仮想通貨取引所ランキング

【徹底比較】仮想通貨の取引所おすすめ5選

Pocket

ビットコインが1月6日の時点で

また200万円付近まで増えてきました。

 

 

これは12月に決算でビットコインを売った人が、

再度買っている証拠ですよね。

 

仮想通貨の中でも一番人気のある、

ビットコインは去年の1年間は

価格が14倍に跳ね上がり、

時価総額も約20兆円を超えました。

 

 

ビットコインの取引が開始された時を遡ると、

その値段は日本円で「1BTC =6円」(2010年8月)です。

 

 

それが今では日本円で「1BTC=約130万円」となっているので、

単純計算しても8年足らずで約22万倍にも増えています。

 

 

例えば1000円分のビットコインをその時に預けていたら、

約2200万円になっているわけですからね。

 

 

この勢いは今が天井ではなくて、

「2020年までビットコインは日本円で約60万円まで上がる。」とも

言われています。

 

 

その証拠に日本で既にビットコインを取り扱える

取引所は14社以上もあるのです。

 

大手であるSBIグループ、GMOグループも、

仮想通貨業界に参入したことによって

さらに話題になっていくでしょう。

 

 

そう言われると

どこの取引所でビットコインを買えばいいのか

分からない・・・。

という方もいると思います。

 

なので分かりやすくその取引所はどんな人に

おすすめの取り引き所でメリットやデメリットを

それぞれお伝えしていこうと思います。

 

ぜひ参考にしてみてください。

でもそもそも

 

仮想通貨取引所って?

 

と思われている方もたくさんいると思うので、

まずは取引所からお話していきます。

取引所とは仮想通貨を「買いたい人」「売りたい人」

マッチングさせる仲介サービスをしている機関です。

 

「仮想通貨を買いたい!」と思っている人と、

「仮想通貨を売りたい!」と思っている人をつなげる、

プラットフォームになります。

仮想通貨取引所には、

「取引所」「販売所」があります。

 

 

取引所は仮想通貨を「売りたい人」と「買いたい人」を

マッチングさせる場所です。

 

ですが売ってくれる人がいないと取引が成立しないので、

どの値段で買いたいのか相場をしっかりと確認し、

「出来るだけ安く買ってなるべく高く売る」事を

心がけましょう。

 

 

「販売所」とは売りたい人から買うのではなくて、

「ビットフライヤーやコインチェックなどが保有している

仮想通貨を買う場所」になります。

 

 

売り手がいなので、

取引所に比べて早く購入することが出来ますが、

取引所が提示している値段で購入しなければいけないので、

割高になってしまうのがデメリットです。

 

なので多くの人は、

取引所でなるべく安く買っている

というのが今の現状です。

 

ではどのようにして、

仮想通貨取引所を選べばいいのでしょうか?

 

仮想通貨取引所の選び方

 

仮想通貨を購入するために、

取引所を選ぶ重要なポイントが、

4つあります。

1.手数料の安さ

2.安全性の高さ

3.使いやすさ

4.取引銘柄の豊富さ

です。

 

それぞれ説明していきます。

 

 

取引所の手数料の安さ

仮想通貨を売買したり、

送金すると必ず手数料がかかってきます。

 

この手数料がどれだけ安いかが、

まずは重要なポイントです。

 

もしかしたら手数料って、

「たった数十円、数百円くらいじゃん。」

と考えている方もいらっしゃるかもしれませんが、

手数料は取引する数%とかという形になっています。

 

 

もし100万円のお金でビットコインを買った場合、

数千円となり何回も取引すると数万円にもなっているので、

結構な金額となってくるのです。

 

なのでまず重要なのは、

手数料の安さというのを覚えておきましょう。

 

 

安全性の高さ

 

仮想通貨を取引所に預けるという事は、

銀行にお金を預けているのと同じことです。

 

 

「自分自身の資産を扱う」というのがあるので、

安全な取引所を選ばなければいけません。

 

資産をしっかりと管理するために、

取引所だけではなくて「ウォレット」というものを

使えばより安全性を高めるのでずっと保有したい場合は、

ウォレットに入れるようにしましょう。

 

 

使いやすさ

 

次に大事なのは使いやすさです。

仮想通貨を取引するのもPCでやるというより、

スマホでサクサクっと取引したいでしょう。

 

 

ほとんどの取引所は、

仮想通貨を取引するために、

スマホアプリを出していますがその中でも

ユーザーフェイス(見やすさ)が良い方がいいですよね。

 

例えばコインチェックやビットフライヤーの

アプリだとこんな感じになります。

 

 

日本でも有名な取引所で、

見やすいですよね。

 

 

取扱銘柄の豊富さ

 

仮想通貨で最も有名なのが、

ビットコインです。

 

他にもイーサリアムやリップルなどがありますが、

全体の50%以上がビットコインで扱われています。

 

 

なのでビットコインだけではなくて、

イーサリアムやリップル、リスクなど

取扱銘柄が豊富なのが取引所で選ぶ重要なポイントです。

 

それでは早速取引所を

紹介していきます。

 

仮想通貨取引所一覧

 

 

 

取引所名 手数料 取扱銘柄 入金方法
bitFlyer 0.01% Btc

Bch

Eth

Mona

銀行振込

コンビニ

ペイジー

クレジットカード

Coincheck 0円 Btc

Bch

Eth

Etc

Fct

Xrp

銀行振込

コンビニ

ペイジー

クレジットカード

Zaif -0.01% Btc

Eth

Bch

Xem

Mona

銀行振込

コンビニ

クレジットカード

Bitbank.cc 0円 Btc

Bch

Eth

Xrp

Ltc

Mona

銀行振込
BITPOINT 0円 Btc

Bch

Eth

銀行振込
GMOコイン 0円 Btc

Bch

Eth

Ltc

銀行振込

ペイジー

 

おすすめ仮想通貨取引所は?

 

結局どこがおススメなのか、

どのようなメリットがあるのか一つずつ

紹介していきます。

 

 

1位Coincheck

 

Coincheckは取引所としてだけではなくて、

ビットコイン決済サービスである

「coincheck payment」やビットコインで

電気を支払うことが出来る「coincheckでんき」、

仮想通貨を貸し付けすることで最大年間5%の利回りがもらえる、

「仮仮想通貨サービス」など色々なサービスを展開しています。

 

 

スマホアプリもとてもシンプルで使いやすく、

全くの初心者でも困る事が無く、取り扱い銘柄も多いので

まず初めて仮想通貨を始めたい人はCoincheckに登録するのが、

おススメです。

 

 

 

 

そしてアカウント開設から取引画面まで、

とにかく分かりやすく口座開設も10分かからずに、

すぐに終わります。

 

色またコインチェックとビットフライヤーは、

国内取引所として初の

「不正ログインに対しての損失を

最大100万円まで保証してくれるようになりました!」

 

とにかく簡単で安心で色々な仮想通貨を取引したいという方は、

Coincheckの口座開設をしましょう。

 

 

2位Zaif(ザイフ)

 

Zaif(ザイフ)は2015年3月4日に設立された

取扱所で「ホリエモン」が監修した取引所になります。

 

ビットフライヤーよりも認知度はすくないですが、

取引手数料がマイナスという魅力が強いです。

 

 

取引手数料っていうのは、

マイナスというのは取引すればするだけ手数料を

もらう事ができます。

 

 

ただマイナスに出来るのは「本人認証」まで

クリアして初めて手数料がマイナスになるので

早めに口座開設をして「本人認証」まで済ませましょう。

 

登録から入金、購入まで最短5分で行えて、

手軽に仮想通貨の取引を行う事が出来ます。

 

あと地味にうれしいのが銀行口座から

毎月固定額を自動引き落とす形で

希望の金額を積み立てることが出来る

「Zaifコイン積立」というサービスです。

 

買付けは自動的でタイミングをはかったり、

取引所の注文を管理したりという手間はかかりません。

 

さらにZaifでしか買えない独自トークンも

多数あります。

 

 

これらのオリジナルトークンは、

まだまだ価格が安いが故に今後爆発的な

価格上昇が見込めるかもしれません。

 

Zaifを使う人にお勧めなのは、

・頻繁に売買する人

・積立てのイメージで取引したい人

 

となります。

 

 

3位bitFlyer(ビットフライヤー)

 

ビットフライヤーは2014年の1月に

日本で初めて設立されたビットコインの取引所になります。

 

元祖仮想通貨取引所ですね。

 

 

リクルートやGMOインターネットで、

様々な大手企業が出資していることで有名で、

日本の取引所の中ではトップクラスの資本力がある

取引所になります。

 

 

資本力が大きいという事は、

私たちユーザーにとって1番の安心材料では

ないのでしょうか?

