ダウ理論

ダウ理論の本質

Pocket

今回はダウ理論の

本質を紹介していきます。

 

 

ダウ理論とはFXでよく使われているものですが、

チャートを見て取引をするときに大事になってくる法則です。

 

ダウ理論は6つの法則がありますが、

その中で3つの法則に絞って紹介していきます。

 

ダウ理論3つの法則とは

 

1.相場には3種類のトレドがある

2.トレンドは出来高でも確認されなければいけない

3.明確な反転シグナルが発生するまでトレドは継続する

 

この3つの法則が、

実際にトレードする際にとても重要になってきます。

 

1つずつ分かりやすく紹介していきます。

 

長期・中期・短期の時間軸いによるトレンド

 

まずは1つ目は、

トレンドには長期・中期・短期という3つのトレンドが

あるという事です。

 

相場人は色々な時間軸を見ている

トレーダーや投資家がいるのです。

 

 

長期の時間軸で投資をしているトレードは、

簡単にはポジションを解消しません。

 

中期の時間軸ではある程度相場に勢いがなくなった時点で、

決済をします。

 

そして中期でポジションをとるトレーダーの

「決済注文」が長期のん流れの中に押し目を作ります。

 

最後に短規足でトレードする人達は、

中期のトレーダーが作ったトレンドの中に

押し目を作る方法です。

 

 

 

トレンドは出来高でも確認が必要

 

2つ目の「出来高」というのは、

いわば投資家の実際に起こしたアクションです。

 

より多くのトレーダーが売買しているという事であり、

特に大相場ではこの出来高が跳ね上がります。

 

そして過熱しきると

レートが下がってくる前に出来高は下がります。

 

 

出来高が下がってきているのに、

見た目のレートは上げているため、

素人のにわかトレーダーが買いに走ります。

 

根拠も何もなくてただ上げているから買ってしまうのが、

バブルが居であり素人の天井掴みであってその頃に

プロの投資家はすでに手仕舞っています。

 

 

この状態を良く表現しているのが、

オシレーターです。

 

オシレーターは出来高と動きが

とてもよく似ています。

 

なので、

トレンドはオシレーターでも確認されなければいけない

ということです。

 

そしてダウ理論の3つ目は、

明確な反転シグナルが発生するまでトレンドは継続する

 

ということです。

 

これはダウ理論ではとても有名であり、

しかもただ単にそのような現象があると、

「暗記」するのではなくてなぜそのような動きを

してなぜそれが有名なのかを「理解」しなければ

様々な方q地に変化する相場において

実際に使える知識とは成り得ません。

 

 

まず相場というのは過去のレートや相場状況からしか

今後のトレードの判断はできないわけです。

 

そのために過去のチャート上における節目節目は、

イヤでも注目されてそして注文が集中します。

 

例えばこのチャートでは下げ続けていた相場から、

上昇へと転換していく所を示しています。

 

 

オレンジ色で書いている所で、

過去のレートの高値(抵抗線)に突き当たり、

売りが買いを上回り(より下の価格で売買が成立し)、

超えてくると思う投資家よりもここまでと思ってしまう

投資家の方が多くて値を下げてきます。(下げトレンドの継続)

 

 

下落途中に前回の高値を越えていないわけなので、

オレンジ線の手前でまだ下げを継続していると思う、

トレーダーも多いので最初の緑丸の所まで下げてきます。

 

下げてくるにつれて今度は長期筋の投資家が

ポジションを買い増し始めて買いが売りを上回って

再び上昇をし始めます。

 

これで上昇ダウを築くためのベースが出来ます。

 

そして緑丸を通り過ぎた後に

前回の高値であるオレンジ線の高値ポジションを

超えるかどうかが焦点となってきます。

 

 

そのために高値ポジションを持っていた

トレーダーの中で「一度決済しておこう派」によって、

少し戻すような動きが多々見られます。

 

この時に長期トレーダーと高値を越えたら、

(ブレイクアウト)ポジションを持とうとする

トレーダーが高値ラインの上に指値注文を集中して

入れているのが特徴です。

 

 

さらに最初の高値ポイイントでまだ

トレンドは下げと判断したトレーダー達の

損切りの買い注文も集中しています。

 

高値ポイントのレートを抜けると、

これらの注文を一気に巻き込んでレートが

上昇しています。

 

これを狙いに行くのがいわゆる

「ブレイクアウト」手法なのですが、

このブレイクアウトを「高値を越えたから・・・」という

理由だけで使用しているトレーダーが大勢います。

 

高値を越えたからと言って

いちいちブレイクアウトだと思って

エントリーしていたら勝率は著しく

悪いものとなるはずです。

 

あくまでも、

注文が集中するポイントを見極めてこそ

有効な手法なのです。

 

長期のオシレーターも同方向に上げており、

さらに短期の方向とオシレーターも上方向で

一致すると一気に抜けてくることが多いのも特徴です。

 

そして2つ目の山(高値レート)で再び、

過去のレートに影響されて決済(売り注文)が

集中してレートが一時期的に戻ります。

 

もちろん影響されるラインが見当たらなければ、

息の長いトレンドになることもあります。

 

エリオット波動理論の第3波に

相当する部分です。

 

ここで言う「影響されるライン」というのは、

注文が集中しそうなラインの事です。

 

この時に前回の高値ポイントのラインで

抵抗線になっていたところが今度は支持線に変わることが

多いわけですが、このラインを下に割ってきた場合、

2つ目の高値ポイントで買いポジションを持った

トレーダー達の損切り注文を巻き込むことが多いために、

深めの押し目となる場合があるのです。

 

なので薄緑丸のラインの少し上には、

逆張り買い注文が多く入っています。

 

そのために2つ目の高値ポイントから、

薄緑丸のポイントへとレートが下げてくる

途中に買い注文が入る事によって下げが減速し、

その減速した動きを見てさらに買い注文が入ります。

 

そうして流れは再度薄緑丸ポイントから、

濃緑丸ポイントへと上を向き始めるのです。

 

 

また最初の高値ポイントのラインを

抵抗線として考える投資家が多いために

新たな買い増しポイントとして注目されて、

支えられたとみるやいなや買い注文が集中してくるのです。

 

この動きもトレンドを継続させる

力になっています。

 

このように大衆の心理を考えてダウ理論を用いて

テクニカル分析を行えばどのように

トレンドラインが動いていくのかある程度予測が出来ます。

 

これは経験値が溜まっていくので、

ぜひ本気でトレードしたい人は実践してみましょう。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

友だち追加
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。