってそれが値動きに

表れているものです。

 

そういう意味ではテクニカル分析は

万能かもしれません。

 

テクニカル分析で目指すところは、

 

わからないところがどこなのか?がわかるようになる

 

ことです。

 

エントリーポイントを沢山見つけ出そうとし始めると、

テクニカル分析で全てを解明しようとしてしまいます。

 

これが行き過ぎると相場はインディケーターで

動いているように見えてしまいます。

 

値動きがあって初めてインディケーターの動きは、

決定されるものということを忘れてしまいます。

 

インディケーターというのは、

「クロスでエントリーポイントを見る」だけで考えずに、

常にそれを使用して何を見たいのか、何を表現したいのかを

考えるモノなのです。

 

テクニカル分析とは、

あくまでも現在の「値動き」を分析するものであって、

まずは最初に「値動きありき」と考えなければいけません。

 

ラインも同じです。

 

ただ何となく引くのではなくて、

注文が集中していそうな所を考えながら

引かなければいけません。

 

これができなければチャートをラインだらけにして、

使い方も分からないインディケーターでデコレートし、

ただ最適値を求めて新しい手法を求め続けるだけの

勝てないトレーダーとなってしまいます。

 

手法うんぬんよりもちゃんと相場環境を分析する

能力があるのかどうか?

 

ここをちゃんとしておかないと優れた手法を手に入れたところで、

それが優れているのかどうかすらわかりません。

 

「踊っているトレーダーんお手法を手に入れさえすれば

そして同じインディケーターを同じ設定で使用しさえすれば勝てる」

 

これは幻想以外の何物でもありません。

 

手法以前にその手法を使えるところを選び抜く能力、

相場を分析する能力、そして現在相場がどのような状況に

あるのかを判断する力が必要なのです。

関連記事

  1. 勝ち続けるトレーダーになるためには
  2. 趣味を仕事に!ホリエモンから学ぶ起業するための4つの法則
  3. ビットバンクトレード(bitbank Trade)の評価と実際に…
  4. 移動平均線の発展形「MACD」
  5. 仮想通貨で投資をするのにメンタルは必要ない
  6. トレーダー心理と相場
  7. 仮想通貨でテクニカル分析を行う重要性
  8. 投資はお小遣い稼ぎじゃない!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

友だち追加
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。