仮想通貨

トレード3つの性質とは?

Pocket

トレードはトレンド系指標(ラインも含む)、

オシレーター系指標、そして「時間軸」の組み合わせの

3つの指標があります。

 

そしてこの時間軸ですが単一の時間軸だけを見ると、

上昇を示していたとしてももっと上位足(長い時間軸)を見ると

下落であったりします。

 

ここでトレードの「待ち方」をまとめていきます。

 

非常に重要ですので分かったつもりになって

流さずに腑に落ちるまで何度も何度も読み返してくださいね。

 

トレードの待ち方

 

まず買いを準備するパターンは、

長期が上げていて短期が下げているパターンです。

 

そして逆のパターンである売りの準備は、

長期が下げていて短期が上げているパターンです。

 

何も出来ないパターンは、

長期が上げていて短期も上げている場合と、

長期が下げていて短期も下げている場合です。

 

これが時間軸から見た正しい待ち方です。

 

 

そしてその中でトレンド系の指標や、

ダウ理論が指し示す方向にのみトレードしてください。

 

さらにその方向とオシレーターが示す投資心理、

それらが一致している間だけポジションを保有してください。

 

こうやって書くと

ほとんどトレードする所がないように感じますし、

確かにエントリーチャンスは減ると思います。

 

ですがトレード自体のリスクは格段に減る事になり、

さらに利益が伸ばしやすいのです。

 

つまりリスクに対してのリワードの高い

トレードを行うことが出来るようになります。

 

そしてリスクを出来るだけ排除して、

リワードを最大限得るというのは投資における

基本です。

 

なので

トレードは「待つ」ことが出来る方が

勝てるのです。

 

そして大事なのは

トレードは損切りから考える

という事です。

 

これは一体どういうことなのでしょうか?

 

多くのトレーダーはひたすら絶妙の

エントリーポイントを探そうとしています。

 

エントリーをしたら出来るだけすぐに動くところで、

勝率の高い所や出来るだけ損切りしなくて良いところなど、

確実に勝てる魔法を探して結局負けへと落ちていきます。

 

 

つまり頭に

「損切りをしたくない」という思いと、

「相場は予測できるはずだ」という

考えがどこかにあるのです。

 

トレードで勝つということは、

ひたすら勝率を挙げて絶妙のタイミングで

エントリーできるサインを知ることではありません。

 

そうではなくて

資金をコンスタントに増やすこと

がトレードで勝つという事です。

 

ここに勝てるトレーダーと勝てないトレーダーとの

大きな差があるのです。

 

勝てないトレーダーは相場に魔法があると

信じています。

 

勝てるトレーダーは相場は丁寧に損切りすることこそ、

勝つための魔法だと知っています。

 

相場というのは先は誰にも分りませんし、

いくら優れた手段であってもいくら高勝率を謳う手法であっても、

次の瞬間の勝率は予想できません。

 

だから勝率のみに裏打ちされたような、

バックテストの結果だけ良かったような手法は

信じることは出来ません。

 

 

勝率は調整できないものです。

 

ならば私たちに出来ることは、

リスクは極力排除し、リワードは出来るだけ

大きくする。

 

これしかないのです。

 

さらに言うのであれば期待できる値幅(リワード)は、

あくまでも「期待値」であって確定したわけではありません。

 

つまりリワードも非常に不安定であり、

かつ不確定なものなのです。

 

という事はこちら側(トレーダー側)で、

「確実に」調整できるのは「損切り」だけなのです。

 

損切りだけが唯一こちらで確定させることが出来て、

それ以外は非常に不確定であるにも関わらず

勝てないトレーダーはその損失を確定させる行為を

嫌がります。

 

それでは勝てなくて当たり前です。

 

そしてテクニカル的なモノ以外まで

含めるならばもう一つトレーダー側で

操作できることがあります。

 

それは自分自身の「資金管理」です。

 

これも相場の如何に関わらず私たちの

手の内にあります。

 

ところが勝てないトレーダーは

これもいい加減にする傾向にあるのです。

 

典型的なのが

負けたから枚数を増やして取り返そうとする

というスタンスです。

 

負けて資金が減ったのならば、

当然枚数は減らすべきべきです。

 

次に勝てる保証は相場にはありませんし、

「勝ち」は操作できません。

 

それなのに枚数を増やす。

 

次に負けたらさらに枚数を増やす。

 

複利で負けを増やして、

やっていることはナンピンと全く一緒です。

 

損切りが出来ないから資金管理がいい加減で、

操作できる側を無視して操作できない側に夢を見る

これも勝てないトレーダーの特徴です。

 

「損失は限定、利益は最大化」

「負けたら枚数を減らす、増えたらそれに合わせて枚数も増やす」

 

これをしっかりと守るだけでトレードの業績は、

劇的に変わるはずです。

 

ぜひ意識してやってみて下さい。

 

関連記事

  1. 仮想通貨のテクニカル分析で利益を上げるためにはひたすら考える

  2. 移動平均線の発展形「MACD」

  3. 相場における大衆の真理を知る

  4. 仮想通貨FXにおいて利確も損切りも同じこと

  5. トレンドに乗るのではなく、トレンドで利益を得る

  6. 仮想通貨暴落から学んだ稼げる投資家と稼げない投資家の特徴とは

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。