MyEtherWallet(マイイーサウォレット)

【初心者必見】MyEtherWallet(マイイーサウォレット)の登録方法と使い方を解説

Pocket

2017年は仮想通貨元年と呼ばれる年でしたが、

2018年はICO元年と呼ばれ、仮想通貨のICOに

投資して億り人を目指そうとしている人が、

多い年となりました。

 

そのためICOの情報が、

ネットで沢山出ており、

興味を持っている方も多いのでは

無いのでしょうか?

 

特にこれからはイーサリアムが

流行っていくのでイーサリアムで

トークンを発行するのが主流になっています。

 

そこで使うのが取引所ではなくて、

ウォレットです。

 

イーサリアムのウォレットと言えば、

MyEtherWallet(マイイーサウォレット)です。

 

今回はMyEtherWallet(マイイーサウォレット)の登録方法、

使い方やトークンの受け取り方について紹介していきます。

 

MyEtherWallert(マイイーサウォレット)とは

 

MyEtherWallet(マイイーサウォレット)はイーサリアムや

イーサリアムのトークンであるERC20トークンを保管する事ができる

ウォレットです。

 

MyEtherWallet(マイイーサウォレット)は専用の

ウォレットがない仮想通貨の保管場所なんですね。

 

なので今後、ICOをやろうと考えているのであれば、

必ず必需品となっていきますので、今のうちに

マスターしておきましょう。

 

MyEtherWallert(マイイーサウォレット)の登録方法

 

まずはマイイーサウォレットにアクセスします。

 

マイイーサウォレットはこちら

 

1.MyEtherWallert(マイイーサウォレット)にアクセス

 

2.「お財布の作成」をクリック

 

3.「強固なパスワードをを入力」に自分が作った9文字以上の

パスワードを入力してください。

 

4.「お財布の作成」をクリック

 

5.次のページで「Keystore/JSONあるいは秘密鍵を保管してください。」

と表示されるので「ダウンロード Keystore ファイル(UTC/JSON)」をクリックします。

 

これは後でウォレットを開くためのカギにもなるので、

PCの中で必ず分かるように保管してください。

 

下の英文を見ても「これを紛失するとウォレットは回復しない」、

「誰とも共有しないでください。」、「バックアップを必ず作ってください。」

と書かれています。

 

7.ダウンロードしたら、「理解出できました、続けます。」をクリックします。

8.次のページでは秘密鍵が表示されるので、

必ずメモをするか印刷して保管しておくようにしましょう。

この秘密鍵はマイイーサウォレットを開くための

鍵になります。

 

つまり、銀行のカードと暗証番号が

ワンセットになったようなものです。

 

なので誰にも渡さないでください。

 

そして誰にも教えないでください。

 

この秘密鍵が知られてしまうと、

ウォレットの中身は全て盗まれてしまうので

気を付けましょう。

 

9.最後に「アドレスを保管してください⇒」をクリックします。

 

これでMyEtherWallert(マイイーサウォレット)の

作成は完了です。

 

それでは次にMyEtherWallert(マイイーサウォレット)の

使い方について紹介していきます。

 

MyEtherWallert(マイイーサウォレット)の使い方

 

まずはMyEtherWallert(マイイーサウォレット)にログインします。

 

ログイン方法は

 

1.「Keystoreファイル(UTC/JSON)」を選択します。

 

2.お財布ファイルを選択して、先ほどダウンロードした

秘密鍵ファイルを選択します。

 

そして最初に決めた9文字以上のパスワードを入力します。

 

3.最後にアンロックを選択すればログインが

完了します。

もしそのファイルをなくしてしまった、

もしくは嫌なのであれば先ほどメモした

秘密鍵を入力して開けるようにしましょう。

 

秘密鍵で開ける方法

 

秘密鍵で開ける方法は、

 

1.秘密鍵を選択します。

 

2.点線の中に保管してある秘密鍵を入力、またはペーストします。

 

3.アンロックを選択すればログインが完了します。

 

 

次はMyEtherWallert(マイイーサウォレット)の画面の

見方を説明していきます。

 

MyEtherWallert(マイイーサウォレット)の画面の見方

 

こちらがログイン時のトップページにです。

 

この画面では「ウォレットのアドレス」、「イーサリアム保有数(アカウント残高)」、

「仮想通貨の保有数(トークン残高)」を確認する事ができます。

 

トークン残高とはイーサリアム以外のトークンの残高が表示されます。

 

トークンの受け取り方

 

こちらの”Show All Tokens”をクリックすると、

マイイーサウォレットで扱える仮想通貨の一覧を

確認する事ができます。

 

ICOなどで特別なトークンを受け取る場合は、

「カスタムトークンを追加」をクリックして、

受け取りたいトークンを選択する事ができます。

 

このようにMyEtherWallert(マイイーサウォレット)では、

イーサリアム以外の多くのトークンをウォレット一つで

管理する事ができます。

カスタムトークンを追加する方法

 

特別なトークンを追加したい場合は、

「カスタムトークンを追加」で設定します。

 

カスタムトークンを追加をクリックし、

追加したいトークンアドレス、シンボル、桁数を入力し、

「保存する」をクリックすれば完了します。

 

※トークンアドレス、シンボル、桁数はICOが公式で

指定されたものを入力してください。

ホームページで確認する事ができます。

 

 

特にICOの場合は、

トークン配布時に、メールなどでこの

3つの項目を埋める暗号が送られてくるので

その通りに入力して「保存する」をクリックします。

 

そうすることでMEWに新しいトークンが表示されるようになって、

ICOで購入した分のトークンもいずれ反映されることになります。

 

それでは次に入金・出金の方法です。

 

MyEtherWallert(マイイーサウォレット)の送金方法

 

入金はTOPページに表示されている0xの「自分のアドレス」宛てに

送金するだけです。

 

ETHと他のトークンが、

1つのアドレスで管理できるのでとても便利です。

 

MyEtherWallert(マイイーサウォレット)の出金方法

 

出金方法は、上部バーの「Ether/トークンの放出」をクリックします。

 

そしてもう一度秘密鍵の入力を求められるので、

入力してアンロックしてください。

 

すると上の画像のように表示されるので、

送金したいアドレスと量・通貨の種類を選択してください。

 

ガスリミットはICOの場合、指示があるケースがあるけど、

指示がなければ何もいじらない方が良いです。

 

そして「トランザクションの生成」をクリックして、

その後に表示されてくる「トランザクションの放出」を

クリックすれば送金が完了します。

 

因みにガスリミットとは、

イーサリアムやトークンを送金する際の送金手数料です。

 

これを多く設定すれば早く着金しますし、

少なすぎると着金が遅れてしまいます。

 

基本的に21000ガスなので、

そのままでOKですが、ICOでガス量の指定がある場合は、

その値を入力してください。

 

ガスは手数料としてETHの残高から引き落とされます。

 

まとめ

 

これまでマイイーサウォレットについて

紹介してきました。

 

マイイーサウォレットは、

イーサリアムだけではなくて

多くのトークンにも対応しており、

ペーパーウォレットで保存する事ができるので、

取引所に預けておくよりもセキュリティは

安全です。

 

ICOやイーサリアムを長期保存したいときは、

利用するに越したことがありません。

 

ICO元年と言われる2018年は、

さらにマイイーサウォレットの利用者数が

増えていくでしょう。

 

マイイーサウォレットはこちら

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

友だち追加
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。