仮想通貨の種類

【今後の主流】ホリエモンも投資したイーサリアム(ETH)とは?

Pocket

2018年に入ってイーサリアムが、

10万円を突破しましたね。

 

イーサリアムは有名なアルトコインという事もあり、

名前だけでも聞いたことがある人というのは、

多いんじゃないでしょうか。

 

ですが、

「イーサリアムとはどんなものか?」と

聞かれて答えられる人は少ないかもしれません。

 

そこでイーサリアムに関して初心者でも分かりやすく、

簡潔に解説していきます。

 

イーサリアムとは?

 

イーサリアムとはアルトコインの1つである

仮想通貨です。

 

仮想通貨は現在約750種類以上あると言われていて、

その中で圧倒的なトップの時価総額を誇り続けている

のがビットコインです。

 

そしてそのビットコインに続き、

アルトコインの中で常に2位、3位の時価総額を

誇っているのがイーサリアム(ETH)です。

 

 

イーサリアムやリップルと常に2番手を争っている

次世代型アルトコインです。

 

因みにイーサリアムは正式名称ではなくて、

「イーサリアムプロジェクト」というプロジェクトを

実行しようとしている組織の事を指しています。

 

その「イーサリアムプロジェクト」で使われている

仮想通貨の事を「イーサー」というのです。

 

「イーサリアムってのは、

ビットコインよりも新しい仮想通貨」と覚えておいてくださいね。

 

ではビットコインとイーサリアムでは

何が違うんでしょうか?

イーサリアムとビットコインの違いとは?

 

イーサリアムとビットコインでは、

何が実際に違うのでしょうか?

 

ビットコインとイーサリアムは、

基本的には同じ構造となっています。

 

ブロックチェーンが使われていたり、

P2Pシステムを採用していたり、マイニングがあったり。

 

ですがビットコインは、

取引履歴をブロックチェーン上に追記していく

という事に対してイーサリアムは、

取引履歴だけではなくて契約(スマートコントラクト)も

追記していくという違いがあります。

 

そもそも

 

スマートコントラクトって何?

 

と思う方が沢山いるかもしれません。

 

スマートコントラクトとは、

「賢い契約」という意味です。

 

じゃあスマートコントラクトがあると、

何が便利なのか説明していきます。

 

具体例を出すとビットコインの場合、

A君がB君に1000円貸すために送金したとします。

 

A君はB君に「●月●日にお金返してねと約束」します。

 

そして次にB君はA君に1000円を返しました。

その時にブロックチェーンで残る取引履歴は、

 

・A君からB君に1000円送金

・次の日にB君からA君に1000円送金

 

の2つだけの情報です。

 

A君がB君に「●月●日にお金返してね。」

という約束である契約情報のブロックチェーンは

記載されないのです。

 

ですが、

イーサリアムの場合は「A君からB君に1000円送金した」、

「次の日、B君からA君に1000円送金された」という

取引の履歴だけでなくさらに、

 

A君がB君からお金を返してもらうという約束

 

もブロックチェーン上に記載されるのです。

 

なのでA君とB君の約束もブロックチェーン上に

記載されているので第三者の介入

(この場合例えば約束を見守るC君的な役割)の

必要なく契約が守られているという仕組みになっています。

 

つまりしっかりとデータの改ざんが無くて、

保証されるってことですね。

 

取引履歴だけではなくて、

「契約」の改ざんだったり、消滅も防ごうというのが、

イーサリアムの発想なのです。

元来はこのような契約の保証は、

その内容に応じて金融機関や裁判所などの中央機関によって、

時間とコストがどうしてもかかっていました。

ですがイーサリアムはその契約にかかる費用をも

なくしているのでビットコインよりも優秀な仮想通貨なのです。

 

それでは実際にイーサリアムの上がり方は

どのような上がり方になっているのでしょうか?

 

イーサリアムの価格変動は?

 

 

2017年の3月には2000円だった価格が、

12月には50000円を超えて、2018年の1月には

10万円を超えています。

 

しかも今後は

 

2018年のイーサリアムは20万円になる

 

とも言われています。

 

 

この統計は「ザ・エコノミー・フォーキャスト・エージェンシー」という

投資サイトが今後のイーサリアムについて予想したサイトです。

 

EFA(経済予測機関)は金融市場予測に

特化した機関であり仮想通貨が今後どのようにして

変化していくのか予想しました。

予測のための情報材料として、

既存の取引データや数学的アルゴリズム、統計データ、

市場指標などがあげられます。

予測した内容というのは、

2018年から丸々4年間分のデータを

1ヶ月ごとに予測したものになっており、

とても興味深い内容になります。

2018年のイーサリアムの将来性

 

1月 87,010円
2月 100,980円
3月 101,090円
4月 84,920円
5月 98,560円
6月 82,830円
7月 96,030円
8月 111,430円
9月 129,250円
10月 149,930円
11月 173,910円
12月 201,740円

 

となっています。

 

 

2018年のイーサリアムの今後を分析してみた

 

まず初めにイーサリアムの1月の予測が、

887010円だというのに現在1月7日では、

100000円を超えています。

 

という事は12月になって200%の上昇率を見せており、

今すぐにイーサリアムを購入したほうが今後、

イーサリアムが高騰して暴落しても利益が確定しているので、

気が楽ですよね。

 

また2018年の年末までには、

200000円を突破すると言われていますが、

おそらく夏までには200000円はいくのではないのでしょうか?

 

今後イーサリアムがさらに認知されていき、

FXや株などをやっている投資家、一般ユーザーも

イーサリアムを購入すればさらにイーサリアムが価格変動の

基軸になっていくことで多くの人がこの価格予想に乗っ取った

行動をするようになるでしょう。

 

ここまでイーサリアムの今後の市場予測を示し、

その価格予測を大幅に超えてきました。

 

仮想通貨はそういった未知なる可能性を秘めており、

早め早めに購入しておけば利益になる事は間違いありません。

 

今後イーサリアムが大高騰するように願いながら、

仮想通貨の勉強に励んでみてください。

関連記事

  1. ダークフォースのネム(NEM)が急高騰!ネム(NEM)の特徴や今後の動…

  2. NEO(ネオ)とはどんな仮想通貨?今後の将来性があるのか調べてみた

  3. 仮想通貨TRON(TRX)の将来性や2018年の動向は?

  4. イーサリアムに力を入れている理由

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。