REQ

【REQ】最近高騰しているRequest Network(リクエストネットワーク)の将来性について調べてみた

Pocket

今回は最近徐々に高騰を見せている仮想通貨の

REQ(Request Network)についていろいろと調べてみました。

 

Request Network(リクエストネットワーク)とは

 

 

Request Network(リクエストネットワーク)とは2017年の8月31日に

公開された比較的新しい仮想通貨であり、イーサリアム上に構築された

分散型ネットワークです。

 

 

なので誰でもどこでも支払いを要求することが出来て、

第三者に関与することなく安全な方法で支払いをすることが出来ます。

 

 

現在は仮想通貨の時価総額ランキングで

80位に位置しており、1REQは29円となっております。

 

特徴としては、

・オンライン決済に対応

・請求書の発行や共有が出来る

・監査と会計の自動化が可能

・IoTへの応用も出来る

という決済サービスとしての将来性が

楽しみな通貨となっています。

 

 

では1つずつ見ていきます。

 

 

オンライン決済に対応

まずRequest Networkで実現可能なのが、

オンライン決済です。

 

Paypalやクレジットカード等の代わりに、

Request Networkを応用したオンライン決済が

可能となります。

 

取引を行う受け取り側と送金側である両者の

銀行情報を共有することなくイーサリアム上の

独自のアプリを用いて決済をワンクリックですることが

可能となります。

 

 

なので今後、

Paypalやクレジットカード会社を介さないことで

手数料を大きく削減出来て、実現すると多くの企業が、

その恩恵を受けることが出来ます。

 

なので今後期待されているのです。

 

請求書の発行や共有

 

Request Networkを使用した取引は、

ブロックチェーン上に保存されるために、

これを請求書としても扱う事ができます。

 

 

これからは紙の請求書ではなくて、

ブロックチェーン上での管理となるために、

そこでもコスト削減につながると考えられているのです。

 

またこの機能によりリアルタイムで課金することが出来て、

スマートコントラクトを使用した税金の支払いや

延滞金、前払金などの「先払い条件の処理」も出来るようになります。

 

 

監査と会計の自動化

 

Request Networkが保存する請求書は監査や

会計サービスの際に使用する固有のデータソースです。

 

なのでスマートコントラクトの機能によって、

この会計と監査も自動的でかつリアルタイムで行う事が

出来るようになり人的リソースや時間の大幅な削減につながります。

 

 

IoTへの応用

IoTとはモノがインターネットにアクセスできる

電子機器です。

 

例えばテレビや冷蔵庫がインターネットにアクセスして

自動的に録画されたり開いたりすることが出来ます。

 

 

そしてRequest Networkでの自動決済・支払の請求の機能を

IoTにも応用することが可能になります。

 

 

第3者を挟むことなく、

サービスの料金を請求することが可能になり、

ユーザーにとってもサービスを提供する企業としても

便利になっていくので今後Request Networkは多くの

企業から期待されているのです。

 

 

Request Network(リクエストネットワーク)のメリットは?

 

 

Request Network(リクエストネットワーク)のメリットとしては、

いくつかあるので紹介していきます。

 

まずは安価であり、財務情報を共有しないので、

より安全に取引をすることが出来ます。

 

さらに受取人アプリと支払人アプリのブロックチェーンの

相互運用性により支払いが簡単になります。

 

そしてリクエストネットワークは

透明性があるので公共団体やNGO団体などの

予算の使い道をどのよう使っているのかが

明確に分かります。

 

 

不明確だと予算を無駄遣いされているという事もあるので、

Request Networkのような簡単でオープンなやり方のような

ブロックチェーンが今後は期待されているのです。

 

 

Request Network(リクエストネットワーク)の将来性

 

Request Networkは2014年から世界50か国で銀行業務を

展開しており、オランダに本社がある「ING銀行」と

スタートアップセラレーター周南尾「Y Combinator」の

支援を受けており、大きな期待を受けている仮想通貨です。

 

 

Request Networkのシステム自体は非常に優れており、

後はどこか大手のECサイトなどが支払い手段として

採用するようになれば一気にRequest Networkの価値は

跳ね上がります。

 

 

例えば大手のアマゾンとかアリババとかがRequest Networkの

支払いシステムを導入すれば一気に暴騰しそうですね。

 

私としては今後も伸びしろがあり、

安全性もある通貨なので早めに長期保有していた方が

良いのではないのでしょうか?

 

どこの取引所でRequest Network(リクエストネットワーク)が買えるのか?

 

Request Networkを購入したいと思ったときに

どこで購入すれば良いのでしょうか?

 

まだ日本の取引所ではRequest Networkは扱っていないので、

海外取引所に国内取引所からビットコインで

送金する必要があります。

海外取引所でRequest Networkを

購入できる場所は、

・Binance

・qucoin

・Liqui

などが扱っています。

 

 

私のおすすめは世界一取引量が多い

Binanceがおススメです。

 

なぜなら他のマイナーな仮想通貨での購入も考えると、

シンプルで閉鎖するリスクがないからです。

 

 

将来性があるとはいえ、

マイナーな仮想通貨であるからこそ、

余剰資金で投資をしていきましょう。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP