現物取引とレバレッジ取引

Pocket

仮想通貨を始め、

ビットコインを運用すると2つの取引が出来ます。


 

それは現物取引とレバレッジ取引です。


 

現物取引はお金を支払って、

ビットコインなどの仮想通貨を買って自分で所有できます。

 

レバレッジ取引は、

お金がなくても自己資金よりも大きな金額の取引が出来ますが、

ビットコインなどを自分のモノにする事は出来ません。


 

最終的には反対売買(決済)して終了します。

 

今日あなたに教える事は、

レバレッジ取引の最大値(最大レバレッジ)について、

取引所ごとに比較していきます。


 

レバレッジ取引には3種類の取引があります。


 

それがFX、信用取引、先物取引です。


 

レバレッジ取引が出来るサービスは?

 

レバレッジ取引とは、

先ほど話したように、FX、信用取引、先物取引の3種類があります。


 

ではそれぞれのサービスを取り扱っている、

取引所を紹介していきます。


 

・ビットフライヤ―:

FX、先物(2種類)

 

・コインチェック:

信用取引、レバレッジ取引(2種類)

 

・ビットバンクトレード:

先物

 

・ビットポイント:

レバレッジ取引、FX(2種類)

 

・GMOコイン:

FX

 

・ザイフ:

信用取引、先物(2種類)


 

これらは全てレバレッジを使った取引が出来ます。


 

では取引の仕組みは全て同じなのでしょうか?


 

実際にその取引の仕組みを確認してみましょう。


 

レバレッジを利かせた取引の違いとは?

 

レバレッジを利かせた取引と言えば、

FX(外国為替証拠金取引)、信用取引、先物取引と、

3つあります。


 

それぞれの違いについて、

紹介していきます。

 

FX(外国為替証拠金)取引

 

FXと言えば外国為替証拠金取引と分かります。


 

この場合は顧客から見て、

取引の相手方はFX業者になります。


 

取引に際してお金をFX業者から、

借りるわけにはいきません。


 

なので差金決済です。

 

証拠金取引について詳しくは、

こちらをご覧下さい。


 

仮想通貨の証拠金取引(FX)で短期資産運用方法は?

 

 

信用取引

 

信用取引と言えば、

株取引を想像する方が多いでしょう。


 

この場合、

顧客から見て取引の相手は他の市場参加者です。


 

売買に際して資金や株式などを、

あらかじめ借りる取引を指します。


 

もしかしたらFXよ信用取引の違いが、

あまりよく分からないかもしれませんので、

詳しく説明します。


 

信用取引の場合、

資金または株式などを借ります。


 

そしてそれを使って売買します。


 

例えば、

信用買いをする場合は証券金融会社から、

融資を受けて買うことになります。


 

融資なので返済期限はもちろんあります。


 

中には返済期限がないという取引もあります。

 

一方でFXの場合は、

取引に際してFX業者からお金を借りて、

自分のものにするわけではありません。


 

FX業者の手元にある資金をそのまま使って、

売買します。


 

信用取引と違って、

融資ではないので返済期限は一切関係ありません。


 

そして取引開始と終了時の差額だけ、

資金をやり取りします。


 

これを差金決済と言います。


 

先物取引

 

一般的には日経平均先物を指すことが多いでしょう。


 

この場合ですと、

顧客から見て取引の相手方は他の市場参加者になります。


 

先物取引とは、

特定の期日に特定の商品などを特定の金額で、

売買するという約束の事です。

 

今は資金がないけれど、

1ヶ月後には資金があったとします。

 

そしてその資金を使って、

日経平均先物を買いたいと考えたとします。


 

ですが今はお金がないから買えません。


 

そこで、「1ヶ月後には日経平均株価を××円で買うよ。」という、

契約をして買います。


 

これを先物取引と言います。


 

1ヶ月後には価格が急騰していても、

約束した値段で買えますから利益になります。


 

その逆なら損になってしまうのです。

 

FX、信用取引、先物の違いがトレードにどのように影響するのか?


 

まずFX、信用取引、先物の共通点からお話していきます。


 

FX、信用取引、先物の類似点とは?

 

3つの類似点は沢山ありますが、

「入金額よりも大きな金額の取引をする事が出来る。」、

これが共通点です。


 

現物取引の場合、

手元資金が10万円ならば取引可能額も10万円です。


 

ですがレバレッジを利かせた場合、

10万円よりも大きな額で取引可能です。


 

手元資金の何倍までも取引をする事が出来るのが、

ビットコインの取引設定が違ってきます。


 

FX、信用取引、先物の相違点とは?

 

ではFX、信用取引、先物の相違点は何でしょうか?


 

そもそもこの3つは違う取引方法なので、

様々な点で相違点があります。


 

私たちユーザーから見てこのなる点に絞って、

見ていきましょう。

 

相違点1:取引期限

 

レバレッジ取引でビットコインを買ったとします。


 

その買ったビットコインを決済しないで、

そのまま持ち続ける事が出来るのでしょうか?


 

1.FX型・・・期限なし

 

2.信用取引・・・返済期限あり

 

3.先物型・・・限月(げんげつ)で決済


 

詳しく見ていきましょう。


 

FX型の場合

 

FX型はいつでもビットコインを保有可能です。


 

取引開始日に決済しても良いですし、

極端な話であれば1年後に決済しても大丈夫です。

 

ですがスワップポイントの支払いがありますので、

長期の保有はあまりお勧めできません。


 

仮想通貨FXのスワップポイントとは?

(リンク)


 

信用取引の場合

 

信用取引の場合、

仮想通貨や資金を借りて取引をします。

 

なので返済期限がありますし、

返済期限になると自動で再借入れして、

取り引きを継続します。


 

何らかの理由で再借入れできない場合は、

期限がきたら取引きは終了します。

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。