仮想通貨ニュース

【速報】コインチェック会見まとめ~580億円が流出。出金停止、社長会見~

Pocket

仮想通貨取引サイトである

「Coincheck」を運営する

コインチェックは1月26日、

都内で会見を開き、不正アクセスによって

NEM(ネム)総額580億円が流出していたことを

認めました。

 

 

コインチェックのNEM(ネム)が不正流出

 

 

最初はコインチェックで「NEM」の入金制限が

15時頃に起こり。そのあとにNEMの売買や出金が

一時停止となりました。

 

 

現在は日本円も含めて

取り扱い通貨をすべて出金を一時停止する

事態となっています。

 

記者会見の話では

ホットウォレットで管理していたNEM(ネム)

580億円が引き出されてしまいました。

 

ホットウォレットのメリットは、

素早く指揮に動画できるというのがあるのですが、

常時ネットワークに接続された環境であることで

不正アクセスによって第三者に送金されてしまう

可能性がありました。

 

反対にコールドウォレットは、

送金が手軽ではないですが、鍵の管理をすることで

安全に保管できるという方法もあったのですが、

同社は技術開発が間に合いませんでした。

 

 

コインチェック事象発生から現在の状況

 

 

発生したのは

 

1月26日 02:57頃:事象の発生

1月26日 11:25頃:当社にて異常を検知

1月26日 12:07頃:NEMの入金一時停止についての告知

1月26日 12:38頃:NMEの売買一時停止についての告知

1月26日 12:52頃:NEMの出金一時停止についての告知

1月26日 16:33頃:JPYを含め、全ての取り扱い通貨の

出金一時停止についての告知

 

1月26日 17:23頃:BTC以外(オルトコイン)の

売買の一時停止について告知

 

1月26日 18:50頃:クレジットカード、ペイジー、

コンビニ入金一時停止について告知

 

となっています。

 

原因については現在も究明中だそうで、

日本円も含めてその他の通貨に同様の

事象は確認されていないそうです。

 

コインチェックの記者会見まとめ

 

26日の夜にコインチェックは記者会見を

開きました。

 

コインチェックの記者会見をまとめると、

 

質問1:被害総額は?

 

回答1:NEM(ネム)が5億2千万(約580億円)

 

質問2:ネム以外の通貨のハッキングは?

 

回答2:今のところはネム以外は確認されていない

 

質問2:流出した顧客のネムの保証は?

 

回答3:現状検討中、ネムか円で保証するかも未定

 

質問4:ネムはマルチシグ対応していたか?

 

回答4:ロードマップにもあり、対応しようとはしていたが

間に合わずに未実装だった、さらにはホットウォレットだった。

 

質問5:他の通貨は?

 

回答5:ビットコインはコールドウォレットでマルチシグ対応、

イーサリアムはコールとウォレットでマルチシグ非対応

 

質問6:入出金や売買の一時停止はいつ解除される?

 

回答6:顧客の安全が確保されるまでは解除できない、

なお現在はビットコイン売買以外の再開はすべて未定。

 

質問7:ハッキング通信元は国内か海外か

 

回答7:現在調査中、盗まれた時刻などの記録はすべて残っている

 

質問8:対応しているビットコイン決済についてはどうなる?

 

回答8:今のところ中止する予定はないが詳しくは未定

 

質問9:事業は継続できるのか?(倒産しないのか?)

 

回答9:継続をしていく方法を検討中

 

質問9:セキュリティは外注か?

 

回答9:全て内部開発、人数は全社員80名のうち約40名が開発で

その人数でセキュリティも管理している。

 

と質疑応答がされました。

 

 

仮想通貨の今後の将来性

 

仮想通貨取引所はザイフやコインチェックなどの

有名な取引所が不正出金だったり、不正流出、取引売買などが

行われています。

 

なので今後はあまり有名でない取引所にも

分散投資をするかコールドウォレットに入れておくように

徹底的にセキュリティに注意して仮想通貨を運用していく必要があります。

 

まだまだ課題は山積みですが

もし仮想通貨が進化していけば確実にお金という概念が

変わるのでしっかりと情報収集することに徹底しましょう。

関連記事

  1. 【出川哲郎もとばっちり】コインチェック580億円分の 仮想通貨が流出!…

  2. コインチェックの巨額流出!金融庁が改善命令を下す

  3. コインチェック2月13日から日本円の出金を再開

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。