 

そして豊富な取引銘柄の種類があり、

ログインするだけで毎日ビットコインが

プレゼントされるというキャンペーンも不定期に

開催されています。

 

ビットフライヤーでは確認資料の種類や

数登録によって色々なランク分けが行われています。

 

 

「スタンバイクラス」、「エコノミークラス」、

「プレミアムエコノミー」、「エグゼクティブエコノミー」、

「ビジネスクラス」とランクによって日本円での入出金ができたり、

1日の最大取引金額が変わるなど出来ることに違いがあります。

 

 

「プレミアムエコノミー」よりも上のランクでは、

「bitFlyer Ligthning」でFXのようにレバレッジをかけた

売買をすることも出来ます。

 

 

資金が無くてもレバレッジ取引が出来て、

テクニカル分析ができる人はガンガンと

レバレッジをかけて資金を増やすことが出来ます。

 

さらに最近では価格が上昇している、

Monaコインやライトコインなど、

色々なアルトコインにも対応してきたので、

使いやすくなっています。

 

 

その他の特徴としては、

ネットショッピングや無料キャンペーンに応募して、

ビットコインを貯めるとすぐに現金に交換することが出来る、

「ビットコインをもらう」というものもあり、お小遣い稼ぎが

出来たりもします。

 

おすすめな人は、

・とにかく安心してビットコインを取引したい人

・お得にビットコインを取引したい人

がおススメです。

 

 

4位GMOコイン

 

GMOコインは日本のネット企業大手である

「GMOインターネットグループ」の傘下である

「GMO-GMOコイン株式会社」が運営する

仮想通貨取引所です。

 

 

2017年の5月31日に出来たばかりですが、

セキュリティ面での分割管理補償があったり、

取引手数料が無料だったりとするのが最大の特徴です。

 

2017年の11月からイーサリアム、ライトコイン、

ビットコインキャッシュに対応し始めて、

「今後も順次拡大予定」です。

 

 

GMOコインの最大の特徴は、

レバレッジ取引であるビットコインFXでは

業界最大の「25倍」というレバレッジをかけることができるので、

ハイリスクハイリターンな取引を楽しみたい人は、

GMOコインがおススメです。

 

 

ですがビットコインFXはリスクも伴ってくるので、

素人は手を出さないことをお勧めします。

 

 

おすすめな人は、

・仮想通貨取引を少資産でガンガンと利益を上げたい人

です。

 

5位BITPoint(ビットポイント)

 

BITPoint(ビットポイント)は、2016年3月3日から

サービスの提供を開始している仮想通貨取引所が、

BITPoint(ビットポイント)です。

 

 

運営元は株式会社ビットポイントジャパンがやっており、

資本金は22億7000万円とかなり多いですし、

親会社は東証マザーズ上場の株式会社Remixpoint(リミックスポイント)と

いうこともあり、経営面での信頼度はコインチェックなどの

新興会社よりも高いと言えます。

 

 

2017年ではあまりメジャーな取引所ではありませんが、

「仮想通貨交換業者」にしっかりと登録が完了しており、

安心して利用することが可能です。

 

さらにBITPoint(ビットポイント)の特徴として、

・扱っている通貨は3種類

・仮想通貨交換業者に登録済み

・MetaTrade(メタトレーダー4)を

ビットポイントFX取引専用ツールとして採用

・コールドウォレット、マルチシグによる

最高水準のセキュリティ対策

・スマートフォンアプリもあるのでいつでも

トレード可能

という特徴があります。

 

 

まだまだ仮想通貨は始まったばかりであり、

お金を預けておくだけでいくらでも資産を

増やすことが出来る市場になります。

 

一番良いのは全ての取引所に登録して

何が起こっても大丈夫なように

色々な所に分散投資しておくのがおススメです。

 

 

仮想通貨を勉強して自分の資産を

増やしていってください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP