仮想通貨の証拠金取引(FX)で短期資産運用方法

Pocket

最近流行りの仮想通貨ですが、

お金が少なくても短期的に資産運用できる方法を、

今回は紹介していきます。

 

ビットフライヤ―やGMOコインでは、

取引所でのビットコインの現物売買と似たような、

トレードが出来ることをご存知でしたか?


 

現物売買とは、

1BTCを実際に現金で買って、

トレードしていく方法です。


 

そして現金を使わずに、

仮想通貨を利用して取引する方法を、

証拠金取引と言います。

 

ビットフライヤ―ではこのサービスを、

「bitFlyer FX」、GMOコインでは、

「仮想通貨FX」と呼んでいます。

 

では取引所での現物取引と、

どこが同じでどこが違うのか実際に比較してみましょう。

 

仮想通貨証拠金取引とは、

「ビットコインでFXが出来る」という事です。


 

ですがFXを知っている人ならば分かりやすい回答ですが、

FXを一切したことがない投資もしたことがない初心者の方が、

そのことを聞いても全然訳が分からないでしょう。


 

そこでもう少し詳細にお教えします。

 

そして以下では仮想通貨の証拠金取引を、

「ビットコインFX」と呼びます。


 

ビットコインFXは現物の受け渡しがない

 

ビットコインを買おうと思えば、

現金を支払ってビットコインを受け取る必要があります。


 

そして底値で買って高値で売却すれば、

その差額が利益になります。

 

例えば1BTCが40万円の時に、1BTCを買います。

 

そして1BTCが50万円の時に売却すれば、

差し引きで10万円の利益が確定します・

 

実はこの取引は「ビットコイン取引所」での取引です。


 

ビットコインFXでも上記と同様に、

ビットコインを買ってその後売る事によって利益を手に入れれます。


 

ですが、

その仕組みはかなり違いますので、

注意しましょう。

 

ビットコインFXの場合、

「取引の最終的な結果部分だけ資金を動かす」ことが特徴です。


 

なので先ほどの例で考えると、

ビットコインを買った時点で40万円を支払っていますが、

ビットコインFXでは40万円を支払いません。


 

また売る時に50万円を受け取っていますが、

ビットコインFXでは50万円を受け取りません。


 

FXの差資金決済図(買い)

 

結果としてでた「1万円の利益」部分だけ資金が移動をするのです。

 

なので取引が終了して初めて残高が10万円増えることになるのです。

 

この「取引した現物を動かさずに、

結果だけ残高に反映される」仕組みを「差金決済」と言います。


 

CFDやFXがこの仕組みを採用しているのです。


 

この「取引の結果部分について資金が移動する」という仕組みによって、

取引所での現物取引とビットコインFXには以下の違いが発生します。


 

・取引所の現物取引:買ったビットコインを送金できる

 

・ビットコインFX:買ったビットコインを送金できない

(手元にビットコインがないため)


 

このためにビットコインを送金で使いたい場合は、

取引所で買うようにしましょう。


 

売買した結果の利益だけを狙う場合は、

下の理由でビットコインFXでトレードすると、

資金効率の良い取引が出来ますので参考にしてください。


 

ビットコインFXは売りからも取引を開始できる

 

上の例で確認したと思いますが、

差金決済の仕組みによって、

「先に売って取引を開始し、買い戻すことによってトレードする」

という方法も可能です。


 

例をあげます。


 

1BTCを50万円の時に1BTCを売り、

1BTCが40万円のときに1BTCを買い戻す。


 

そうすれば10万円の利益が確定します。


 

上の例だと自分の手元にビットコインがないのに、

いきなりビットコインを売るところから、

トレードを始めています。


 

ビットコインを売るという事は、

自分のビットコインを市場にばらまくという事です。

 

そしてビットコインを買うという事は、

その市場からすくいあげるイメージっです。


 

ですが差金決済取引はその必要はありません。


 

先ほども話したように、

差金決済取引は取引した現物を動かすことなく、

結果だけ残高に反映させる仕組みです。

 

そしてビットコインの価格が下がったところで、

買い戻します。


 

「売る→買う」の一連の取引で、

今回のトレードが終了し、差額の1万円が利益になります。

 

先ほどの例も実際の資金移動は発生しなくて、

50万円でビットコインを売る。

 

そして50万円が手に入る。


 

そして40万円でビットコインを買う。

 

そうすればビットコインを買って、

40万円を支払う。


 

50万円分のビットコインを売って、

40万円分のビットコインを買っているので、

差し引き10万円の利益となります。

 

もちろん売って価格が上昇してしまうと、

損になりますので注意が必要です。


 

ビットコインFXの特徴は、


 

手元資金よりも大きな額の取引が可能

 

という事です。

 

この差金決済の仕組みによって、

ビットコインFXはもう一つ大きな特徴があります。


 

それは、

「自己資金よりも大きな額の取引が出来る。」、

ということです。

 

これが出来るのは、

売買する時に現物をやり取りする必要がなくて、

取引の結果だけを残高に反映するからです。


 

ですが注意点があります。


 

例えば

 

・現在の口座残高は40万円です。

 

・1BTCが40万円だったのを2BTC(80万円)買いました。

 

・1BTCが50万円になった時に売りました。


 

そうした場合は利益が20万円です。


 

この取引の場合は、

口座残高40万円に対して取引は80万円です。


 

倍率は2倍になるのですが、

この倍率の事を「レバレッジ」と言います。

 

そして50万円になったところで売りました。


 

1BTC辺りの利益額は、

10万円ですが、2BTC買っているので、

利益は20万円になります。


 

注意するのはレバレッジが大きくなればなるほど、

利益も損失も大きくなるという事です。

 

この取引で3BTC買ってしまったら、

利益は30万円になります。


 

20万の利益よりも大きくなりますが、

損失も大きくなるので注意が必要です。

 

自己資金よりも大きなトレードをすればするほど、

損失も大きくなりますので気を付けて下さい。

 

ビットコインFXが出来る取引所は?

 

ビットコインでFXが出来る取引所はいくつもありますが、

ここでは3つの取引所をご紹介します。

 

◎ビットフライヤ―

 

ビットフライヤ―のFX取引は、

最大15倍のレバレッジを利かせて取引が出来ます。


 

手元資金よりも格段に大きな取引が出来るのが、

特徴です。


 

資金効率の良さを考えると、

ビットフライヤ―がおすすめです。


 

他にも取引をする際には、

イフダンやオーシーオー注文など、

多彩な注文をする事が出来ます。

 

日本で最も有名な取引所の1つだけあって、

流動性も抜群なので安心して取引出来ます。

 

GMOコイン

 

GMOコインは最大のレバレッジが25倍と、

仮想通貨取引所の中ではトップクラスのレバレッジを、

かけることができます。


 

アクティブに取引をしたい場合に、

選択肢として必要です。


 

また多額の注文であっても、

提示された価格で売買可能というメリットもあります。


 

他の取引所では難しい場合がありますが、

仮想打つか取引のデメリットである流動性を、

大きく緩和できます。

 

コインチェック

 

コインチェックはスマホアプリがとても見やすく、

使いやすいのが特徴です。

 

ストレスなくトレードをする事が出来るためには、

使いやすさも大切です。

 

ビットコインの取引量が日本でも有数の多さで、

流動性も心配なく取引出来ます。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。