仮想通貨の種類

イーサリアムに力を入れている理由

Pocket

私が暗号通貨の中で一番力を入れているのは、

イーサリアムです。

 

 

イーサリアムに力を入れている理由の1つが、

「スマートコントラクト」です。

 

 

もしかしたら、

 

「スマートコントラクト」って何?

 

という方も沢山いるかもしれません。

 

 

スマートコントラクトとは、

取引で行われる契約を自動的に実行、保存していく機能です。

 

 

ビットコインは暗号通貨として、

決済に使えてブロックチェーン上で

取引情報を記録します。

 

 

 

ですがイーサリアムは誰にいつ送金したのかといった

契約内容まで記録管理しています。

 

 

取り引きで行われる全ての契約内容は、

分散型ネットワークであるブロックチェーンに

書き込まれますので世界中の誰もがいつでも

内容を精査・監査する事が出来ます。

 

もちろん不特定多数の人の目に

常時さらされることで偽造、改ざんは困難です。

 

そのために非常に信頼性の高いシステムなのです。

 

例えば、

ビットコインのように決済通貨としての価値だけじゃなくて、

中央機関を介さずに契約内容を自動執行出来て

管理も出来るようになります。

 

 

それによって用途が色々と広がり、

法人の契約も行政の記録も

全部管理できるようになるのです。

 

 

保険や車を購入する時の面倒な照明や契約が、

ブロックチェーンの記録で完結出来るようになるという事です。

 

 

人の仕事は確実に減っていきますし、

スマートコントラクトの世界をもし

実現出来るようになったら世界が変わります。

 

 

革命的なイノベーションになりうる可能性

 

もあります。

 

これが投資家や一流企業がイーサリアムに

興味を示している所なのです。

 

 

また仮想通貨ヘッジファンドである

ポリチェーン・キャピタルの

オラフ・カールソンウィー最高経営責任者(CEO)が

「イーサリアムの価値は2018年末までに

ビットコインを上回る可能性がある」

と発言しています。

 

 

その理由としては

イーサリアムは資金に恵まれた

有機的な開発者であるエコシステムで、

開発が迅速であるためとしています。

 

この発言を契機に、

イーサリアムの買い需要も

増したと想定できます。

 

 

さらにICO需要のさらなる拡大や、

4段階のアップデートなどまだまだ

イーサリアムが上がっていく好材料は

沢山あります。

 

 

これからイーサリアムがどのように飛躍していくのか、

とても楽しみです。

関連記事

  1. 仮想通貨TRON(TRX)の将来性や2018年の動向は?

  2. 【今後の主流】ホリエモンも投資したイーサリアム(ETH)とは?

  3. ダークフォースのネム(NEM)が急高騰!ネム(NEM)の特徴や今後の動…

  4. NEO(ネオ)とはどんな仮想通貨?今後の将来性があるのか調べてみた

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。